2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

mo.jpg

韓国人犯罪者の“逃亡先”

2017’08.10・Thu

日本は何位? 多くの韓国人犯罪者が“逃亡先”に選んでいる国はどこか

20150723203800251.jpg

韓国国内で罪を犯し、海外に逃亡する韓国人犯罪者が毎年増えているという。

韓国法務部の資料によると、2012年から2016年6月まで在宅起訴された状態で、海外に逃亡した犯罪者は2373人に上った。

年度別に見ると、2012年381人、2013年440人、2014年487人、2015年675人と増加傾向にあり、2016年は6月までに390人だ。

韓国人犯罪者が逃亡先に選ぶ国は?

より具体的に見ていこう。

逃亡した犯罪者の犯罪類型別は詐欺(760人)、業務上横領(174人)、麻薬類管理法違反(130人)、兵役法違反(53人)の順だった。

最も多い詐欺犯の逃亡者数は、2012年118人、2013年148人、2014年151人、2015年204人、2016年上半期139人と大きく増えていることがわかる。

同資料を発表した議員は「海外への逃亡犯が増えたということは、犯罪捜査に関する司法当局の信頼を阻害する原因になる」と指摘した。

では、多くの韓国人犯罪者が逃亡先に選んでいる国はどこか。

2012年~2016年6月までの数字を見ると、1位はアメリカの382人で、2位は中国の329人だった。

より詳細に数字を追うと、2014年まではアメリカが最も多かったが、ここ最近は中国が増えていることがわかる。

2015年の数字を見ると、アメリカ96人に対して中国は103人。
2016年上半期もアメリカは51人だが、中国へは56人の犯罪者が逃亡している。

ちなみに、日本はどうか。

2012年~2016年6月までに131人の韓国人犯罪者が逃亡したとなっており、アメリカ、中国に続いて3位にランクインしている。

ただ2015年に限っていえば、中国、アメリカ、フィリピン、日本の順だ。

さらにフィリピンで捕まった韓国人犯罪者は2014年33人、2015年47人、2016年84人となっている。
84人という数字は、2016年に送還された海外逃走犯297人の約30%を占める割合だ。

いずれにせよ、海外に逃亡する犯罪者が増え続けている韓国。
一日も早い問題解決が求められている。

-S-KOREA-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line

韓国はなぜ日本の植民地になったのか

2017’08.07・Mon

韓国はなぜ日本の植民地になったのか(後編)





閔氏(ミンシ)亡きあと、朝鮮王朝には親日政権が誕生しました。
しかし、1896年2月に高宗(コジョン)はひそかに王宮を脱出してロシア公使館にたてこもり、親日派の高官たちを次々に処罰しました。
以後、朝鮮王朝はロシア寄りの政治姿勢を鮮明にしたのです。

019_20170807114217ed0.jpg

日露戦争が始まる

高宗がようやくロシア公使館から王宮に戻ったのは1年後でした。
彼は1897年10月に国号を「大韓帝国」と改めて初代皇帝の座に就きました。
それ以前、朝鮮王朝は中国に気兼ねして自ら皇帝と称することはせず、格が1つ下がる形の「王」を自称していました。
しかし、日清戦争において日本が勝利したことで、清は朝鮮半島で影響力を失い、朝鮮王朝は独立の証として「帝国」を名乗るようになったのです。

1898年には高宗の父の興宣(フンソン)大院君が世を去りました。
高宗を取り込むようにして主導権を争っていた閔氏と興宣大院君が相次いで亡くなり、朝鮮王朝の命運もいよいよ危なくなりました。
20世紀に入ると、日本とロシアの対立が非常に激しくなり、1904年2月に日露戦争が始まりました。
いちはやく大韓帝国は中立を宣言しましたが、日本はその意向を無視し、軍事力を背景に朝鮮半島の全土を支配下に置きました。

失敗に終わった密使派遣

日本は1904年8月に第1次日韓協約を強要。
大韓帝国は外交に関して日本と事前に協議することを求められました。
それを大韓帝国が拒むことは不可能でした。
日本は日露戦争を有利に進め、1905年9月に日露講和条約が調印されました。
その結果、ロシアは朝鮮半島から完全に追い出されたのです。
振り返ってみれば、日清戦争と日露戦争は日本が朝鮮半島の権益をめぐって清とロシアと争った戦争でした。

その2つに勝利した日本は、もはや自在に朝鮮半島で支配体制を強化することができました。
1905年11月には第2次日韓協約が調印されました。
日本は統監府を設置し、大韓帝国は外交権を奪われました。
植民地になるのは時間の問題となりました。
あせった高宗は1907年6月にオランダのハーグで開催された万国平和会議に、日本の介入に対する不当性を訴える密使を送りました。
しかし、すでに大韓帝国は外交権を奪われて万国平和会議に出席する権利もなく、密使派遣は失敗に終わります。

518年続いた王朝の終焉

高宗は日本の圧力によって7月19日に退位させられました。
代わって27代王に就いたのは、高宗の息子の純宗(スンジョン)でした。
7月24日には第3次日韓協約が締結され、日本は大韓帝国の内政を掌握し、軍隊を解散させました。
そうした政策を積極的に進めたのが韓国統監を務めた伊藤博文でしたが、彼は1909年10月に安重根(アン・ジュングン)によって暗殺されました。
この事件によって日本は朝鮮半島の植民地化を急ぐようになり、1910年8月22日に日本と大韓帝国の間で「日韓併合ニ関スル条約」が調印されたのです。

その条文には「韓国皇帝がすべての統治権を完全かつ永久に日本国皇帝に譲渡する」と書かれていました。
この「完全かつ永久」という表現には、朝鮮半島が軍事力で日本に完全に取り込まれたことを物語っています。
この条約は8月29日に公布されました。
その時点で、518年の長きにわたって朝鮮半島を統治してきた朝鮮王朝が滅亡しました。
統監府に代わって朝鮮総督府が設置され、その指揮のもとで日本の植民地統治が始まったのです。
それは1945年8月まで続きました。
(終わり)

-愛してる韓国ドラマK-POP-







ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line

韓国はなぜ日本の植民地になったのか

2017’08.05・Sat

韓国はなぜ日本の植民地になったのか(中編)





日本の朝鮮半島への介入において、先兵のように動いたのが軍艦の雲揚号でした。
この雲揚号が1875年9月に、朝鮮王朝の国防の拠点とも言える江華島(カンファド)の沖で挑発的な行動を取りました。
朝鮮王朝側も応戦し、局地的な軍事衝突が起きました。
これが江華島事件です。

010_20170804115809511.jpg

不平等な条約

当時の朝鮮王朝は26代王の高宗(コジョン)が統治していました。
しかし、この王には自ら政治を仕切る才覚が欠けていて、実質的には父の興宣(フンソン)大院君と妻の閔氏(ミンシ/後の明成〔ミョンソン〕皇后)の間で激しい主導権争いが起こっていました。
興宣大院君は攘夷派で閔氏は開国派でした。
そして、江華島事件が起こったときは閔氏が実質的に政治の主導権を握っていました。
日本の武力は、朝鮮王朝にとって脅威でした。
ゆえに、朝鮮王朝は強く開国を迫る日本の圧力に抗うことができず、1876年2月に両国の間で日朝修好条規(江華条約)が締結されました。

結果的に朝鮮王朝は条約によって「主要な港の開港」「自由貿易の推進」「日本領事による治外法権」などの重要事項を呑まされました。
日本の武力を恐れた朝鮮王朝は、自国に不平等と知りながら条約を結ばざるをえなかったのです。
開国に踏み切った朝鮮王朝は以後、アメリカ、イギリス、ドイツ、ロシア、フランスとも外交関係を築きました。
しかし、いずれも武力で威嚇された不平等条約を結んでいました。

日本と清が激しく対立

日朝修好条規を結んだ1876年の時点で、すでに日本と朝鮮半島は国力に差が出ていました。
日本は富国強兵政策を進めて、武力を着実に強化していました。
一方の朝鮮王朝は、政治の腐敗や前近代的な制度の固執などで、日本に比べて武力が劣っていました。
ときはまさに弱肉強食の時代。
日本の朝鮮半島への介入は加速度的に進みました。
朝鮮王朝にも、「明治維新に成功した日本に学ばなければならない」という考えを持った開化派が台頭した時期がありました。
彼らは1884年12月に日本の後押しを受けてクーデターを起こし、一時的に王宮を占拠しました。
この事件は「甲申(カプシン)事変」と呼ばれています。

しかし、朝鮮半島に大きな影響力を持つ清が黙っていませんでした。
清が武力で開化派を排除し、王宮占拠も「三日天下」で終わってしまったのです。
以後、日本と清は朝鮮半島の権益をめぐって激しく対立するようになります。
1894年2月、東洋思想を信奉する多くの農民が政治への怒りを爆発させて全羅道(チョルラド/朝鮮半島西南部)で決起しました。
ここに「甲午(カボ)農民戦争」が始まったのです(「東学党の乱」とも呼ばれます)。

日清戦争が始まる

危機に瀕した朝鮮王朝が清の軍隊に頼ろうとしたのですが、すかさず日本も在留邦人の保護を名目に出兵しました。
もはや日本と清の戦闘は避けられなくなりました。
1894年8月1日、日本は清に対して正式に宣戦を布告しました。
ここに日清戦争が始まったのです。
戦争を遂行する日本の目的は、朝鮮半島を保護国にすることでした。
実際、清との戦争中に朝鮮半島は日本の占領下に置かれました。
日清戦争を有利に進めた日本は、1895年4月に清との間で日清講和条約(下関条約)を結び、莫大な利権を手中に収めました。

とりわけ大きかったのが、清の勢力を完全に朝鮮半島から追い出したことです。
いよいよ日本の朝鮮半島支配に拍車がかかったのです。
危機感を強めた朝鮮王朝は、ロシアに接近しました。
とりわけ、閔氏は日本に抵抗する姿勢を鮮明にしたのです。
日本は強硬手段に出ました。
1895年10月に王宮に乱入した一派が閔氏を暗殺。
王妃が外国勢力に惨殺されるという事件が起こったのです。
(後編に続く)

-愛してる韓国ドラマK-POP-





ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line

韓国はなぜ日本の植民地になったのか

2017’08.04・Fri

韓国はなぜ日本の植民地になったのか(前編)

朝鮮王朝は1392年に建国されてから518年間続きましたが、1910年に滅亡しています。
それは、朝鮮半島が日本の植民地になったからです。
そこに至るまでには、どういう経緯があったのでしょうか。
3回にわたって取り上げていきます。

RmjpTZX_s9Ak80v1501718417_1.jpg

平和的な善隣関係

私(康熙奉〔カン・ヒボン〕)もよく記憶しているのですが、中学や高校の歴史の授業というのは、3学期の後半にようやく幕末あたりにたどりつき、最後に明治時代をサラッと触れて終わり、という経過がほとんどのようです。
つまり、重要な近現代史がスッポリと抜け落ちてしまいがちなのです。
講演会では「なぜ韓国は日本の植民地になったのですか」という質問をいただきます。
知りたいと思っている方が多いのだなあ、と実感するのですが、ここで改めて説明してみることにします。
かなり重いテーマですので、簡潔に語るというわけにもいきません。
やはり、江戸時代の徳川幕府と朝鮮王朝の関係から述べていくのが賢明でしょう。

徳川幕府は鎖国体制を維持したとよく言われますが、朝鮮王朝とは唯一の外交関係を結んでいました。
朝鮮王朝からは、正式な外交使節となる朝鮮通信使が合計で12回来日しています。
日本と朝鮮半島の交流史の中で、江戸時代ほど両国が友好的だった時期は他にありません。
まさに、平和的な善隣関係を築いていたのです。
ただし、19世紀に入ってから、少し状況が変わってきます。
莫大な招聘費用がかかるということが理由となって、朝鮮通信使の来日が途絶えがちになりました。

国書の文面が大問題になる

日本の国内でも朝鮮半島を見る目が変わってきます。
おりしも、本居宣長が『古事記』『日本書紀』の中に日本人が見いだすべき真実があると説いていた時期でした。
こうした国学が盛んになってくると、他国を批判して自国のすばらしさを強調する手法も勢いを得てきました。
19世紀の半ば、雄藩の跋扈(ばっこ)と欧米列強の外圧で徳川幕府の衰退が著しくなりました。
一方の朝鮮王朝も、凶作が続いていたにもかかわらず国王の外戚が政治を牛耳り、国内が混乱するばかりでした。
これでは日本に目を向ける余裕すらありません。
こうして、長く続いた善隣関係も途絶えてしまったのです。
そんな状況の中で、先に倒れたのが徳川幕府でした。
1867年10月、15代将軍の徳川慶喜は大政を朝廷に奉還しました。
264年も続いた徳川幕府が終わったのです。

翌年早々に戊辰戦争が起こり、日本国内が内乱状態になりましたが、その年の秋には旧幕府軍はほぼ一掃されました。
新しく誕生した明治政府は、1868年10月に「政権が変わったことを朝鮮王朝に伝えよ」と対馬藩に命じました。
そこで、対馬藩の使節が朝鮮半島にわたって明治天皇の国書を渡しました。
その文面が朝鮮王朝側で大問題になります。
それは、皇帝を意味する「皇」と、皇帝の命令を意味する「勅」が使われていたからです。
朝鮮王朝側が認識している東アジアの秩序では、皇帝を名乗れるのは中国大陸の覇者だけなのです。
その考えに沿って、朝鮮王朝の統治者は格が1つ落ちる「王」を称していました。
しかし、日本が「皇」を名乗ってくれば、朝鮮国王が格下になってしまいます。
序列を重んじる儒教思想を国教にしている朝鮮王朝では絶対に容認できないことです。

武力による威嚇

朝鮮王朝は明治天皇の国書を拒否しました。
もともと、善隣関係を維持した徳川幕府を倒した明治政府に対して、朝鮮王朝は良い感情を持っていませんでした。
そこに国書問題も起こり、朝鮮王朝と明治政府は断交状態に陥りました。
一方、新しく統治を始めた明治政府にとっての悩みの種は、幕末に欧米列強と結んだ不平等条約の数々でした。
それは、武力の威嚇に怯えた徳川幕府が不本意ながら強制された条約ばかりでした。
幕末に松下村塾を開いた吉田松陰は自著『幽囚録』の中で、「軍備を整えて、朝鮮を攻めて従わせて、北は満州から南は台湾・ルソン〔フィリビン〕の諸島まで収めるべきだ」という主旨のことを書いています。

要するに、「欧米列強に強いられた不平等条約で日本は大きな損害をこうむったが、その分は、朝鮮半島・満州・台湾・フィリピンを手中に収めて取り返そう」というわけです。
吉田松陰は倒幕の原動力になった長州藩に大きな影響を及ぼした人ですが、その彼が大陸に攻め入るという思想を持っていたのです。
明治維新後に富国強兵路線を歩んだ日本は、吉田松陰の言葉どおり、ついに朝鮮半島での権益を狙い始めます。
つまり、欧米列強が日本に対して行なった「武力による威嚇」という手法を、今度は日本がアジア諸国に対して行なおうとしたのです。
(中編に続く)

-愛してる韓国ドラマK-POP-






ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line

今の韓国を考える 4

2017’07.31・Mon

政治参加する韓国の女性たち/今の韓国を考える4

あえて言うならば、韓国の女性は自主的な人が多いと思います。
気が強いと言えるかもしれませんが、それよりは自分が主体になることを臆さないというのが当たっているでしょう。

jMxR2PUMV9MfTsB1500513974_1.jpg

15年間もワースト1位の韓国

日本も韓国も儒教の影響で未だに女性の社会的な位置は高くありません。
男尊女卑という考え方が両国にまだ残っていて、それが男女平等の大きな妨げになっているのではないでしょうか。
個人的に言えば、社会的システムは韓国より日本のほうが少しはいいと思います。
2015年にイギリスの「エコノミスト」誌が発表した「ガラスの天井」指数を見ると、韓国と日本はそれぞれワースト1位と2位を記録しています。

2016年にOECDが発表した資料によると、男女賃金格差でも韓国と日本はそれぞれワースト1位と2位になっていますが、内容を見ると韓国の場合がもっとひどいです。
OECDの平均男女賃金格差は15.6%ですが、日本は26.6%で韓国は36.7%です。
韓国のほうが日本より10%も高いのです。
しかも、韓国は2000年から15年間もワースト1位ですから、女性にとっては生きづらい社会と言えるでしょう。

男女平等が重要な社会問題

表面的なシステムでは韓国のほうが日本より女性に厳しいですが、文化や習慣では日本のほうがもっと硬直しているように思われます。
日本の大衆文化での女性の描き方は時には驚くほど前近代的で、生活習慣でも未だにこんな風に女性を見ているのかと思われることがしばしばあります。
日本は韓国より先に近代化を推進し、西洋の文物も早く取り入れました。
学術な面でも先進なものに敏感です。
国の様々な分野でも日本は韓国より前を歩いて来ました。
それなのに、なぜか男女平等だけはさほど変わりがありません。
システムは少しばかりよいかもしれませんが、社会の雰囲気としては、むしろ「韓国よりも良くないのでは?」と思わせるところが多くあります。

一方、今の韓国社会では、男女平等が重要な社会問題になっていて、女性たちは積極的に挑んでいます。
今はまだ韓国の男性たちがこの問題に対して女性が望むほど意識が変わっていませんが、今後は韓国でも男女平等について活発な討論が行なわれ、それを基に少しずつでもいい方向へ進むと思います。

自分の感情や意見をはっきりさせる

女性が我慢できないほど韓国社会の中の性差別が強かったとも言えますが、韓国の女性たちが自分たちの置かれた立場について主導的に対策を求め始めたことが大きいのです。
それに対して日本では、一部の政治家やフェミニストたちが問題提起をしていますが、一般社会の共感度はあまり高まっていないという印象を受けます。
これは政治に対する姿勢でも感じられます。
韓国の女性たちは政治問題に積極的に参加しています。
朴槿恵(パク・クネ)を弾劾するロウソク・デモでも、若い女の子たちから主婦、中高年の女性まで幅広い年齢層の女性が旗を作り、飲み物やお弁当まで用意して参加していました。

SNSやネットで政治問題を熱く語る女性を見つけるのは今はもう普通のことで、いつもはかわいい写真ばっかりアップしているような女の子たちも、自分なりの政治的主観を持って議論しています。
ドラマや映画などの表現でも韓国の女性は自分の感情や意見をはっきりさせます。
劇だけに多少の誇張はありますが、視聴者である韓国の女性たちも同感しているのですから、韓国の女性の一般的な姿だと見ていいでしょう。

-愛してる韓国ドラマK-POP-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

FC2Ad

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆8月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
 ペ ヨンジュン見るならDATV
bofi.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line