FC2ブログ

X世代の帰還

2011’05.28・Sat

彼らが戻ってきた。
37601486_1.jpg

既成世代が一体理解できないと言って舌を巻いた彼ら。
規定することは難しいが不らちな想像力とどうすることもできない浮気心のために問題的世代でつけられた彼ら。
今まで見てきた人種とは完全に違った別種とし新人類、新世代にも呼ばれた彼ら 。
まさにX(X)の世代だ。
1990年代前半に10代後半?20代半ばだったX世代は、2011年現在、韓国の大衆文化の領域で、パッと咲き始めている。
1968~1975年に生まれたこれらのX世代は、大衆文化の生産者と消費者として大きな影響力を行使する。
それらがなければ、今ここの大衆文化は、正常に立つことがないといっても過言ではない。
今X世代は打電する。
“大衆文化の終結者で派手に帰還した。“オーバー.”

○汝矣島と忠武路の大勢
今年1月KBS 2TVで視聴率20%台を迫って人気を呼んだドラマ『ドリームハイ』。
アイドルを夢見るが2%不足している芸術高の学生たちが自分の欠点を克服し成長する物語を扱ったこのドラマは、X世代のパワーをそのまま見せてくれる。

ドラマ制作にはマネージメント社キーイーストの大株主であるペヨンジュン(1972年生まれ)とJYPエンターテイメントプロデューサーのパクチニョン(72年生まれ)が務めた。
演出をしたイウンボクPDは、72年生まれで、作家のバクヒェリョン氏は71年生まれである。
事実上X世代同年輩どうし太鼓を叩いて長鼓(チャング)を打った代表事例だ。

巷で話題のMBCドラマ『最高の愛』はバクホンギュンPD、主演俳優チャスンウォンも70年生まれで、作家の一人、ホンジョンウン氏は74年生まれである。
『カドナム(がさつな町の人)』シンドロームを歌ったSBSドラマ『シークレットガーデン』を演出したシンウチョルPDもXセデゴ、作家のキムウンスク氏は73年生まれである。

昨年、多くの女性の間に'ジムスングナム'熱風を駆って来たKBSドラマ『チュノ』のクァクジョンファンPDは、72年生まれ、作家のチョンソンイル氏は71年生まれである。

過去の等しい母や叔母の役割を引き受けて奥の部屋の奥様に退いたが出たX世代の女優たちの躍進も目覚ましい。
『対物』のコヒョンジョン(71年生まれ)、『スタイル』のキムヘス(70年生まれ)、『ロイヤルファミリー』のヨムジョンア(72年生まれ)、『悪い男』のオヨンス(71年)などは、年齢四十に年下のイケメンを相手役にして主演を横取りした。

ハヒラ(69年生まれ)、シンエラ(69年生まれ)にも屈せずにヘロインを務めた。
芸能界ではカンホドン(70年生まれ)、ユジェソク(72年生まれ)の牙城は堅固だ。
70年生まれのパクミョンスとキムグラがなければ、ふらついをたてるのプログラムも一つや二つではない。

何よりもX世代のパワーが際立つ現場は大衆音楽界だ。

3大メジャー芸能企画社であるJYP、SMエンターテイメント、YGエンターテイメント(以上アルファベット順)の代表者や主要な人物は、すべてのX世代だ。

JYPのチョンウク代表は、71年生まれ、SMのキムヨンミン代表とYGヤンヒョンソク社長はそれぞれ70年生まれ、69年生まれで、YGヤンミンソク代表取締役は、73年生まれである。
これらの会社の所属ではない有名歌手たちの制作者やマネージャーも相当数が70年代前半に生まれた人々である。
JYP鄭代表は"(放送の中心)汝矣島は、今71年生まれ(70年代初頭生まれ)が大勢"と断言する。

映画界も劣らない。
今週の観客300万人を突破し、デビュー作『スピードスキャンダル』に続き、打席連続本塁打を放った『サニー』のカンヒョンチョル監督は74年生まれである。

昨年公開された韓国映画の中で興行1位を記録した『おじさん』のイジョンボム監督と600万人が見た『戦友』のチェドンフン監督は、71年生まれで、300万人が見た『シラノ』ヨンエジョジャクダン』のキムヒョンソク監督は72年生まれ、前作『追撃者』に続き『黄海』でカンヌ映画祭で2回連続進出したナホンジン監督と涙鼻水抜く感動を伝える『ハーモニー』のガンデギュ監督は74年生まれである。

○解けるということ、しなやかさとデジタルのログ
X世代は、人口統計から見ると、第二次ベビーブーム世代(1968?74年生まれ)とほぼ一致する。

6.25戦争直後に爆発的に出生率が高まった1次ベビーブーム(1954?63年)の世代が一年70万人前後が生まれた場合、二次ベビーブーム世代の時は90万~100万人が一年に生まれた。
以降、1年につき70万人台以下に落ちる。
X世代が、現在の大衆文化を思うままにする理由をここで見つけることもできる。
数が多いので、それだけ能力者もたくさん輩出されたという解釈である。

しかし、それだけでは不十分である。
スマートフォンのタブレットPCが大勢である、最近1~2年だけにデジログ(Digilog・Digital+Analog)が大衆文化のコードで顕著なときは、珍しい。
デジタルテクノロジーとアナログの感情を加えなければ売れない時代になったのだ。

○解禁の恩恵満喫してデジログ'両手兼将'
昨年と今年の大衆文化の最大の話題である『スーパースターK2'と'私は歌手だ』を見てみよう。
X世代には『永遠の若さの象徴'という名前の歌手イムジェボムが32年前にユンボクフイが歌った『あなた』を呼ぶ。
只今二十を越したホガク、材であることがイムンセ、シンスンフンの歌を歌う。
ここまではアナログの感性である。

しかし、それだけだろうか。
映画『サニー』のカンヒョンチョル監督は"もしTVがHDなどの高画質ではなく、高度なデジタル音響技術に裏付けされていない場合は、そのような印象をかもし出すことができただろうか"と反問する。

デジタルログのコードに最もよく適応する姿勢になっていた人たちがX世代だ。
これらは子供の頃は土の地面で紙切れ、玉、輪ゴムを持って遊んだ。
そうするうちに、遅くても中学生になってから、コンピュータに接した後、そこに陥ってそれを持って遊んだ。
JYP鄭代表は、"アナログとデジタルが正確に重複する点が、私たちの世代だ。

大衆文化的に最も良い時代に生まれ育った"と言う。
以来、続々と登場したPC通信、インターネット、ポケベル、携帯電話などのデジタル文明の利器に最もはやく適応したのもこれらだ。

X世代がワンダーガールス、少女時代、ビッグバンのようなデジタル大衆文化時代の先端というアイドルで武装したK-popで海外市場を攻略するかと思えば、アナログ感性の最高峰というギター歌手らをまた舞台に上げることができるのも無理ではない。

セシボンのコンサートを企画したMBCのシンジョンスPDも1970年生まれである。
71年生まれノトチョルPDが演出するMBCドラマ『キラキラ輝く』の主題歌『君の心を私にくれれば』は、アイドルグループ少女デイが歌う。
元々この曲は、1993年に最年少の第が歌った。 本来この歌は1993年チェ・ヨンジェが呼んだ。
典型的なディジログだ。
X世代の『サムチョンペン''イモペンは、アイドル商品を消費しながら『私は歌手だ』の音源をダウンロードするほど柔軟である。

X世代が思春期と20代を過ごした80、90年代には『ゆるみ』の時代であった。
外出禁止令が解けたし、政治的な理由などで縛られていた禁止曲が解けた。
『地獄の黙示録』のように輸入がされてできなかった外国映画が解けた。

そして、統一性と抑圧の象徴だった制服から解放された。。
71、72年生まれは、中高校の6年間、一度も制服を着ておらず、他のX世代の中でも、その6年にわたる制服を着た人はほとんどいない。
自律に接した最初の世代だ。
大学に通う時は、政治的な束縛で上の世代より相対的に自由だった。

80、90年代は、高度成長と社会的政治的解禁(解禁)をもとに、文化が爆発して氾濫した。
80年代のアメリカの80年代米国のポップ音楽にびっしょり濡れたこれらは90年代歌謡の津波を呼んだ。
90年代の半ばから終わりにかけて、FMラジオから、その多かったポップ音楽プログラムは、一つ二つと姿を消した。
求職難を知らなかった386世代が高度成長の果実を取って食べたとすれば、X世代は、その副産物が、倍より大きいヘソの文化をできるだけ摂取した。

○10年後が気になる
CJE&MのケーブルウムアクチェノルインKMTVは、最近の改編作業の真っ最中だ。
主なターゲットは、まさに40代初盤のX世代。
その間押えつけられてきた音楽的感性が、最近ぱんとあいた人々にカスタマイズされた感動の舞台を提供するというのだ。

CJE&Mの放送事業部門のキムテソン局長(69年生まれ)は、"昔の音楽を再評価し、歌うことがある音楽を組織するチャネルで作ってみようと思う"と述べた。
アイドル音楽チャンネルとして認識されるケーブルチャンネルMnetにも対象を拡大するためのモデルを作成する戦略を立てている。
X世代の親が小中学生の子供を連れて一緒に見に来ることができる公演も計画している。

映画や公演界でも、X世代の家族が週末に一緒に見ることができる作品を物色している。
10代前半の子供たちを主人公にした『ビリーエリオット』が興行成績が大いによいものではないが、長期的に公演していることや、米国の伝統的なミュージカル『ブロードウェイ42番街』がびっくり興行に成功した理由もまさにX世代の家族の観覧のおかげだ。

四十前後の女主人公が年下の男性と恋に落ちるTVドラマが最近、2、3年の間に雨後の竹の子のように生まれたのも主なターゲット視聴層のX世代の主婦たちのロマンを代弁するためだ。

しかし、X世代が大衆文化の流れを思うままにして見ると、各現場では、その下の世代の新鮮な衝撃を触れる機会がますます失われるとの懸念も出てくる。
ソテジ(72年生まれ)が『私は知っている』と歌謡の革命を起こした時は精々20才であり、リュスンワン監督(73年生まれ)が『死ぬかあるいは悪いか』で評論家を驚かせているときは、26歳だった。

大衆文化評論家異聞院さん(75年生まれ)は、"現在、20代の大衆文化とは、消費する商品に過ぎない。
何か新しいものを作って出そうという欲求が小さい"と分析する。
しかし、今の10代、20代もそれなりの文化を進化させ、発展させるという主張も少なくない。
X世代との競争が若干手にあまるだけというものだ。

JYP鄭代表は、自分の世代が感心だと話す。
386世代という巨大な上の世代に押さえられないで、挑戦と競争を恐れなくて今に至ったX世代が感心だという。

"私は、働き盛りの年齢である今私たちの世代が今後10年後の社会の中枢になった時に、韓国がどのような姿になるのか非常に気になります。より洗練されながらも多くの競争を通じて、実力を整えた時ですね。”
バラク・オバマのような大統領が出てくることもできませんか。”

::X世代::

1970年を前後して生まれて1990年代初中盤に‘私は私’を主張した世代を称した話。
当時これらは10代半ば~20代半ばの私であった。
既成世代の価値観を否定して脱政治、感性優先を指向

-東亜日報-




ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆12月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
イトーヨーカドー
line
 ロフト
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line