FC2ブログ

1996年 ペ・ヨンジュン

2011’05.03・Tue

「TV Journal」【1996.2.14】
BYJ「夢多きアウトボクサー」

「TV-Journal」【1996.2.14】

「オンジェンガヌン キマッキン ヨンファ マンドゥrゲッソヨ。」
( いつかは    ものすごい 映画を 作るつもりです。 )

20代初盤を渡っていく「チョームン ナmジャ(若い男)」BYJからはタブジン(たくましい) インファイター(接近戦に強いボクサー) のにおいを嗅ぐことはできない。
貴公子風の外見のせいもあるが、それよりはのどの渇きがきこえるような、ヌリンヌリッタン(ぼそぼそとした) モkソリ(声)が彼をアウトボクサー(ストレート中心のボクサー)に分類したい気になる。

弦楽器のベースの音に該当する彼の声をいつも聴いていられれば、アウトボクサー以前の季節に会えるはずなのだが、不幸にも彼を知る何人かの人以外にはそういう権利は与えられていない。

ヌリッタン(ゆっくりと話す) 彼の声を思いながら、二回も待たされ、やっと彼と向き合って座った。
一日は彼が入院するほどに困憊していて、もう一日は彼が出演中のKBSミニシリーズ『パパ』の撮影でインタビューを延期するしかなかったのだが、人気がちょっと出た芸能人たちの大部分はそんな都合をつけるものだが、どうなんだろう。

「ドゥラマガ ヨン アニジョ?(ドラマが零ゼロじゃないですか?) 周りからBYJの演技が台無しだという声がありませんか?」
真っ先にプrマン(不満。不平、苦情) から打ち明けるさまが『パパ』の主人公ヒョンジュン(賢俊)役にかなり負担を感じているように思われる。
自分の演技経歴が短いという点を考慮すれば当然そうなのだ。

「自分が考えているドラマの役が思うように表現できないんです。一晩中CFを撮って、すぐその足で『パパ』の撮影場に駆けつけて、一日中カメラの前に立っていたんですから。すごく疲れたように見えませんか?何ごともチョンチョーニ(ゆっくり、徐々に)やらなければいけないのに、仕事がちょっと狂いました。モドゥ チェ チャrモッシジョ。(みんな私のミスです。) 一つでもまともにやってこそ俳優といわれることが気まずくないんでしょうが、分かっていながらできないんですね。本当の俳優として残るつもりなら、こんなことを繰り返していてはアンデゲッチョ。(だめなんです。)」

表情や口ぶり、話術の緩急が典型的なアウトボクサーを連想させる。
ドラマに現れたイメージとそっくりだ。
彼がこの間ドラマを通して見せてくれた表情の数々は多様ではない。
俳優だという評価をまともに聞きたい彼にとって、表情が多くないということは致命的と言える。
表情が心の奥底から湧き出れば申し分ないが、俳優なら当然役に没頭して作り出さなければならないのだ。
しかし、たった今出発した彼に多くの表情を要求するのはいくらなんでも強引なようだ。

"とたいのがあまりにも多かったです。それで演技者になったんです。演技者になれば多様な職業の世界を経験することができるんじゃないか。自分をしきりにのぞき見て新しい私を探して出るのがいくら良いことです?"

'どうして演技者になったの'と言う初歩的な質問に彼はもうずいぶん前に準備しておいたように明確に答えた。
演技者だけではなく職業を持っている人々の中多い部類は,不明に職業を持つようになった理由をつけるでしょう。理由が不明なことは行か不幸だろう。

アウトボクサー以前の彼に会えば以下のようだ。

高等学校を卒業した 92年彼は忽然髪を刈って京畿道平沢にある真偽社というお寺に入って行く。
大学入試に落ちた挫折感もあったが青少年期の長年の彷徨が彼を自然に導いたというのだ。
その所で彼は読書と黙想で 10ヶ月の間を日を過す。
どうやって暮すはずか,何をするはずなのかがその所で彼がつかんでいた話題だ。
高等学校在学中にも彼はよくリュックサック担いで一人であちこちさすらったと言う。

"思春期をひどく病みました。そんな経験は誰にもあります。すべてのものがめどがはっきりしなくなるのあるんじゃないか。高等学校を卒業した後にもそんな状態が持続しました。それで静かなところを尋ねたし,思い出したのが漬けたんです。"

非常にひどく病んだ後には見えるものなどがいっそう低く明瞭に近付くものだ。
しばらく自分の中に発っていた彼はまた世の中に歩いて出る。
海兵隊を志願してから視力が良くなくて免除を受けたということ以外に、94年愛のあいさつで演技者という職業を持つまで何をしたのか報道はない。
'普段したい仕事しながら過ごした'と言う言葉で彼は1年の間の空白を閉めてしまう。
俳優という話をまともに聞いた後に彼は外国で出るところだ。
'またソウルに来る時は映画監督になっているでしょう'と彼は言う。
それなら彼はどんな映画を作ろうか.

"開いた口が塞がらないロードムービーでしょう。高等学校の時たくさんさすらったでしょう。私の経験だけ引き出しても映画一本はなるようです。"

彼の声がゆっくりしている理由が分かる気がする。
天性だと銘記してもいいかもしれないが、それよりは思春期の長いインファイターの季節が彼をこのように導いたのだと考える方が当たっているだろう。
ものすごいロードムービーを作りたいという彼の夢はいつか実現するかも知れない。
両肩をそびやかしてドラマ中の姿のように、曇りなく晴れやかに笑って帰って行く彼の背中を見ながら、ふっとそんな気がした。


05295.jpg

09284.jpg
*写真と記事は関係ありません。




ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆11月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
イトーヨーカドー
line
 ロフト
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line