FC2ブログ

韓流ブーム瞬間的人気で終わらないようにするなら

2012’03.31・Sat

地球熱する韓流ブーム、瞬間的人気で終わらないようにするなら
1_20120331132232.jpg

昨年からK-POPが主導している韓流熱風がすごい。
熱風が激しいだけ持続性に対する憂慮も着実に出てきている雰囲気だ。
期待と憂慮が交錯する韓流熱風、今後の歩みが注目される。

大体的には相変らず韓流熱風があるのは明らかな事実だ。
日本国内でのKポップ熱風は相変わらずで、最近になってはKポップ アイドル グループをパロディにしたグループらも登場している。
香港では少女時代が相変らず人気を呼んでいてまた、タイでのスーパージュニアの地位は相変らず高い。
また、ブラジルやメキシコのような南米地域でKポップがますます人気を呼んでいて、フランスはSMタウンの公演以後Kポップに対する関心を越えて韓国に対する関心につながっている。

香港、台湾、南米地域などKポップ人気急増
中国Kポップ スター人気減少、台湾反感生成


だが、すべての地域で同じようにこういう雰囲気なのではない。
中国のKポップ スターらに対する爆発力は過去に比べてたくさん落ちた状況で、台湾では韓流自体に対する反感が政治的な問題とかみ合わさって反韓流の流れを現わしている実情だ。
また、過度に誇張された報道も問題だ。
台湾でスーパージュニアが52週連続1位をしたというような報道が出てきているが、これは事実韓国語歌部門ランキング1位だけのことだ。

もちろん日本を含んだ中国、東南アジアの韓流はすでにある程度認知になった状況だ。
すなわち日本はペ・ヨンジュン以後にチャン・グンソクがそのバトンを受け継いでいて、ここに少女時代やカラなどのKポップ スターが韓流の先頭に出ている。
中国のような場合にはあまりにも忠誠度が強くて初期の韓流スターのチャン・ドンゴンやキム・ヒソン、イ・ヨンエの人気は相変わらずだ。
最近では韓流コンテンツでなく主に韓流スターが中国内ドラマや映画に出演する形で活動が変わっている。

フランスやヨーロッパではSMタウンの公演以後少女時代やスーパージュニアなどの人気に力づけられて韓流に対してもう少し知りたい欲求が生じている状況で、南米側やはりビースト、2NE1,ビッグバン同じKポップ アイドルらのファン層ができている。

現実的な収益・売り上げ効果なくて…韓流コンテンツの不在

ところで表面的にはすごい成功だが、その実体を開けてみればみすぼらしいという指摘が最近たくさん出ている。
表面では韓流があたかも全世界を強打しているように見られるが実際現実的な収益や売り上げにおいてはそれほど明確な効果を持ってきていないためだ。

産業の規模もまだとても小さくて、また、私たちは海外での小さい実績さえ大きく特筆大書する傾向があってその間のギャップがそれだけ大きくなければならない。
実際にコンテンツにもドラマとKポップを抜けば新しい動力になるほどのアイテムが出てこなかった状況で、したがって文化的な底辺が形成されない韓流でこのドラマとKポップを取り出せば事実上その実体はみすぼらしいと見ることができる。

2010年Kポップ輸出99%アジア圏で消費
偏重された韓流輸出…日本が81%獲得


韓流輸出が主にアジア圏に偏重されているという点も問題だ。
韓流がKポップを通じて南米やヨーロッパまでその存在を知らせてはいるけれどこれは言葉どおりKポップがあるということを認知する程度であって、それが産業的な次元ではない。

韓国コンテンツ振興院の発表資料によれば2010年Kポップ輸出額の99%がアジアでなされたことが分かる。
それだけ現在の韓流の消費は結局アジアに偏重されているので、それも日本比重がとても大きい。
日本が全体の81%を占める程度だ。
こうなると日本の消費者が背を向ける時、韓流は崩れることがある危険性が高い。

私たちの大衆文化産業を近い日本と比較してみればまだ行く道が遠かったと見ることができる。
今まさに胎動し始める韓流を永い歳月産業が蓄積された日本のエンターテインメント産業と比較することは難しいのも事実だが、単純比較をすればSMが昨年記録した売上額が約千億ウォン程度なるのにこれは日本のエイベックスの売上額の10%にも達し得ない水準という。
それだけ産業の規模が明確に違うと見ることができる。

先月に韓流熱風が荒々しい国家の現地の人たちを対象に世論調査の結果は驚くべきだった。
'韓流がすでに終わった。'
'5年内に終わるだろう。'のような悲観的な応答が10人中8人ほどにもなったと分析された。

韓流コンテンツ斬新だということ不足
刺激的・扇情的素材問題
反韓流問題台頭


こういう結果が出た理由はいくつかある。
まず私たちの韓流コンテンツらの性格上とても類似したものがあふれ出て新しい斬新さが落ちることは最も大きな問題として指摘される。
いくつかの巨大企画会社によって主に導かれる韓流とは結局その会社の似たトレンドだけ繰り返す結果につながって、これは韓流コンテンツがそれがそれだという認識につながることができる。

似ているのがあふれて見たらますます刺激が強くなって扇情的な傾向で流れるのも問題だ。
また、流れが片方にだけ流れて見たらできる反韓流も大きい問題になっている。
日本や台湾の反韓流流れは政治的な問題と会いながらますます力を発揮している状況だ。
韓流が国家主導の下に行われるという印象も、文化をただ一つの味として受け入れたい外国の消費者にはあまり良く見えない理由となる。

韓流わい曲現象防ごうとするなら多様な次元で接近を

このように現実的に見れば韓流熱風は私たちが期待して体感することとはかなり異なった様相に行っていることが分かる。
韓流熱風は今後どのように展開するだろうか?
これは韓流をどのように眺めるかにより全く違う結果が出ることができる。

我が国の人々は韓流すれば侵攻とか掌握とか熱風とかいう表現をしばしば使うが、事実海外の立場で見ればただ小さい新しい海外の二者択一の文化が入ってきた程度だ。
そのように多様性の次元で韓流を眺めてこそわい曲現象がなくなる。
韓流が世界の多くの他の文化の中の一つという認識を持つようになるならばもう少し持続的で物静かな韓流の発展を期待するはずだ。
だが、現在のように噂になった祭りに行っていては簡単に転ぶ可能性が濃厚だ。

過度な包装・愛国主義的見解避けてこそ
巨大企画会社依存システムも脱皮
国内産業がっちりしてこそ海外進出で連結


韓流の持続的な発展を試みようとするなら何より韓流に対する私たちの大衆と外国人らの間の温度差を減らさなければならない。
ロリョミョン?とても韓流を過度に包装してあたかも国家主導ビジネスのようにさらに愛国主義的な見解で眺める事を避けて、いくつかの巨大企画会社に依存する現在のシステムをもう少し幅広くさせなければならない。
これは、最終的に国内市場の多様化もリンクされていますが、もっと多くのコンテンツや、様々なアーティストが出てくることができる、国内産業がしっかりしている必要の海外市場でも接続できるはずだ。

-SBS CNBC-




ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆12月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
イトーヨーカドー
line
 ロフト
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line