2019年04月/ 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

インドネシア人になる韓国人が急増?

2019’04.25・Thu

インドネシア人になる韓国人が急増?

1_2019042515531390f.jpg

2019年4月23日、韓国日報は「韓国人の国籍への執着が薄れている」と報じた。

2_20190425155315213.jpg

記事が取り上げているのはインドネシアの事例。
インドネシア同胞社会や関連機関によると、韓国国籍を放棄してインドネシア国籍を取得した韓国人は600人を超えたと推算される。
10年で2倍に増えており、ここには韓国政府の集計に含まれていない人数も相当数含まれているという。
また、国籍変更を申請して待機中の韓国人も現在4000人前後に上ると伝えられた。

近年、韓国人のインドネシア国籍の取得は増加傾向にあり、2014年と15年にはそれぞれ40人ほどだったが、その後、毎年50人台を維持している。
国籍変更申請の基準が厳しく、手続きが複雑になり、費用まで上がったにもかかわらず、増加傾向にあるという。

こうした国籍変更者の増加について、記事は「事業や不動産、税金などの経済的な理由が大きいが、両国間の心理的な壁を崩す交流や協力が反映された結果という解釈もある」と伝えている。
また、「国籍変更者は経済活動をする中年事業家や会社員、資産家が多く、夫はインドネシア国籍でありながら教育などに敏感な妻と子どもは韓国国籍という『書類上の国際結婚』が増えているなど、インドネシア政府の自国民優遇および現地化優先政策が理由に挙げられる」と指摘している。

さらに、公務員や警察官などインドネシアの主流社会に進出するために早くからインドネシア人として生きていく若者も増えているといい、韓国語とインドネシア語が堪能なインドネシア国籍の韓国出身の若者らは、インドネシアに進出している韓国企業が好む採用対象でもあるという。
この他、インドネシアには相続税がないため、財産事業を引き継がせようと親が子どもに国籍変更を勧めるケースもあるようだ。

記事は、国交正常化46周年を迎えたインドネシアに在住する韓国人が現在、3万1500人程度と推計されることに触れ、「国籍は違っても、一人ひとりがインドネシアと韓国の頑丈な架け橋の役割を担当している」と伝えた。

これを受け、韓国のネット上では「家族のうち1人は韓国国籍を残して韓国からもらえるものはもらいつつ、事業はインドネシアで税金も現地で納めてる」
「韓国の健康保険を使えないようにして。在外国民の税金虫が多い」
「とりあえず、韓国に戻ってこないで。それと政府は医療保険法を改正して『黒髪の外国人(韓国人)』を徹底的に選別してほしい」など批判的なコメントが寄せられた。

また、「インドネシアだけじゃなく貧民国でも自国民を優先してるのに、韓国は外国人優先政策。そんな国に誰が住みたいと思う?経済的に余裕があれば自分も移民したい」
「現地在住。記事の内容は事実。インドネシアは外国人に対する行政が厳しいけど、韓国は甘過ぎる」と韓国の外国人政策への指摘も多く見られた。

-Record China-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line

韓国の女性アスリート、「性暴力の…

2019’04.24・Wed

韓国の女性アスリート、4割が「性暴力の被害者」…スポーツ界の“性暴力”撲滅へ

韓国の国家人権委員会がスポーツ界の暴力・性暴力問題の解決に動き出す。
国家人権権委員会が4月5日、「スポーツ界の暴力・性暴力などの被害者たちの人権保護体系全般に対する職権調査することを決めた」と発表した。

韓国では近年、スポーツ界の暴力・性暴力が問題視されてきた。

2月26日に韓国の文化観光部が発表したところによると、韓国の主要プロスポーツの女性選手のうち、実に37.7%がセクハラをはじめとする性暴力を受けていたという。

韓国では今年に入って、ショートトラック韓国代表のシム・ソクヒがコーチから性的暴行を受けていたことが大きくクローズアップされたが、それも氷山の一角に過ぎないことが証明されたことになる。

加害者は「指導者」が多い

韓国文化体育観光部(部は日本の省に相当)は昨年5~12月、韓国プロスポーツ協会とともにサッカー、野球、バスケ、バレーボール、ゴルフの5大プロスポーツの選手やチアリーダーなどの従事者を対象に、性暴力の実態を調査。

回答した927人の内訳は、選手638人、コーチングスタッフ112人、職員156人などだ。

それによると、調査対象のうち14.2%が性暴力を受けたことがあると答えており、選手に限定すると女性選手の37.7%、男性選手の5.8%が性暴力の被害に遭っていたという。

ここ1年で性暴力を受けたという女性選手も11.3%に上るというのだから、看過できないだろう。

1_201904241505035f2.jpg
平昌五輪のショートトラック女子1000mで転倒したシム・ソクヒ

選手に性暴力を行った加害者は誰か。最も多かったのは、監督を含めるコーチングスタッフで、35.9%に上った。
昨秋に神戸で行われた女子バレーボール世界選手権で、韓国は1次リーグ脱落(1勝4敗)し世論の集中砲火を浴びたが、そこにもコーチングスタッフによるセクハラ事件が関係したとされているだけに、その影響は計り知れない。

7割が“泣き寝入り”の現実

韓国ではどんなスポーツであっても、指導者は選手起用やチーム運営、トレーニングなどで絶対的な権限を持っている。

プロスポーツであれば、選手たちの年俸にもコーチングスタッフが影響を与えるだろう。
選手の立場からすれば、抵抗が難しいことは想像に難くない。

実際に、一番の問題として指摘されているのは、被害者が内部または外部機関に被害を訴えられていないという点だ。

前出の調査によれば、被害を申告したという人は回答者の4.4%しかいなかった。
被害者の69.5%は、周囲の人に相談することもできなかったという。

「大韓体育会会員種目団体、懲戒現況資料」によると、大韓体育会などがこの5年間に暴力、性的暴行、暴言による懲戒が124件に上ることがわかったが、そのうち性的暴行は16件だった。

しかし被害を申告する人は20人に1人もいないことから、実際の被害者はさらに多いと考えるべきだろう。

とある国会議員が「スポーツ界の閉鎖的な特性を考慮すれば、実際の被害はさらに多いだろう。韓国スポーツ界を抜本的に改革しなければならない」と話していたが、韓国文化体育観光部が発表した調査によって、その言葉にさらに説得力が増した格好だ。

選手をはじめとする回答者全体の性暴力被害の類型を見ると、「言語的・視覚的・その他のセクハラ」が12.7%(女性33.0%、男性5.1%)、「肉体的セクハラ」が4.3%(女性12.9%、男性1.0%)、「オンライン性犯罪」が1.1%(女性4.0%、男性0%)などだった。

オンライン性犯罪とはネット上でのセクハラ発言のこと。

昨年末に現役女子高生チアリーダーが被害を訴えたことが記憶に新しい。

韓国文化体育観光部は遅まきながら、プロスポーツ団体の申告センターとは別途に「プロスポーツ性暴力被害者支援センター(仮称)」を新設して、申告の受付や訴訟など、被害者の相談窓口を作る計画だと発表していたが、国家人権委員会も職権調査に動き出す。

人権委員会の職権調査は、すべてのスポーツ団体だけではなく文化観光部、教育部まで調査範囲を拡大し、スポーツ団体が処理した暴力・性暴力事件の処理過程や、各スポーツ団体が設けた指針の履行状態までチェックするという。

性暴力問題で揺れ続けている韓国スポーツ界。
今回をきっかけに膿を出し切って、一日も早い改善を願わずにはいられない。

-S-KOREA-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line

韓国芸能界の“薬物スキャンダル”…

2019’04.23・Tue

JYJユチョンだけじゃない!! 韓国芸能界の“薬物スキャンダル”はどこまで広がってしまうのか

韓国芸能界の“麻薬スキャンダル”が日本でも話題を集めている。

先日は人気グループJYJのメンバー、パク・ユチョンが警察に出頭。麻薬を使用した疑惑が浮上しており、自ら警察に出向いたユチョンは「誠実に調査に臨む」と話した。
その表情には「いくらか余裕」(『スポーツソウル』)もあったと報じられている。

そもそもユチョンが渦中の人物となっているのは、元婚約者のファン・ハナが麻薬使用の容疑で逮捕されたからだ。
彼女は警察に「芸能人Aと一緒に麻薬を投薬した」と供述しており、それによってユチョンに疑惑が浮上した。

ユチョンは自らの潔白を記者会見で主張し、警察による麻薬簡易試薬検査でも「陰性」となっている。

ただ4月17日の警察調査で「普段コンサートなどのスケジュールをこなす際は除毛する」などと供述しており、それが証拠隠滅のためではないかとの指摘も出ている。

そのため真相はもう少し様子を見る必要はあるだろうが、ひとまず彼が今、大きな注目を集めていることだけは間違いない。

1_20190423143125e28.jpg
警察に任意出頭したユチョン

続々と浮上する韓国芸能人の麻薬スキャンダル

ユチョンに限らず、韓国では現在、芸能人の麻薬問題が次々とイシューになっているのが実状だ。

例えば、現在も余波が広がっている元BIGBANGのV.Iのスキャンダルでは、彼が運営していたクラブ「バーニングサン」での麻薬流通の疑惑が浮上している。

また2012年にプロポフォールを常習使用したとして懲役8カ月、執行猶予2年の判決を受けたエイミーが最近、「芸能人Aと薬物を使った」などと暴露。
さらにヒロポンを使用した映画俳優ヤン氏が警察に逮捕されるなど、芸能人の麻薬問題が連日のようにメディアに報じられているのだ。

そもそも韓国は“麻薬清浄国”とされてきた。
国連が基準とする、人口10万人当たりの麻薬類事犯20人未満だったのだが、3年前にそのタイトルを失っている。

韓国の「2017大検察庁麻薬類犯罪白書」によれば、韓国全体の麻薬類事犯(大麻・麻薬・向精神性医薬品)は、1999年に1万人を超え、2002年までその傾向が続いた。
2002年から取締りが強化され、それから2006年まで7000人水準に改善。
2014年まで1万人を超えなかった。

しかし2015年から急増する。
2015年1万1916人、2016年1万4214人、2017年1万4123人と大幅に増加したのだ。
10万人当たり24.3人という数字だ。

麻薬問題でイシューになった芸能人たち

その背景にはモバイルSNSがあるとの分析もあるが、時期を同じくして韓国芸能界でも麻薬や薬物問題が目につくようになっている。

2017年にはBIGBANGのT.O.Pが大麻を吸引していたことが明らかになり、多くのファンがショックを受けた。
2018年には俳優ハン・ジュワンが麻薬類管理に関する法律違反で、懲役8カ月、執行猶予2年を宣告されている。

振り返れば、2013年にはチャン・ミイネ、イ・シンヨン、パク・シヨンらが“牛乳注射”と呼ばれるプロポフォールの使用で、懲役8カ月、執行猶予2年の有罪判決を受けている。
またボーイズグループ「DMTN」のビアンカとDANIELが大麻の売買斡旋や吸引で問題となった。

俳優からK-POPアイドルまで薬物問題を起しており、今の韓国芸能界では「笑い話をチェックするほど敏感」だという。
なぜ彼らは麻薬に手を出してしまうのだろうか。

ある韓国紙記者は、「他の職種に比べ、芸能人は麻薬に接する機会が多い。頻繁に外国で活動していますし、互いの秘密を守る文化があるため、使用しやすくなるんです」と指摘した。

財閥3世も麻薬問題が深刻

芸能人だけでなく、財閥3世の麻薬使用も絶えない。

前出のユチョンの元婚約者ファン・ハナは南陽(ナミャン)乳業の創業者の孫娘であり、他にもSKグループ創業者の孫、ヒュンダイ(現代)グループ3世などに麻薬疑惑が浮上している。

いずれにしても芸能人や有名人の“麻薬スキャンダル”が後を絶たない韓国。
一般人に比べて影響力が高いだけに、その罪はさらに重いといわざるを得ない。
一日も早く真相を明らかにしてほしいところだ。

-S-KOREA-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line

日韓関係悪化も、両国の旅行…

2019’04.23・Tue

日韓関係悪化も、両国の旅行需要は「拡大」

20180603-035527005.jpg

2019年4月22日、韓国メディア・韓国経済は「日韓の対立は深まるが、両国の旅行業界は『好況』」と題した記事を掲載。
「政治・外交的な溝が深まる中でも、日韓の旅行業界は大きな影響を受けておらず、旅行需要は拡大している」と伝えた。

記事は日本政府観光局(JNTO)のデータを基に、2011~18年に日本を訪問した韓国観光客数は増加を続けていると紹介している。
昨年の観光客数は753万人で、今年も3月までですでに200万人を超えており、年間で800万人に到達する見込み。
韓国観光客数は中国に次いで2番目に多いが、人口規模を比較した場合、日本を訪れる外国人観光客では、韓国人の比率が圧倒的に高いという。
ホテルの予約や航空券の購入も増加しているといい、業界関係者は「格安航空会社(LCC)の増加や、週52時間勤務制度の施行などで、海外航空券の需要が増えている。
特に近場の日本路線が人気だ」と話しているという。

一方、韓国を訪れる日本人観光客も増えているという。
韓国観光公社の発表によると、今年1月と2月に訪韓した日本人観光客数は、それぞれ20万6526人(23.6%増)、21万3200人(26.7%増)で、2桁の増加率を記録した。
JTBや航空券比較検索サイト「スカイスキャナー」が発表したゴールデンウィーク(GW)の旅行動向では、韓国、ソウルが人気旅行先1位だったという。

記事は「日韓の情勢とは関係なく観光客が増えている最大の要因は、LCC路線の増加と、旅行情報へのアクセス改善」だと伝えている。
ある旅行会社関係者は「地方の中小都市にもLCCが就航し、心理的距離はもちろん物理的距離もぐんと近くなった」「テレビのバラエティー番組やSNSで、さまざま旅行情報を得ることができるようになったことが影響した」と話しているという。

また、韓国を訪問する日本人観光客の増加理由については「韓流ファンなど10~20代の訪が最大の要因だ」としている。韓国観光公社日本チーム関係者は「日韓関係の悪化にもかかわらず観光客が増えたのは、若い層の需要がけん引したため。彼らは政治的な影響をあまり受けない世代」と分析しているという。

さらに記事は、経済水準の上昇も、観光客数増加要因の一つだとしている。
ある旅行会社関係者は「今の韓国経済は好況とは言えないが、10年前に比べると確実に水準は高くなっている。日本への旅行程度ならコスト面でもさほど負担を感じない」「日本経済は好況が続いているので、懐具合がよくなった観光客が韓国に戻ってきたのだろう」としている。
韓国観光公社関係者によると、「K-POP、ファッション、美容を中心とする新たな韓流ブームで、日本の訪韓観光市場の成長が続いている」という。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「意図的に反日を誘導する必要のある人たちがつくり出した反日だから、こういう現象が見えてくる。なぜ彼らは反日感情が必要なのか?。南北問題のエネルギーの矛先を変えたいのか?」
「日韓関係も政治家たちの政治道具に過ぎないという証拠だ」
「両国の政府が問題なんだよ。一般の国民たちは、互いに嫌う必要などない」
「結局、国民はさほど反日感情はないのに、政治家やメディアが反日感情を捏造(ねつぞう)しているということだな」
「悪い政治家のせいで日韓関係は悪化の一途だが、せめて民間交流は増えてほしい」
「過去は振り払い、未来を目指そう。反日、嫌韓を叫んだって何もいいことはない」
「上の連中だけで争っていればいいよ。外国で会った日本人たちは、みんな同じ人間で、良き友だ」などの声が殺到している。

一方で、「日本の悪口を言いながら、日本に行って外貨を落としまくる、アイロニーな民族…」
「誰よりも日本が好きな韓国(笑)」
「反日しなくちゃいけない、でも寿司は食べなくちゃいけない?」
「歴史的にあれだけやられても、いまだにこの調子。国民性を疑う」
「事実上、世界最大の親日国じゃない?」など複雑な心境を吐露するユーザーも見られた。

-Record China-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line

韓国のビックリ「韓国の新聞の特徴」

2019’04.22・Mon

韓国のビックリ/追記編25「韓国の新聞の特徴」

今は取っていないのだが、数年前に、韓国の『朝鮮日報』と『スポーツ朝鮮』を毎日配達してもらったことがあった。
韓国でその日に出た朝刊が夕方には日本のわが事務所に届くのである。
とても重宝していた。

DSCF8493_20190422180032184.jpg

誤字が多いかも

あるとき、韓国の新聞を配達してくれる業者が「サービスで配ります」と言って、さらに韓国の一般紙とスポーツ紙を1つずつ付け足してくれた。
すでに『朝日新聞』『日本経済新聞』『日刊スポーツ』を取っていたのに、今度は韓国の新聞が4紙。
合計7つの新聞を読むのは骨が折れた。
しかし、韓国の新聞と日本の新聞を比較するにはちょうどいい時期だった。
韓国の一般紙を一言で言えば「ページ数は多いのだが中身がやや薄い」ということだ。
韓国の記者は「多くの取材をして記事を書く」というより、「少ない取材のわりには自分の主張が多い」と感じたのである。
とにかく、自分の意見を言いたいという記事が多く、その結果、韓国の一般紙のオピニオン欄は多くの記者の論評で埋まっている。
「足でネタを集めるというより、口で記事を埋める」という印象が強かった。
新聞の記述に誤字や間違った内容も多かった。

まだ巨人に韓国選手がいた頃、韓国のスポーツ紙は巨人の記事をたくさん載せていたが、「東京ドームで行なわれた巨人対ヤクルトの一戦で……」という記事にのけぞったことがある。
その日、巨人は東北で試合をしていたからだ。
「巨人のホームゲームなら東京ドーム」という固定観念を持って記事を書き、本来すべきチェックがないがしろになるから、間違いにつながる。
もちろん、日本の新聞にも変な間違いはあるが、相対的に、韓国の新聞のほうが誤字や間違いが多いように感じた。
さらに韓国の新聞で閉口したのは、記事の半分くらいは「定型」で占められていることだ。
この場合の「定型」とは、すでに他の記事で書いた内容の要約、という意味である。
つまり、同じ題材の記事を読んでいると、文章の半分は「繰り返し」だらけなのだ。
「読まされるほうの身になってくれ」
そう思ったことは、二度や三度ではない。

占い師の広告

韓国の新聞社には、恐るべき突破力を持った記者がいる。
交通事故でケガをして入院している女優の病室に入ってインタビューをした記事にはビックリした。
「ここまでやるのか!」
そういう驚きである。
しかも、包帯を巻いた女優の写真付きだ。
日本ではありえない記事だった。

さらに、韓国の新聞で面白いのが広告だ。
日本の新聞とは様相が違う。
たとえば、占い師が顔写真付きでズラリと並ぶ広告はまさに壮観である。
「この人は、あまり当たりそうもない」
顔で判断されてしまうわけだ。
占い師もたまったものではない。
しかし、占いとは、本来そういうものかもしれない。

記者の自尊心が強烈

振り返れば、日本で最初の韓流ブームが起きた頃、韓国の新聞社をかなり回った経験がある。
写真や古い記事を入手するうえで記者たちに随分お世話になったが、多くの記者に会って感じたのは「特権意識が強い。プライドが高い。知識欲が凄い」ということだった。
朝鮮王朝以来の伝統で文を尊ぶ風潮が強い韓国では、作家や新聞記者のように文章を書く人は一目置かれる。
必然的に、韓国の新聞社に勤めていればプライドも相当高くなる。

けれど、ただ自尊心が強いだけではない。
学識が高くて、物事をよく知っている。
そのうえでの自尊心なのである。
今は韓国の新聞を取ることをやめてしまった。
寂しい気持ちもある。
『朝鮮日報』にしても『東亜日報』にしても、あれだけのページ数をめくるだけでも大変な作業だったが、今は、アクが強い記者の独断による論調を読めなくなってしまった。
そうなってみて気づいたのは、「韓国の新聞にオピニオン欄が多いのは、それを読者が望んでいたから」ということだ。

-愛してる韓国ドラマK-POP-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

FC2Ad

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆4月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
 ペ ヨンジュン見るならDATV
bofi.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line