2018年12月/ 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

mo.jpg

韓国のビックリ「お客様は神様ではない」

2018’12.15・Sat

韓国のビックリ/追記編21「お客様は神様ではない」

韓国から日本に来た人たちに話を聞くことが多い。
「日本に来て何に感心していますか?」と質問すると、「街がきれい」「食べ物が美味しい」と並んで「お店での対応が親切」という答えが多い。
確かに、接客では韓国と日本は違う。

qx2NL1omoQWjLMJ1544666681_1.jpg

目が笑っていない店員さん

ある韓国人女性の話。
「銀座に行って三越に入ります。買い物をするでしょ。接客がすばらしいので、自尊心をくすぐられるんですよ。買ったものを手提げ袋に入れて渡してくれたあとも、腰を直角に折って礼を言ってくれます。そこまではわかるんですが、私が帰ろうとして何歩も遠ざかって、ふと振り向くと、こちらを向いてまだ頭を下げているんです。考えられますか?もう私は帰った人間なんですよ。それなのに、いつまでも頭を下げています。それを見た瞬間、背中がゾクゾクするほどの快感があります。『あ~、日本に来て良かった』って心から思えるんですよ」
この話を聞いて、すぐに納得できた。
私(康熙奉〔カン・ヒボン〕)自身も韓国のデパートの接客ぶりをよく知っているからである。

たとえば、「ロッテ」でも「現代」でも、名が通ったデパートに行ってみる。
服を選んでいると、女性店員が寄ってくるが、もう客を値踏みしている雰囲気が表情からありありとわかる。
言葉使いはていねいだが、目がまったく笑っていない。
「お客様は神様です」と思っていないどころか、「このお客は何者?」という表情が垣間見えてしまう。

先入観がくつがえる

一応、表面的には丁寧なのだが、店員さんには心が伴っていないように見える。
しかし、彼女たちに責任があるとは思えない。
韓国の女性はもともと接客に向いていないところがある。
たとえ仕事とはいえ、見ず知らずの人に底抜けの笑顔で対応することに慣れていない。
これは、韓国社会に色濃く残っている儒教的な価値観が関係している。
女性が気安く男性に笑顔を見せることは歴史的に戒められてきたのだ。

その影響が現在にも残っている。
たとえ、接客業であろうとも……。
また、デパートの他に接客がいい場所として思い浮かぶのは、飛行機の中である。
特に、キャビンアテンダントは接客のプロと言われている。
ただし、韓国の場合はあっさりと先入観をくつがえしてくれる。
韓国の飛行機に乗ったときのこと……缶ビールのお代わりを注文したら、きつい調子で言われてしまった。
「3つ目ですよ。これで終わりです!」
さすがに私も3つ目で終わりにしようと思っていた。
しかし、あからさまに言われてしまうと、立つ瀬がない。
酔いがいっぺんにさめてしまった。

やっぱり……

別のあるとき、キャビンアテンダントが持っていたポットをうっかり傾けてしまい、座席にいた私の脚にかなりのお湯がかかった。
「ヒャー」
あまりに熱くて悲鳴をあげてしまった。
ただし、お湯を乗客にかけた当人はボーッと突っ立っているだけ。
「それほど熱かったかしら?」
そんな表情に見えた。
私の大げさな反応を見抜くところはさすがだが……。

一事が万事なのである。

韓国の航空会社のキャビンアテンダントはプライドが相当に高いようで、「私は乗客より上」と思っているフシがある。
当たっているかもしれないが、それを表情や口調に出してはいけない。
意外なこともあった。
大韓航空の飛行機に乗ったのに、やたらと愛想がいいキャビンアテンダントがいたのだ。
目が素直に笑っている。
客の値踏みもしていない。
「彼女は韓国の女性ではないな」
そう思って名札を見たら日本名だった。
「なるほど」
大いに納得した次第だ

-愛してる韓国ドラマK-POP-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line

ドラマ『逆賊』の主人公ホン・ギルドン

2018’12.14・Fri

ドラマ『逆賊』の主人公ホン・ギルドン!本来は誰なのか

ドラマ『逆賊-民の英雄ホン・ギルドン』に登場するホン・ギルドン。
この人物が韓国で有名なのは、許筠(ホギュン)が書いた傑作小説の主人公だったからだ。
その小説の中でホン・ギルドンはどんな人物になっていただろうか。

20170130_225633.jpg

痛快な小説

1569年に生まれた許筠(ホギュン)は、一流の文人の末っ子として生まれた。
科挙で首席合格した彼は、高官への道を歩むが、その視線は常に社会を批判的に捉えていた。
それは、身分制度の中で冷遇される人たちをよく見ていたことと無縁ではない。
「世の中が間違っている。俺は黙っちゃいられない」
常にそんな思いを抱いていた。
社会に目をつぶって栄達を望めば、宰相にまでなれる実力がありながら、許筠は社会からつまはじきにされる人たちと付き合い、本気で革命を夢見ていた。
そんな彼が、王政への痛烈な批判を込めてひそかに書いた小説が『ホン・ギルドン(洪吉童)伝』だ。
史上初めてハングルで書かれた小説とも言われている。
内容は、許筠のうっぷんを晴らすように痛快だ。
小説の主役は義賊のホン・ギルドン(洪吉童)。
舞台となっている時代は世宗(セジョン/在位は1418~1450)の治世のときだ。

洪(ホン)宰相は本妻から長男、妾からホン・ギルドンを授かった。
もちろん、2人の息子を愛していたが、ホン・ギルドンをかわいがるわけにはいかなかった。
庶子を表に出せなかったからだ。
そういう差別のせいで、幼い頃から聡明だったホン・ギルドンも、辛い日々を送るようになった。

悪徳高官を狙う義賊

ホン・ギルドンは辛い胸中をなんとか父に打ち明けた。
しかし、慰めれば余計に不憫になると思った洪宰相は、あえてホン・ギルドンを叱りつけた。
荒れた彼は、刺客に命を狙われるようになるが、逆に返り討ちにした。
しかし、正当防衛とはいえ人を手に掛けたことを悩んだ。
家に留まればもはや家族の迷惑になると考え、自ら姿を消した。
旅に出たホン・ギルドンは、いつしか盗賊の頭領になり、悪徳高官だけを狙って懲らしめた。

世宗はホン・ギルドンの逮捕にやっきになるが、神秘的な術を操る彼をつかまえることはできなかった。
強気に出たホン・ギルドンは、自分を兵曹判書(ピョンジョパンソ/国防長官のこと)にするなら出頭するという札を目立つところに張り付けた。
世宗は、ホン・ギルドンを野放しにするよりも自分の配下に置いたほうが賢明だと考え、彼の要望を受け入れた。
庶子出身の義賊が大臣にまで上り詰めたのである。
しかし、ホン・ギルドンはそれだけでは満足しなかった。
仲間と一緒に遠い異国の地に向かった。
それは楽園を求める旅だった。

理想と現実の違い

ホン・ギルドンは、旅先でも活躍した。
数々の困難を切り抜けて、新しい国を建国するまでになった。
そこでホン・ギルドンは多くの子供を授かって幸せに暮らし、最後は雲に乗って、天の国に旅立った。
以上が『ホン・ギルドン(洪吉童)伝』の筋書きだが、許筠はこの小説の中で、身分制度を乗り越えて誰もが自由になる理想郷を描いた。

しかし、理想と現実は違う。
許筠が身分制度の矛盾を改善しようとした熱意は権力側から反逆罪とみなされ、彼と同志は逮捕されて死罪となった。
そのとき許筠は49歳であった。
反逆罪はもっとも罪が重く、家族や子孫も極刑となった。
流された血の多さは、目をそむけたくなるほどだった。
しかし、許筠が夢見た理想は残った。
『ホン・ギルドン(洪吉童)伝』は次々と写本されて、世代を引き継いで多くの人に読まれた。

-愛してる韓国ドラマK-POP-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line

傲慢で執念深い燕山君(ヨンサングン)

2018’12.10・Mon

傲慢で執念深い燕山君(ヨンサングン)/朝鮮王朝人物実録9

燕山君は、9代王の成宗(ソンジョン)の長男として1476年に生まれた。
彼は母の愛を知らず我がままに育った。
実は、母の斉献(チェホン)王后は、自分以外の側室に目を向ける成宗に嫉妬して、宮中に呪いの言葉を持ちこんで追放されていたのである。

DSC_0720.jpg

少年時代も最悪

自尊心があまりに強かった斉献王后は、やがて精神を病むようになった。
さらには、罪を許そうと訪ねてきた成宗の顔をひっかいて傷つけてしまった。
結局、廃妃になったあとに死罪となった。
成宗は、自分が追放したとはいえ、斉献王后との間に生まれた長男の燕山君を後継ぎに決めた。
反対が多かったのは事実だが、王位継承者は長男が原則、という定めに従ったのだ。
こうして1494年に、燕山君は10代王となった。
後の世で燕山君の評価は最悪なので、彼にまつわる逸話もひどいものばかりである。
たとえば、一つは鹿、もう一つは恩師をめぐる話だ。
ある日、成宗は少年時代の燕山君を庭に呼んだ。
そのとき、成宗がかわいがっていた鹿が、燕山君になついて手の甲や衣類をなめた。
しかし、燕山君は急になつかれたことに腹を立て、その鹿を思いっきり蹴飛ばした。
成宗が大事に飼っていた鹿であるにもかかわらず……。

また、少年時代の燕山君の教育係を仰せつかった優秀な側近も悲惨な目にあった。
彼は、将来の王に帝王学を授けたくてかなり厳しく指導したのだが、これを燕山君は根に持っていた。
即位するとすぐに、その側近を処刑してしまった。
こうした例を見ても、燕山君が傲慢で執念深い人物であることがわかる。

燕山君は、学問が好きではなかったので、儒教的な教養主義の高級官僚たちが大嫌いだった。
そこに目を付けた奸臣は、「王の実務を記録する係の者たちが7代王の世祖(セジョ)大王を侮辱した文を書いています」と告げ口をした。
その言葉を真に受けた燕山君は、多くの罪なき人たちから官職を剥奪したうえで斬首の刑に処した。
生活も荒れる一方で、王朝の最高学府である成均館(ソンギュングァン)までも酒宴場にして、酒池肉林の宴を連日催した。

こんな王の下では庶民の反感も大きくなる。
人々は、いたるところにハングルで「王は女と酒しか頭にない最低な人物だ」「無能の暴君」というような張り紙を貼っていった。
その話を聞いた燕山君は、庶民がハングルを使うことも禁止した。
王宮が混乱する中、さらに事態を悪化させる出来事が起こった。出世欲にかられた者が、宮中でタブーとされていた燕山君の母の追放劇をばらしたのだ。
それまで、燕山君は何も知らされていなかったのに……。

残虐な処刑

事実を知った燕山君は、あまりの怒りと悲しみで一晩中泣き続けた。
その涙をぬぐった彼が一番最初にしたことは、母を復位させることだった。
それは父である成宗の判断を否定する行為であった。
宮中では反対する声が多くあがった。
しかし、燕山君は耳をかさなかった。

それだけではなく、母の死に関わった者、傍観した者、母の復位に反対する者の官職を剥奪し、片っ端から斬首にした。
この命令は死者も例外ではなく、墓をあばき、その首をはねている。
燕山君が即位してから11年が過ぎた。
王の乱行がますますひどくなった。
国を憂えた重臣たちが反乱を起こし、燕山君は王位を奪われた。
代わって、燕山君の異母弟が後継者となった。
これが11代王の中宗(チュンジョン)である。
王位を追われた燕山君は、島流しにされ、1506年にわずか30歳で絶命した。

-愛してる韓国ドラマK-POP-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line

義務警察が廃止されると芸能界に…

2018’12.04・Tue

義務警察が2023年までに廃止されると芸能界にどんな影響が?

韓国の男子には兵役の義務があるが、軍隊に入隊しないでも兵役を全うする代替制度がある。
その1つが義務警察に入ることだ。
しかし、この義務警察が2023年までに廃止されることが決定している。
その影響は芸能界にどのように及ぶのか。

yyy5.jpg

特技を持った義務警察

義務警察は、現役兵の軍務の代わりになる制度として定着し、過去にも多くの芸能人が所属していた。
具体的には、東方神起、超新星、SUPER JUNIOR、JYJなどのメンバーが義務警察で兵役を全うしている。
義務警察の母体は1971年に作られた戦闘警察。
北朝鮮のスパイ摘発やデモの鎮圧が主な任務だった。
その戦闘警察から派生して1982年に義務警察が誕生。
常に人員不足に悩まされる地方警察を補助してきた。
なお、厳密に分類すると、義務警察には「一般の義務警察」「特技を持った義務警察」「独島(トクト/日本では竹島と呼ぶ)の警備隊」の3種類があり、常に応募者が多いので選抜試験は高い倍率になる。

中でも、「特技を持った義務警察」のジャンルの中に芸能がある。
つまり芸能で優れた資質を持った人は、それが特技と認められて義務警察に合格する可能性が高いのだ。
そういう意味で、芸能人がどんどん義務警察に入っていたというのは理にかなっていた。

今後は軍への入隊が原則

義務警察に入ることが決まったら、まずは現役兵と同じような新兵訓練を受ける。
ただし、現役兵は訓練が5週間だが、義務警察は4週間に短縮されている。
新兵訓練を終えると、今度は義務警察の中にある教育センターで新人教育を3週間受ける。
ここで義務警察の勤務に必要な技術や法律を学ぶ。
さらに体力強化訓練を重ねて新人教育は終了し、各地の地方警察に赴任していく。

現場での主な任務は、「デモの警備・鎮圧」「派出所勤務」「交通整理」「国会周辺や空港などでの治安維持」など。
週休2日制で1週間の勤務は45時間である。
なお、各地の地方警察庁には広報団というチームがある。
メンバーは10数人。
演劇団を構成し、学校を回ってイジメや校内暴力をなくす啓蒙活動を行なったり、警察が関係する重要なイベントで広報活動をしたりしている。
このように芸能人が多く服務していた義務警察だが、今後は段階的に人数を減らし、2023年までに全面的に廃止される。
当然ながら、芸能界にも影響が及ぶ。
現役兵に該当する人はこぞって軍に入隊するしかないからだ。
芸能という特技を兵役で活用できないのは残念と言わざるをえない。

-愛してる韓国ドラマK-POP-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line

わがまま放題の粛宗(スクチョン)

2018’11.30・Fri

わがまま放題の粛宗(スクチョン)/朝鮮王朝人物実録5

[粛宗(スクチョン)の人物データ]
粛宗の生没年/1661~1720年
粛宗の在位期間/1674~1720年
粛宗の父/18代王・顕宗(ヒョンジョン)
粛宗の母/明聖(ミョンソン)王后

5-1_201811301626400f4.jpg

どんな政治を行なったのか

粛宗の親は、18代王・顕宗(ヒョンジョン)と明聖(ミョンソン)王后である。
父親の顕宗が1674年に亡くなると、粛宗が後を継いで19代王となった。
当時は、派閥闘争の激しかった時代で、それに巻き込まれる危険性を感じていた粛宗は、あまり深入りしなかった。
そうした党争が起こった原因は、粛宗が13歳で即位したことで、王の補佐役を自認する者たちが、主導権争いを起こしたからである。
成人した粛宗は、王権の強化を行ない、敵対する党派を牽制しながら独自の政治哲学を実現させていった。
さらに、粛宗は農業地の整備など生活水準を向上させるという功績を残している。
朝鮮王朝時代は儒教が国教だったため、商人は軽んじられていて、商売も低く見られていた。
粛宗は「商業が発展しなければ、人々の生活が良くならない」と思い、本格的な貨幣鋳造事業を行なった。

そうした功績を残した粛宗だが、一方で彼は女性に関するトラブルが多かった。
その女性の中には、「朝鮮王朝3大悪女」の1人として知られる張禧嬪(チャン・ヒビン)がいる。

離縁された王妃

張禧嬪は、もともと宮中に女官でやってきた女性で、かなりの美貌の持ち主だった。
粛宗は彼女に一目惚れするが、母親の明聖王后は、「いつかわざわいを起こすに違いない」と決めつけて、張禧嬪を王宮から追い出してしまう。
その後、1683年に明聖王后が亡くなると、粛宗の正妻である仁顕(イニョン)王后が張禧嬪を王宮へ呼び戻した。

王宮に戻ってくることができた張禧嬪は、恩人である仁顕王后にお礼を言わずにわがままに振る舞い始めた。
その後、さらに仁顕王后の立場が不利になることが起きる。
1688年に、張禧嬪が粛宗の息子を産んだのである。
自分の後継ぎとなる息子がいないことに悩んでいた粛宗は、それを大変喜び、さっそくその息子を元子(ウォンジャ/世子の筆頭候補)に指名しようとした。
しかし、そのことに対して、高官たちは反対した。
なぜなら、仁顕王后はまだ若くて子供を産む可能性があったからだ。
それでも粛宗は意見を変えなかった。
王の息子を産んだことで有利な立場になった張禧嬪。
粛宗は、彼女にしつこく頼まれて仁顕王后を廃妃にしてしまう。
もちろん、このときも大きな反対が起こったが、粛宗はそれをすべて無視した。

張禧嬪は何をしたのか

仁顕王后を廃妃にした粛宗は、張禧嬪を王妃に昇格させた。
彼女が王妃になったことで息子も世子(セジャ)となる。
こうして頂点に上り詰めた張禧嬪だが、その幸せな時間は長く続かなかった。
粛宗の張禧嬪に対する愛は、次第に冷めていったのである。
その彼が次に寵愛したのは、ドラマ『トンイ』の主人公となった淑嬪(スクピン)・崔(チェ)氏だ。

彼女は仁顕王后をとても慕っていて、粛宗に仁顕王后を王妃に戻すように頼む。
粛宗は、1694年に高官たちに仁顕王后を王妃に戻すことを伝えたが、高官たちから大反対を受ける。
粛宗はそれを無視して仁顕王后を王妃に戻し、張禧嬪は側室に降格させた。
しかし、張禧嬪にはまだ息子が世子になっているという強みがあった。
彼女は、「息子が王になれば私はまた王妃になれる」と思っていて、そのときを待っていた彼女に衝撃が走るできごとが起こる。
淑嬪・崔氏が粛宗の息子を産んだのである。
さらに、再び王妃となった仁顕王后も、まだ子供を産む可能性があった。
自分の息子が王になれなくなることを危惧した張禧嬪は、自分の部屋の近くに神堂を建てて、仁顕王后に呪いをかける儀式を行なった。
それが原因かどうかはわからないが、1701年に仁顕王后は亡くなってしまう。

告発された張禧嬪

粛宗は、愛する妻の死をとても悲しんだ。
その翌月、淑嬪・崔氏は張禧嬪が仁顕王后に呪いをかけていたことを告発した。
調べてみると、仁顕王后が住んでいた昌慶宮(チャンギョングン)の通明殿(トンミョンジョン)から、呪いの人形や小動物の死骸が出てきた。
それを知って激怒した粛宗は、張禧嬪に死罪を言い渡す。

高官たちからは「世子の母親を死罪にしてはなりません」と反対されたが、粛宗は、張禧嬪を絶対に許さなかった。
自ら毒を飲む羽目になった張禧嬪は、「息子に一目会いたい」と願った。
粛宗はその願いを聞き入れて、息子に会うことを許した。
このとき、誰もが感動的な親子の対面を予想していただろう。
しかし、何を思ったのか張禧嬪はいきなり息子の下腹部を思いきり握り出し、それによって息子は失神してしまう。
感動的な親子の対面とは程遠いかなり衝撃的なできごとだった。
1720年に粛宗は世を去るが、朝鮮王朝27人の王の中で、女性に関する問題をこれだけ多く起こしたのは、粛宗以外にはいない。

-愛してる韓国ドラマK-POP-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

FC2Ad

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆12月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
 ペ ヨンジュン見るならDATV
bofi.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line