FC2ブログ

2001年 ペ・ヨンジュン

2012’06.29・Fri

ペ・ヨンジュン-チェ・ジウ永遠の愛の物語「冬のソナタ」
배용준-최지우 영원한 사랑이야기 '겨울연가'
2001/12/19 韓国iドットコム
1_20120629122940.jpg

■ KBS 「冬のソナタ」南怡島(ナミソム)撮影現場
天気はかちかち、愛は次から次へと。

12日京畿道加平郡南怡島(ナミソム)KBS 2 TVミニシリーズ<冬のソナタ>撮影現場。
授業をさぼった二人の男女高校生のぎこちないけれどわくわくする初デート場面が繰り広げられる。
守衛のおじさんに“学校をやめる”と‘ぽん’と蹴って学校の塀を越えた正々堂々とした恋人たちに零下8度の天候は何でもなかった。
若々しい愛で真冬の寒さを溶かす二人の主人公はペ・ヨンジュンとチェ・ジウ。

1997年KBS 2TV週末劇<初恋>で共演したペ・ヨンジュンとチェ・ジウは5年後高校生の姿で再び出会った。
船に乗って春川(チュンチョン)近郊の南怡島(ナミソム)へこっそりとデートにきた彼らは一つがいのリスのようだった。

▲「ヨンジュン オッパが初恋の相手なら忘れないだろう」
来年1月7日初放送される<冬のソナタ>は美しくて悲しい愛の物語だ。
心痛む初恋を経験した女性が10年の歳月が流れた後、結婚を控え初恋の相手と全く同じ外見の男に会い体験するストーリーを収める。
永遠の愛がテーマだ。

‘永遠の愛’が話題にのぼるやペ・ヨンジュンは「愛してるという言葉は僕も数えきれない程言ったが本当に意味のない言葉のようだ」と「むしろ結婚後台所仕事をするワイフを後から抱いた時似合う言葉」と話し始めた。

チェ・ジウも同じ見解。
「過ぎ去った愛に未練はない」と言うとユン・ソクホPDが「僕たちのドラマは永遠の愛の話なのに二人の話はドラマと合わない」と直ちに反旗を翻した。

この時気が利くチェ・ジウが話を変えた。
「初恋の相手が(ヨンジュン)オッパのような人だったら永遠に忘れないでしょうがそんな男性に会えなかったようです」と。

▲「ジウ お尻すごく痛む?」
撮影が始まった。
ペ・ヨンジュンとチェ・ジウは樅の並木道で制服を着て一緒に自転車に乗った。
ペ・ヨンジュンの後に座っていたチェ・ジウが両腕を広げると同時にユン・ソクホPDが“まさにそれだ”と言って膝をポンとたたいた。

突然ペ・ヨンジュンの茶目っ気が勢いづく。
自転車ハンドルをこっちによろよろあっちによろよろして結局均衡を失って倒れる。
ペ・ヨンジュンが倒れたチェ・ジウを起こして二人の目と目が合う。
普段「照れくさい場面がきれいだ」と言ってきたユン・ソクホPDらしい発想だ。

繰り返しNGが出た。
ペ・ヨンジュンの決定的なミスでチェ・ジウが空にふうっと浮かび上がって‘どしんと’としりもちをついた。
「オッパ首が動かない”というチェ・ジウの言葉にペ・ヨンジュンがやさしく抱きしめながら“ジウ ごめん”を連発した。

▲“おっちょこちょい?私の本来の姿だ。”
ペ・ヨンジュンとチェ・ジウは<冬のソナタ>で新しいキャラクターに挑戦する。
二人は2話まで高校生で出て 3話から10年の歳月を経て大人の演技をすることになる。

このドラマでチェ・ジウは‘清純可憐型との別れ’を告げた。
彼女はおっちょこちょいな女子高生で、成長後も初恋のつらい思い出を大切にしてはいるがとても明るい女性として登場する。
これにチェ・ジウは“おっちょこちょいが本来の私の姿”と言って笑いこける。

ペ・ヨンジュンは肩の力を抜いた。
プレイボーイ気質を持った優しい男を演じる。
だから2話までは高校時代の感情線から抜け出さないため 3、4話の台本は前もって見ないで撮影した。
二人とも一層余裕ができてもはや演技を楽しんでいるようすだった。

-BYJ's History-




ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆12月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
イトーヨーカドー
line
 ロフト
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line