FC2ブログ

2004年 ペ・ヨンジュン

2013’09.14・Sat

アジアを平定した'白馬に乗った王子'…ペ・ヨンジュン'国宝俳優'として浮び上がる
아시아 평정한 '백마 탄 왕자'…배용준 '국보배우'로 떠올라
2004.12.25 朝鮮日報
記事は↓クリックして大きくして読めます。
chosun20041225_1.jpg

韓国・日本両国国民の中で‘2004年がペ・ヨンジュンの年’だったということに異議を唱える人はいないようだ。
ネチズンの返答文に‘ペ・ヨンジュンの力’は間違いなく現れる。
どんな案件でも賛否に分かれて攻防を繰り広げるネチズンたちがいつからかペ・ヨンジュンを‘国宝級俳優’と呼んで全面の支持を注いでいる。

2000年日本で開封された映画‘シュリ’が観客125万人を突破しながら韓流熱風の基盤が準備された。2002年韓・日共同ワールドカップ開催で韓国に対する関心が高まった状態で‘冬のソナタ’が放映されて‘ヨン様熱風’は日本人の韓国に対する無関心と固定観念を変えた。

‘シュリ’ ‘共同警備区域JSA’ ‘スキャンダル’等を輸入して日本に韓国映画ブームを起こした在日同胞映画関係者イ・ポンウ氏(シネカノン代表)はペ・ヨンジュン熱風が可能だった理由をこのように明かした。

“品格があってセクシーなペ・ヨンジュン氏は日本女性が好むスタイルです。
そんな俳優が冬のソナタでとても素敵なイメージで出てくるやいなや日本女性たちが心を奪われたのです。
ドラマ キャラクターとして大衆に刻印されたので人気が長く続くでしょう。”

ペ・ヨンジュン シンドロームは日本中年女性たちだけの問題でない。
筆者は顔見知りの企業体社長らからたびたびブリーフィング(要約した説明)を依頼される。
60代の企業体社長は筆者にこんな要請をした。

“ペ・ヨンジュンがどんな俳優で冬のソナタ のストーリーがどのようになっていくのかちょっと話してくれ。
事業のため日本に行ったら男たちも皆その話だが本当に韓国人の私が知らなくてね。
ペ・ヨンジュンのサインがあれば事業がうまく解決するようだがちょっとどうにかならないだろうか。”

日本企業者からペ・ヨンジュン関連物品を送ってくれというのだがどこへ行けば買えるのかと尋ねる電話も時々かかってくる。
去る4月ペ・ヨンジュン同行密着取材の時助けてもらった経済学博士は“ペ・ヨンジュン熱風が吹くがまだ私は体感できない”と言った。
今年10月東京で再び会った彼は“どこでもペ・ヨンジュンの話を持ち出したら雰囲気がやわらかくなって活動しやすい”と言った。

4月に行った時だけでも新宿職安通りのレコード店にだけペ・ヨンジュンの写真が掛かっていた。
10月に職安通りを再び訪れた時 美容院、ホットック店、飲食店に関係なく店の前に屋台を作って韓国俳優の写真の入ったカップ、カレンダー、ペンダント、キーホルダー、額縁などを販売していた。
品物の70%はペ・ヨンジュン関連商品だった。
銀座の100年の伝統をもつ教文館書店も道端に屋台を作ってペ・ヨンジュン関連書籍を売っていた。

日本ファンに“なぜペ・ヨンジュンが良いのか”と質問したら“ヤサシデス”という言葉を抜かさない。
‘上品で優雅だ。
親切で思いやりがある’という意味だ。
‘冬のソナタ’のユン・ソクホ監督は“ペ・ヨンジュンは少女漫画からたった今飛び出してきた主人公のようなイメージだ。
ドラマで白馬に乗って来た王子のイメージを極大化した”と話したことがある。

chosun20041225_2.jpg

女は誰でも少女漫画に出てくる‘白馬に乗った王子’に対する切望がある。
ペ・ヨンジュンはヨン様熱風に先立ち韓国とアジアを平定した。
2002年1月から3月まで韓国で‘冬のソナタ’が放映された時間にホームショッピングが50%以上減少し、ひねりマフラーと毛染めした風頭を流行させた。
その時形成されたペ・ヨンジュンの強力なおばさんファンたちが現在インターネットを掌握してアジアファンに各種情報を提供している。

10月ペ・ヨンジュンの日本訪問を日本マスコミがヘリコプターまで飛ばして取材する姿に韓国マスコミは驚きを禁じ得なかった。
韓国に記者を派遣してヨン様の行跡を探訪した時に視聴者たちが好きなヨン様が日本まで来たのだから当然のことではないのか?

‘ペ・ヨンジュン熱風’長続きする
筆者は月刊朝鮮2004年5月号に‘ペ・ヨンジュン単独取材記事’を掲載した後“ただペ・ヨンジュンに直接会ったという理由”だけで多数のアジア女性からうらやまし(?)がられた。
“胸が震えてどのように話しかけたのか。
私は直接会ったら息が止まるだろう”という内容のメールをたくさん貰った。
原稿依頼とインタビュー要請も多かった。
月刊朝鮮の記事は日本の時事雑誌‘月刊現代’に転載され、5,6ヶ所の日本媒体にペ・ヨンジュン関連記事を寄稿した。
ペ・ヨンジュンに会ってから8ヶ月が過ぎた12月10日にも日本の記者からインタビュー要請があった。

日本の‘週刊女性’のナカニシ シホ記者は筆者にペ・ヨンジュンに直接会った時の状況と感じを根掘り葉掘り尋ねた。
ナカニシ記者はペ・ヨンジュンが通う美容室から始めてペ・ヨンジュンに直接会ったような人々に全てインタビュー要請をしたと言った。
インタビューが終わった後 筆者もいくつかの質問をした。

-ペ・ヨンジュンの記事が出たら本がよく売れるのか。

“当然だ。確実によく売れる。”

-韓国の色々なスターが日本に行ったが、ペ・ヨンジュンの比重はどの程度か。

“絶対的だ。
他の俳優に対する関心はまあまあだ。
すべての関心がペ・ヨンジュンに注がれている。”

-ヨン様熱風がいつまで続くと思うか。

“私はこれから始まると思う。
とても長続きするだろう。
ペ・ヨンジュンのファンは早く変わる若年層でなく中年層以上だ。
この人達はなかなか変わらない。
したがってペ・ヨンジュンの人気は長続きするだろうし日本言論の関心も継続されるだろう。”

ペ・ヨンジュン熱狂ファン30人余りとチャットをしながら日本ファンの熱狂について尋ねた時こんな答が出てきた。

“知れば知るほど好きになる人だ。
誠実で人間的だ。
私たちは日本ファンの熱狂を理解する。
私たちも芸能人を好きになったことがない人達だ。
日本ファンが空港で夜を明かして春川(チュンチョン)に来て清掃すること全部理解できる。
私たちもサイン会をする時 地方まで行って夜を明かしながら待って撮影会場に食べ物をいっぱいにしてついて回る。
ヨン様熱風がある程度鎮まった次に日本にも私たちのように一生共にする熱狂ファンが形成されるだろう。
ペ・ヨンジュンが誇らしい。”

-BYJ's History-



img001_20130914124008616.jpg





ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆7月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
イトーヨーカドー
line
 ロフト
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line