FC2ブログ
2020年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

ペ・ヨンジュンの「才覚」

2020’03.25・Wed

"表現者"や"実業家"としても活躍するペ・ヨンジュンの"才覚"

01_202003251633462d2.jpg

昨年末、韓流ドラマ界に明るい話題をもたらした女優チェ・ジウの第一子妊娠発表。
"韓流ブーム"を巻き起こした「冬のソナタ」のヒロインであり、"ジウ姫"の愛称で親しまれた彼女の吉報にドラマ放送当時を懐かしく思い出したファンも多いのではないだろうか。

ブーム真っただ中には、主演のペ・ヨンジュンとともに来日し、それぞれCMやバラエティ番組に出演するなど毎日のようにメディアに露出していた。
あれから早や17年...これまでの長い年月の中で、母になるチェ・ジウのように、ヨンジュンに様々な変化があった。

02_20200325163347323.jpg

"冬ソナ"ブーム以降、『スキャンダル』(2004年)や『四月の雪』(2005年)などの映画も立て続けに公開され、世の女性たちを虜にしてきたヨンジュン。
どの役にも真摯に取り組み、出演作ごとに新たなキャラクターを見せてきただけに、この先も俳優としての期待は大きかった。
だが、2011年、自らがプロデュースしたドラマ「ドリームハイ」への出演以降、俳優業には一旦区切りを付けたようだ。
落ち着いた俳優業の傍らで、メキメキと頭角を現したのはヨンジュンのクリエイティブ能力とプロデュース能力だ。

03_20200325163349aa0.jpg

04_20200325163350121.jpg

"韓国をより知ってほしい"という想いから、ヨンジュンが執筆のための取材だけで約1年を費やした書籍「韓国の美をたどる旅」も制作。
自ら寺や陶磁器など伝統文化の現場や旅行地約40ヶ所を体験取材し、まとめあげた一冊だ。
彼の誠実で真面目な性格が表れた文体で、随所に考察やユーモアも散りばめられ、単なる観光ガイド本とは一線を画す構成となっている。

05_202003251633529be.jpg

また、日本初放送から10周年を迎えた2013年に制作された「冬のソナタ メモリアルアルバム」では、主題歌「最初から今まで」のカバー曲で初歌唱にチャレンジ。
優しく包み込んでくれるような歌声で、アニメにも華を添えた。
そうした様々なクリエイティブ活動の一方で、彼は実業家としても能力を発揮していることは周知のとおり。
自身が設立した芸能プロダクション・KEYEASTは中国進出によって大成功を収め、多数の所属俳優をスターへと導いてきた実績は高く評価されている。

06_2020032516335394b.jpg

そんなヨンジュンの素顔に迫るドキュメント「History of ペ・ヨンジュン シーズン3」が1月11日(土)よりDATVにて放送される。
「韓国の美をたどる旅」の取材風景など、ヨンジュンが真剣に書籍制作に取り組む様子まで捉えた貴重映像の数々は、"冬ソナ"ファンならずとも、新鮮な驚きが得られるはずだ。
"演技者"としての顔でなく、真摯に仕事に向き合うヨンジュンの姿――きっとそこには彼の現在に繋がるクリエイターや実業家としての才能の片鱗が見て取れるのではないだろうか。

-2020.01.09 HOMINIS-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line

日韓芸能界“ねずみ年”の年男・年女

2020’02.27・Thu

2020年の干支は「子(ね)」。

新聞、雑誌、テレビでは今年の年男・年女が多数紹介されている。
思わず「そうだったのか」と、さまざまな芸能人たちの名が並ぶが、韓国でも年男・年女を迎える芸能人を紹介する企画は定番だ。

韓国でねずみ年生まれの芸能人の代表格といえば、1972年生まれのチャン・ドンゴンか。
“ヨン様”ことぺ・ヨンジュン、ドラマ『宮廷女官チャングムの誓い』で有名な女優イ・ヨンエも、1972年生まれの年男・年女となる。

1_20200227142901252.jpg

つまり、ヨン様やイ・ヨンエは木村拓哉、中居正広、常盤貴子に松雪泰子、さらにはマツコ・デラックスなどと、同級生ということになる。

1972年生まれにはそのほか、TWICEを生んだJYPエンターテインメントの創始者で自らもミュージシャンであるパク・ジニョン、“韓国の小室哲哉”的存在ともいえるソ・デジなどもいる。

2019年に日本で人気となった韓国ドラマ『オクニョ 運命の女(ひと)』で、憎たらしいのにどこか妖艶な存在感を放った悪役チョン・ナンジョンを演じた女優パク・チュミも、1972年生まれの年女である。


2_202002271429024ea.jpg
パク・チュミ

そこからさらに12歳年下の1984年生まれには、人気女優が多い。

1984年、1996年生まれの韓国芸能人は?

ドラマ『コーヒープリンス1号店』のユン・ウネ、『花より男子~Boy Over Flowes』のク・ヘソン、『僕の彼女は九尾狐』のシン・ミナなど、日本でもヒットした韓流ラブコメのヒロインたちが年女だ。

3_20200227142904088.jpg
ク・ヘソン

日本でもこの年はベッキー、香里奈、栗山千明などラブコメ作品でも定評がある女優が多いが、それは偶然だろうか。

そこからさらに12年下の1996年生まれのねずみ年は、K-POPアイドルたちが集まっている。

代表的なのは紅白歌合戦に3年連続で出場したTWICEだろう。
ジヒョ、ジョンヨン、そして日本人メンバーのモモとサナが年女だ。

さらにガールズグループではRedVelvetのジョイ、AOAのチャンミ、宇宙少女のスビン、Gugudanのセジョン、ボーイズグループではSEVENTEENのジュン・ホシ・ウォヌ・ウジの4人、GOT7のヨンジェなどが年男である。

4_2020022714290527b.jpg
RedVelvetジョイ

『PRODUCE』シリーズから生まれたWannaOneの元メンバーで、ソロ・デビューしたカン・ダニエルも、1996年生まれのねずみ年だ。

韓国ではただのねずみ年ではなく、今年は「庚子年のチュイティ(鼠年)」といわれており、同じねずみでも「白いねずみ」がリードする年だという。
なんでも白いねずみは「知恵と聡明さと象徴」で、力強く頼もしいリーダーの気質もあるらしい。

ここに紹介した芸能人の中で“白いねずみ”らしいのは……。
答えはきっと、人それぞれだ。

-スポーツソウル-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line

韓国芸能界をリードする子年のスター

2020’02.17・Mon

ペ・ヨンジュンにシン・ミナ…韓国芸能界をリードする子年のスターたち

2020021680008_0.jpg

2020年は「白いねずみ年」と言われる庚子(かのえね)の年で、大ブレイクの気配を感じさせるねずみ年のスターに関心が寄せられている。
韓国の芸能界に多いねずみ年のスターたちの活発な動きに注目だ。

◆「同い年」ユ・ジェソク×ペ・ヨンジュン×チャン・ドンゴン×イ・ジョンジェ×ソテジ

 1972年のねずみ年生まれの男性芸能人には特にスーパースターが多い。
タレントのユ・ジェソクは先日、ラジオ番組に出演して「ねずみ年の友人はとても多い。ソテジ、チャン・ドンゴン、ペ・ヨンジュンも同じ年に生まれた。僕が好きな方々で、ありがたいことに同じ年に生まれた」と言いながらも「実際にはみんな敬語を使いますけどね」と冗談を言った。

 昨年、JTBCドラマ『補佐官』と映画『サバハ(娑婆訶)』で活躍したイ・ジョンジェもねずみ年だ。
イ・ジョンジェは特に、ある算命学者が挙げる「2020年最高のねずみ年スター」に選ばれた。
今年大ブレイクを予感させるイ・ジョンジェは、映画『ただ、悪からお救いください』の公開を控えている。

◆2020年を輝かせる1984年生まれのねずみ年女優!

 1984年生まれのねずみ年は特に人気女優が多い。
JTBCドラマ『補佐官』で国会議員役を演じてイメージチェンジに成功したシン・ミナはこのほど映画『休暇』にキャスティングされ、昨年ヒットしたMBCドラマ『検法男女シーズン2』でヒロインを演じたチョン・ユミはバラエティーにも進出している。
ファン・ジョンウムは今年上半期に放送されるJTBCの『双甲屋台』で2年ぶりにドラマ出演する。

 共に1984年生まれのソ・イヒョンとナム・サンミはねずみ年生まれという共通点のほかに、「ワーキングマザー」という共通点もある。
ソ・イヒョンは今月14日スタートのtvN新バラエティー番組『私の初社会生活』で司会を務める予定で、ナム・サンミは次回出演作を検討中だ。
一方、昨年あまりいいことがなかったスターたちもいる。
パク・ハンビョルとク・ヘソンだ。
MBC『悲しいとき愛する』で久しぶりにドラマに復帰したパク・ハンビョルは夫が「バーニング・サン問題」に巻き込まれてつらい思いをしたし、ク・ヘソンは夫で俳優アン・ジェヒョンとの離婚訴訟で去年は暗い話題が多かった。

 ほかに、演技力に定評のあるハン・イェリ、イ・チョンア、ソ・ジヘ、ユ・イニョン、ユン・ウネなどがねずみ年で、今年の活躍が期待される。

-朝鮮日報-



2008年 KBS-TV ねずみ年占い





ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line

"純愛"だけではないペ・ヨンジュンの大胆さ

2019’12.05・Thu

オトナの女性を夢中にさせた!?"純愛"だけではないペ・ヨンジュンの大胆さ

1_20191205154415d54.jpg

3年連続でNHK紅白歌合戦への出演が決定したK-POPガールズグループ・TWICEを筆頭に、幅広い年代層に人気が波及している昨今のK-POPブーム。
今や食文化やメイク、ファッションにまで及ぶこの"韓流"人気はまだまだ続きそうだ。

そのきっかけは2003年に日本で初放送された純愛ドラマ「冬のソナタ」であり、主演のペ・ヨンジュンの存在がブームの火付け役だったことは言わずもがな。
なぜヨンジュンが長きにわたって愛されているのか?
それは彼の出演してきた作品を見るとよく分かる。

2_20191205154416277.jpg
History of ペ・ヨンジュン シーズン2

例えば、「冬のソナタ」がNHK総合で放送を開始した直後の2004年、まさに"ヨン様フィーバー"が吹き荒れていた真っただ中に公開された映画『スキャンダル』(2004年)。
純愛を貫く「冬ソナ」での誠実な"微笑みの貴公子"から一転、色事に長けたプレイボーイを演じた本作でのギャップは相当なもの。
これが映画初主演となるヨンジュンは、数多くの映画オファーの中から、パブリックイメージを覆すこの役柄をあえて選んだというから、プロデュース力は当時から優れていた...といえるかもしれない。

公開当時はヨンジュンの濃密なラブシーンが注目を集めたが、脚色・演出・演技・衣装・美術、いずれも第一級であるという作品的価値が高く評価され、2018年にはデジタルリマスター版が日本で再公開された。
製作から15年が経っても、ファンの記憶に刻まれた魅力が色褪せることのない作品など、ひと握りしかいないだろう。

3_20191205154417fa8.jpg
History of ペ・ヨンジュン シーズン3

4_20191205154419b86.jpg
History of ペ・ヨンジュン シーズン3

その後に主演したのが、人気女優ソン・イェジンと共演した映画『四月の雪』(2015年)だ。
互いの配偶者が不倫旅行中に事故を起こし、病院に駆けつけたインス(ヨンジュン)とソヨン(イェジン)。
彼らは、裏切られたことに苦悩しつつも、同じ悲しみを共有するうちに惹かれ合っていく...というショッキングな内容だった。

人気絶頂期に"W不倫"というタブーのテーマに挑み、激しいラブシーンまでこなしたヨンジュン。
日本でも映画ファンに広く支持されている『八月のクリスマス』『春の日は過ぎゆく』のホ・ジノ監督がメガホンを取った作品ということもあり、映画でしか表現できない叙情的な世界観も相まって、当時はアジア7ヶ国で同時公開され日本でも大ヒットを記録。
劇中で描かれたインスの"愛に苦悩する誠実さ"や"知的で品のある人柄"に感情移入し、憧れる女性が続出したのだ。

「冬ソナ」で描かれた"純愛"とはかけ離れた"W不倫"というテーマながら、それぞれの作品の根底にある、
誠実なヨンジュンの人柄が垣間見え、ファンたちはより一層彼に夢中になったのかもしれない。

5_20191205154420c1a.jpg
History of ペ・ヨンジュン シーズン2

そんな『四月の雪』の裏側を秘蔵映像で綴る「History of ペ・ヨンジュン シーズン2」が、DATVにて12月21日(土)から放送される。
世の女性が虜となったインスというキャラクターが作り上げられていく過程や、セリフのないシーンで心情を伝えるために仕草や表情を模索するヨンジュンの姿など貴重な映像が満載となっている。

2020年1月11(土)には同番組のシーズン3として、ヨンジュンが執筆した書籍「韓国の美をたどる旅」のメイキング映像を放送予定。
長年、愛され続けているヨンジュンの素顔をぜひ番組を通じて再発見してほしい。


6_2019120515442115a.jpg
History of ペ・ヨンジュン シーズン3
-HOMINIS-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line

【韓TV】スターたちが取った異色の資格

2019’11.14・Thu

スターたちが取った異色の資格6個



スターたちが持っている異色の資格が公開されて目を引いた。

去る8日放送された「チャンネルA風評に聞いショー」では、スターたちが取得した資格の内容が扱われた。
ファンヨウンジン記者は「俳優キム・テヒさんが過去撮影のため、グアムに行って危険な水中事故を経験した」とし「そのきっかけに、水に対するトラウマができたが、親しいイ・ハニさんの誘いでスキューバダイビングの資格を取得した」と説明した。
実際キム・テヒさんは、過去2012年の資格取得後、スキューバダイビングを趣味として続けていることが分かった。

1_20191114152726dae.jpg

2_20191114152728ac8.jpg

3_20191114152729dcb.jpg

4_20191114152731a5b.jpg

俳優イ・スンジェさんは保険の広告に出演のために保険代理店の資格を取ったことが分かった。
イ・スンジェさんは78歳の時に保険代理店の資格を取得して話題を集めることもした。

この日の放送では、「空白期」を活用して資格を取得したスターたちも公開された。
俳優イ・ビョンホンさんは、映画「悪魔を見た」の撮影の後、コーヒーの勉強をしてバリスタの資格を取得したと伝えられた。

俳優ペ・ヨンジュンさんはコーヒー関連資格取得に続き、ソウルから直接コーヒーショップを運営していることが分かった。
キム・ジヒョン記者は「ペ・ヨンジュンさんにコーヒーの種類を聞いてみると二時間は話をするほどの知識が豊富であるとする」と述べた。

5_20191114152732951.jpg

6_20191114152734d0c.jpg

7_20191114152735c05.jpg

高校を退学した子役俳優出身キム・セロンさんは学業を休んで調理、ベーキング、バリスタなどの各種の資格を渉猟したと伝えられた。

加えて、俳優のパク・ハソン氏は老後の備えのためにフライングヨガの資格取得したものが知られて話題を集めた。


8_20191114152737047.jpg

9_20191114152738554.jpg
-WIKITREE-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆5月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
イトーヨーカドー
line
 ロフト
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line