FC2ブログ

2005年 ペ・ヨンジュン

2014’02.03・Mon

雪が降る4月、彼と彼女の<外出>
また帰ることができるだろうか…

눈 내리는 4월, 그와 그녀의 <외출>
다시 돌아갈 수 있을까…

2005.09 スクリーンinterview
interview200509_11.jpg

雪が降る4月、彼と彼女の<外出>
また帰ることができるだろうか…

記事は↓クリックで大きくして読めます。
interview200509_12.jpg

前作<春の日は過ぎ行く>で"どのように愛が変わるのか?"と尋ねたホ・ジノ監督が、時間が流れて思いがけなく新しく会った愛の前で控えめに心を開いてみせる。
それがロマンスであっても不倫であっても何が重要だろうか?
新しい人を心に抱くことになった男女が日常から'外出'して以前のその震えをまた感じ始める。

コンサート場で公演を準備していたインス(ペ・ヨンジュン)にかかってきた一本の電話。
彼は妻の交通事故の知らせに急いで公演会場を離れる。
事故で意識を失った妻スジン(イム・サンヒョ)を訪ねて三陟(サムチョク)のある病院の手術室廊下に立つことになった彼の前に立っている一人の女性。
彼女は彼と同じ時間、夫の事故の知らせを聞いて三陟(サムチョク)に駆けつけたソヨン(ソン・イェジン)だ。
同じ境遇でぎこちなく向き合った彼らが向き合う真実は残忍だ。

生命を失うかも知れないまま意識を戻せずにいる彼らの配偶者は同じ車に乗っていて事故に遭った。
インスとソヨンはそんなふうに予想できないところで配偶者の浮気を知ることになる。
悲惨な事故より耐え難いのは怒りと背信感。
自分たちが今まで守ってきた愛が裏切られたという恨みで何が何だか分からないが、早く彼らが目覚めるように願う二人はそのように三陟に留まることになる。

妻と夫が目覚めるのを待ちながら病院前のモーテルに長期投宿する彼らに近づいたのは予期できない愛。
長い時間守ってきた愛に対する背信ですでに人生のバランスがぐらついているにもかかわらず、少しずつ近づく新しい愛は彼らをさらに困惑させる。
お互いを警戒するけれど自分たちが抱いている同じ悲しみを理解しながら互いの心に育っていく愛の存在を認め始める。
これが愛なのか?
妻に対する、夫に対する背信感と憐れみの間で育つこの感情が愛ということだろうか?

二人の愛が徐々に席を占めていく時、インスの妻スジンが先に意識を回復して彼の前で涙を流す。
インスとソヨンはもう自分たちの場に戻らなければならないことに気づく。
そして彼らが準備する最後の外出。

時間が流れて4月、暖かい春なのに空からは雪が降って忘れられない記憶を探しに彼らは再び外出を準備する。

私たちはどうしてよりによってこの時間、この空間で会ったのでしょうか?
時間を変えるとしたら、そして私たちのそばに誰もいなかった時会ったならば、いえとても長い時間が流れた後これら全ての嵐が過ぎ去った後にまた会うならば…私たちはその時も愛したのでしょうか?
私たちが本当に愛したのでしょうか?

POSTERS
interview200509_13.jpg

<四月の雪>のポスターは二度に渡って公開された。
ティーザーポスターと本ポスター全て2枚ずつ製作されてインスとソヨン、それぞれの感情を生かしているけれど、雰囲気は全く違う。
ティーザーポスターが互いの気持ちを知ったけれど近付くことができないもどかしさを表現したとしたら、本ポスターは拒絶できなかった熱情と自分たちが置かれた状況の切なさを表現している。
別々に、また一緒にいるインスとソヨンの話。

ティーザーポスター

2枚のポスターでインスとソヨン一人だ。
'抱きしめてあげたい'と'抱きしめてみたい'というもどかしい感情の下 '彼はあなたが愛した女の夫'、'彼女はあなたが愛した男の妻'という二人の複雑な関係を表す説明が互いの気持ちを知りながらこれ以上近付けない微妙な関係を表わす。
抱きしめてあげたい、抱きしめてみたいけれど…誰かの夫や妻という名前なく愛したいけれど…生きて愛して別れることはそんなに簡単でない。
彼らはなぜ今この空間、この時間に会わざるを得なかったのだろうか?

本ポスター

ティーザーポスターでは叶わない愛のもどかしさを表したとしたら本ポスターではすでに始まった愛の熱情を表現している。
もどかしげに視線を落としたまま恋しさを鎮めていたインスとソヨンは今優しくお互いを抱いている。
しかし、自分たちを囲んだ複雑な関係の輪を無視できない彼らの表情は相変らず悲しい。
'私たちは、愛だろうか?
'すでに始まった愛だけど止められない疑問、これが愛だろうかについての疑問であるよりも私たち愛してもいいのだろうかに対する質問の前に置かれた答は不倫の愛。
二人の愛を露骨に表現した文句の前に気持ちを占ってみるが、他の人々の目にこの二人の愛は不倫それ以上、以下でもないことをインスとソヨンはあまりにもよく知っている。
帰らなければならない所が明らかな彼ら、愛であるけれども愛だと言えなかった。

CHARACTERS
interview200509_14.jpg

その女、ハン・ソヨン

妻の事故の知らせに三陟まで駆けつけたその明け方、病院の廊下で泣いている彼女を見ました。
僕の妻が愛した男の妻、彼女の夫が愛した女の夫の僕たちはそのように同じ場所に立っていました。
モーテルの廊下でも、薬局でも互いに同じ苦しみで向き合った彼女。
耐え難いはずなのに声を出して泣くこともできない女。
この女が向き合った現実は彼女の笑いさえも奪っていったようです。
魂が抜けたように泣くことも笑うこともなかった彼女が表情を浮かべ始めます。
彼女を抱いてあげたいです。
彼女はこの冬がうんざりするといいます。
花が咲いて雪が降る季節が見たいという彼女は大きな声で泣くこともできません。
僕の胸に抱かれた彼女の名前はハン・ソヨンです。

その男、キム・インス

私は見ました。
彼は妻が運ばれてきた病院に絶望したまま立っていました。
彼の妻は私の夫と並んで運ばれてきました。
彼の悲しい顔を見ましたが、私たちが知ることになった真実は事故の知らせより耐え難いことでした。
彼の妻と私の夫の間に行き来したメール(文字メッセージ)、通俗小説の一節のように知ることになった真実…彼の妻と私の夫は特別な関係だったようです。
ところでこの男キム・インスはどんな人でしょうか?
この言葉少ない男は今何を考えているのでしょうか?
私はもう分かったようです。
酒に酔った夜私の部屋のドアを蹴飛ばした彼を、
私と一緒に事故被害者の葬儀場まで行ってくれた彼を、
私に風邪薬を渡してくれた彼を、
大声の出し方を教えてくれた彼を、
私を少しの間だけでも笑うようにしてくれた彼を、
そして…私の胸で子供のように泣いたその男キム・インスを私はあまりにもはっきり記憶しています。

LETTERS
interview200509_15.jpg

あなたも…こんな気持ちでしたか?
私になぜこんなことするんですか、ギョンホさん?
私たちの間に何か問題があったんですか?
あなたが交通事故に遭ったという知らせを聞いて空がそのまま頭の上に崩れ落ちるようでした。
あなたが死ぬなら一緒に死ぬ方がましだと考えながら駆け付けた病院、あなたの横には私でない他の女が横たわっていますね。

あなたはいったい私にどんな仕業をしているんでしょう?
あの女を愛しているとでも言うのですか?
私のそばに立っている男を見てよ。
この人がその女の夫なんですよ。
私があなたの妻でしょう。
いったい…私になぜこんなことをするのよ?
指先から血が丸ごと抜け出るようです。
起きてよ!起きて何か言ってみてよ。

この男、私のそばにいるこの男。
あなたが愛した女の夫キム・インスです。
その人も私のような悲しみを、私が感じた背信感を感じているでしょう。
初めは近づけたくありませんでした。
あまりにも明らかに垣間見られるお互いの傷に向き合いたくなくて…。
ところがこの男、私を笑うようにして、泣くようにするんですよ。
ある夜には私の部屋のドアを足で強く蹴ったその気持ち、分かったようですがどうしましょう?
悲しい顔をして私の方に来て、泣きでもしたらどうしましょう?

できれば否定したいです。
鏡のように明るく照らされて映される互いの傷のようなもの分からないようにしたいんです。
その人の妻が気がついたようです。
あなたは気がつかなかったらどうしようか、いえあなたが気がついたらどうしようか…
私どうして…あなたが死んでしまったらいいと考えたこともあるけれど、あなたもどれほど大変だったか理解できるようです。

冬がうんざりします。
早く春がきて花が咲いたらいいですね。
花が咲く4月にも雪が降るでしょうか?
話してみてよ、お願いだから…何か一言でも言ってよ。

interview200509_16.jpg

いっそ死んでしまったらよかったのに…

その日、三陟に向かったその道がそんなに遠い道になると誰が思っただろう?
電話を受けた瞬間から揺れ動き始めた心臓を握りしめて一気に駆けつけたそこに意識を失ったまま横になっている僕の妻スジン。
愛するスジン、君の横に並んで横になっている男は僕ではない。
君と一緒に事故に遭ったこの男はいったい誰だというんだ?
一度も僕たちの愛を疑ってみたこともないのに、目もあけることができない君の前で僕が知らなければならない本当の重さはとても重い。
君という女にその間いったいどんなことが起きたのだろう?
僕の妻という女が僕でない他の男を愛していたのか?

今僕の前に立っているこの女、君が愛した男の妻ハン・ソヨン。
この女の気持ちがどうだろうかと考えてみたのか?
大きな声を出して泣くこともできないこの女が感じる背信感が何なのか僕はあまりにもよく分かるようだ。
君には分からない。
裏切った人は裏切られた人の心を死んでも分からない。

ところでスジン、今僕の心は何か?
君が目覚めるのを待つ間に僕の中に起きるこの変化は何か?
少しずつ僕の内に入ってくるこの女をどうするというのか?
同じ悲しみと同じ怒りを持ったまま少しずつ目を合わせるこの女に対する気持ちを僕はどうしなければならないのか?

早く起きろ!目を覚まして何か言えよ。
僕がどのようにしなければならないのか、今僕たちはどのように暮らさなければならないのか言えって言ってるんだよ、スジン。
僕はもしかしてこの女を愛しているのだろうか?
僕たちは互いに許すことができるだろうか?
早く起きて言ってみろよ…。

ON LOCATION
interview200509_17.jpg

江原道(カンウォンド)三陟(サムチョク)<四月の雪>撮影地
インスとソヨンの空間

江原道春川市(チュンチョン市)と南怡島(ナミソム)が<冬のソナタ>によって思いがけない観光特需を享受したとしたら、次の番はホ・ジノ監督の<四月の雪>が撮影された三陟(サムチョク)が新しい観光名所として浮び上がる勢いだ。
まったくあちこちペ・ヨンジュンと<四月の雪>の香りが満ちている三陟を旅する。

<冬のソナタ>が放映される当時だけでも春川がそんなに多くの旅行客を呼び集めるのか誰も予想できなかった。
南怡島という通俗的な観光地がもう一度ドラマに登場したよ程度だったが<冬のソナタ>の人気がアジア全体に広がるにつれ春川、南怡島は韓国を代表する観光地として浮び上がった。
南怡島を訪ねる観光客数が持続的に増え続ける中、ペ・ヨンジュン主演の映画<四月の雪>の撮影地が三陟になるという発表があって、人々の関心は当然三陟に集まった。
三陟が第2の春川になるということは火を見るように明らかなことだった。

予想は的中して数多くの日本人観光客が映画撮影中のペ・ヨンジュンを見るために三陟に押し寄せた。
映画撮影に全面的な協力を自ら申し出た三陟市は素早く三陟市全体を<四月の雪>観光地に変身させて、三陟市タクシー運転手らはペ・ヨンジュンを追う日本人観光客を対象にした(非公式的な)標準料金まで作るほど三陟は<四月の雪>の都市として生まれ変わっている。

もう<四月の雪>の撮影が終わって封切りを待っている時点。
三陟に行ってもペ・ヨンジュンの顔を見る事はできないが、彼が泊まったホテル、彼が散策した海辺、彼が食事をした食堂を訪ねるための足は絶えることなく続く。
去る2月には三陟撮影会場訪問を自制してくれという文を掲載したりもしたペ・ヨンジュンの所属社側も今三陟を訪ねる日本人ファンのために見学ツアーを企画してガイドブックを出版するなど積極的な態度を見せている。
ホ・ジノ監督は<四月の雪>のために人工的な感じが最大限排除された実際空間とそこに居そうな人物を描きたかったという。
'実在するなじみが薄い都市'を望んだ製作陣の欲にぴったり合う都市三陟。
複雑な構造の古い病院、映画の中そのまま病院のそばに位置した小さいモーテル、時間が止まったような竹西樓と直ぐ前にある柱なしに建てられたカフェなど都市全体が巨大なセットを連想させる三陟のあちこちにはもう<四月の雪>の香りが満ちている。
インスとソヨン、ペ・ヨンジュンとソン・イェジンの香りが満ちている三陟を訪ねた。

interview200509_18.jpg

三陟(サムチョク)海水浴場 삼척 해수욕장
お互いの感情を否定していたインスとソヨンは自分たちが愛していることを感じて2人だけの時間を持ち始める。
海辺を歩きながら携帯電話で写真を撮って手を握るなど他の人々には平凡なデートが二人にはそんなに特別なはずがない。
インスとソヨンのデート場所として選択された三陟海水浴場は白砂浜の幅400メートル、長さ1.5キロメートルの規模で、三陟市内から北へ1.4キロメートルの地点にある。
三陟一の海水浴場で海岸線から約150メートルまでは水深が1~1.5メートルで浅くてきれいな砂が広がっていて景観が優れている。
海水浴場後方には松林があるのが特徴だが、周辺には刺身料理屋をはじめ民宿とホテルなどの便宜施設も充分で三陟を訪ねる旅行者なら必ず一度立ち寄らなければならない所だ。

カフェ マリンクラブ 카페 마린클럽
三陟海水浴場を見下ろしているカフェでインスとソヨンのデートシーンが撮影された。
世界のビール専門店のような若干まとまりのない室内だが、海辺を見下ろす展望一つだけは百万ドルに値する。
海辺のカフェらしくビールを飲みながら刺身も注文できるという点が独特だ。
三陟海水浴場から道の向かう側を見たら看板を簡単に探すことができる。

セウネ食堂 새은혜 식당
いわゆるヨン様定食を販売するといって観光客らの間で有名になったところだが、実際にペ・ヨンジュンが映画撮影中9回も訪ねたという。
観光客が押し寄せてペ・ヨンジュンの足は遠のいたが、内部を詳しく見てみたらペ・ヨンジュンのサインを探すことができる。
今はファンたちの落書きに覆われて探すのも難しいですがね。
韓国定食専門食堂で家で準備したような素朴な味が特徴だ。
一般定食は6,000ウォン、ヨン様定食は1万ウォンだ。

ソーマン薬局 소망약국
映画に登場する薬局として眠ることが出来ないインスとソヨンが薬を買いに訪れて出会う場面が撮影された。
製作チームが建てたセットだが、実際の田舎の薬局のようにその姿がとてももっともらしくて多くの人々が薬を買うために戸を叩くという。
外観はもちろん室内も薬局として活用してもよい程写実的に製作された。

自転車泥棒 자전거 도둑
竹西楼入口向い側にあるカフェでとても素朴な雰囲気を誇る。
田舎臭いながらも微笑ましい名前のように内部もまた80年代のカフェの雰囲気をかもし出す。
メニューも内部も特に変わった特徴はなく平凡だが、ペ・ヨンジュンのファンにはとても特別な場所だ。
ペ・ヨンジュンが座った席に座ってファンたちが残したメッセージを読んでいるファンを時々見ることができる。
カフェ内部全体がペ・ヨンジュンで上張りされているといっても過言ではない。

竹西楼 죽서루
お互いの感情を確認したインスとソヨンがつつましく初めてのデートをする所として震える気持ちで互いの手を握る場面が撮影された。
竹西楼の場面は初めてマスコミに公開された撮影シーンとして話題を集めたりもして、この日の撮影会場には韓国と日本をはじめアジア各国から来た300人余りの記者らが集まって<四月の雪>に対する関心を証明したりもした。
関東八景の一つとして選ばれる竹西楼は名前のように竹がいっぱいのうら寂しいところで宝物213号に指定されている。
楼閣を支えている岩柱と楼閣下に見下ろせるオシプ(五十)川、絶壁の間にやっとのことで育つ樹木があって爽やかな風が吹いて茂みの間に風の音が聞こえたりもする。
三陟開発によってオシプ川の後にエキスポ建物が入って、以前の古典的な風景は毀損されたけれど、まだそのうら寂しい雰囲気は維持している。
最近観光客が増えて、竹西楼全体に鳴るようにスピーカーを設置して音楽をかけるなど人工的な施設が増えていることが残念さとして残る。

interview200509_19.jpg

三陟医療院 삼척 의료원
劇中インスとソヨンが初めて会うようになる所だ。
配偶者の事故の知らせを聞いて三陟に駆け付けた二人は手術室の前の椅子に座っていらいらして結果を待つが、少し後に自分たちの配偶者が同じ車に乗っていたことを知って背信感で傷つく。
三陟医療院は比較的大きい規模の病院だが実際に内部に入ったら時間が止まったかような印象を受けることになる。
全体的に暗い照明と低い天井、複雑な構造とあちこち工事中の現場はとても愉快なだけではなく見えるが、映画の中の人物の突然の事故と浮気、それにともなう複雑な心理を表現するには適していると思われる。
現在2階は工事中だから見学が難しいけれど、病院職員と患者が比較的観光客に好意的なので入口をはじめ外部施設と簡単な見学は可能だ。

サムンモーテル 삼흥 모텔
配偶者を病院に入院させた後インスとソヨンが長期投宿するモーテルとして登場するサムンモーテルは絶妙にも三陟医療院のすぐそばに位置していて製作チームを喜ばせた。
撮影地として利用されるにとどまらず三陟撮影の間スタッフが長期投宿したところでもある。
スタッフらがモーテルから出発すれば撮影が始まるという情報のために、モーテルの前では観光客と旅行社職員らを退屈せずに見ることができた。
実際モーテルの建物をセットのように活用してみたら映画のために作っておいたにせ物の居酒屋の看板を見て三陟住民たちが訪ねてきたりもするハプニングがあった。


パレス ホテル 펠리스 호텔
映画撮影期間の間監督と出演陣が実際泊まった所で、現在は宿泊客の相当数が日本人観光客であるほど好況を保っている。
ホテル ロビーに入ると<四月の雪>の大型ポスターが貼られていて、フロント デスク横にペ・ヨンジュン宛に届いた日本ファンの手紙が飾られている。
パレス ホテル側は映画撮影に積極的な支援をし、ウェートトレーニングを楽しむペ・ヨンジュンのために個人トレーニング ルームを製作して提供したりもした。
総100室の客室を持つパレス ホテルは2002年7月に開館して以来現代的な施設で三陟市内では最高級ホテルに属する。
洋室と韓室に分けられた客室には山と海の展望を楽しむことができるバルコニーをはじめ平面TV、インターネット専用線などの先端施設を揃えている。
フロント デスクには日本語担当者がいて日本人観光客を助けており、附帯施設ではスカイラウンジ、サウナ、カラオケなどが用意されている。
1泊料金は時期別で異なるが平均的にスタンダードルーム山側16万 5,000ウォン、海側19万 8,000ウォンから。


三陟に行けばこれらの場所以外にも多くの食堂と遊興店舗が<四月の雪>のプラカード、ペ・ヨンジュンの写真を掲げて営業中だ。
この中である所は映画撮影と何の関係がないにもかかわらず公式撮影場所かのように営業する所もかなりなり、ある所はペ・ヨンジュンの出演作を上映してファンを集めている。
それだけ外国人観客数が多いという意味でもあるが、行き過ぎた商業主義が三陟固有の姿を害するのはでないかと気になるのも事実だ。
三陟市全体は<四月の雪>による観光特需をむかえていて、ペ・ヨンジュンの痕跡を探すために三陟を訪ねた観光客は、これらが用意しておいた施設に便宜を感じているくらい、映画<四月の雪>が三陟が持っている固有の美しさを世界に知らせることができる機会になればという望みだ。

-BYJ's History-



interview200509_14_1.jpg




ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆8月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
イトーヨーカドー
line
 ロフト
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line