FC2ブログ

「紅参詐欺」巻き込まれた理由

2014’09.22・Mon

ペ·ヨンジュン「紅参詐欺」巻き込まれた理由
100億民事訴訟であり、刑事告訴までされた
日本で「ヨン様」と呼ばれ、韓流ブームを主導してきたペ・ヨンジュンが100億ウォン台の民事訴訟に続き、「詐欺」の疑いで刑事告訴まで、当該注目を集めている。

健康補助食品メーカーである(株)ゴジェ側は19日午前、ソウル北部地検にペ·ヨンジュンを「詐欺」の疑いで告訴状を提出した。
<日曜新聞>が単独入手した訴状によると、原告は、ペ·ヨンジュンが個人会社(持分95%)のゴリラライフウェイ(ゴリラ)と委託販売契約を締結した欺罔行為で22億円を詐取されたと主張している。
一体大韓民国を代表する韓流スター 'ペ·ヨンジュンは、なぜこのような複雑な訴訟事件に巻き込まれたのだろうか。

1411298519712943.jpg
ゴジェ被害者連合はペ·ヨンジュンとゴリラライフウェイを相手に、100億ウォン台の損害賠償を要求する内容を盛り込んだ壁新聞を最高裁判所の前に公開した。

新しい事ではない。
事実、この事件は、2010年9月の韓流スター、ペ·ヨンジュンが最大株主である会社ゴリラとの契約内容を膨らませて株価操作をした疑いでゴジェの前代表する某さんと私債業者ミン某氏など4人が拘束起訴された事件である。
結局ゴジェは上場廃止された。
そして数年後、ゴジェ現経営陣と被害者がペ·ヨンジュンとゴリラを対象に民事および刑事訴訟を提起したものである。
(注)ゴジェは過去ペ·ヨンジュンが大株主であったゴリラと、紅参製品の日本国内独占販売権を締結した会社であった。

ゴリラはチキン、レストラン、カフェなど飲食チェーン店を運営して中断して、今は法人のみ維持されているペーパーカンパニーである。
ペ·ヨンジュンの所属事務所キーイーストとは何の関連がない。
本来ゴリラは「ゴシレ」ブランド商品を開発し、日本に進出してゴジェの紅参製品を販売する計画だった。
2009年当時ゴジェの代表取締役ハン氏は、「ゴリラと年間100億円以上の販売を保証契約を締結した」と大々的な広報マーケティングを展開した。
ゴジェとゴリラが契約を締結したのは2009年10月である。
当時の管理種目だったゴジェ側は頭金50億ウォンにペ·ヨンジュンのゴリラと、紅参製品の独占契約を締結したと発表した。
契約に基づいてゴジェは契約締結日と同年11月13日に分けて27億ウォンをゴリラに支給した。
契約書によると、ゴジェは2010年3月26日委託手数料前払金として23億ウォンを支給しなければしたが、入金が行われず、結局、双方の委託販売契約は、2010年4月13日終了される。
ペ·ヨンジュンのゴリラと委託販売契約を解約されてわずか10日後の4月23日ゴジェは、最終的に上場廃止された。
ゴジェの上場廃止にペ·ヨンジュンのゴリラとの委託販売契約の解除が決定的な役割をしたものと見ることもできるところである。

しかし、問題は別にあった。
当時ゴジェの代表取締役であった氏が金融投資業に関する法律違反の疑いで、2010年9月30日拘束起訴されたもの。
当時、検察は、資本市場と金融投資業に関する法律違反の疑いで、ハン氏と一緒にヤミ金融とブローカーなど作戦の組織の関係者4人を拘束起訴した。
当時、検察はゴジェ代表だったハン氏などがゴリラ側と協議もせずに、日本企業と459億ウォンの製品販売契約を結んだと虚偽公示した後、通程のマーケティングを使用して株価を操作して34億ウォンの不当利得を手にしたと明らかにした。
検察が一氏などを作戦勢力に見たのだ。
実際ゴジェの株式は、株価操作で2009年11月1900ウォンだった株価が12月4415ウォンで上がった翌年4月上場廃止されてしまった。
これにより、4200人以上の個人投資家は217億ウォン(最高基準)相当の被害を受けたことが分かった。
上場廃止時点で見ると、氏など、当時の経営陣の株価「作戦」は、ペ·ヨンジュンのゴリラとの契約時点から始まり、作戦が終わった後、ゴリラ側との契約を解除したものと思われる。
これにより、34億ウォンの不当利益を得たハン氏などは、最終的には数ヶ月後、その年の9月に拘束起訴された。
した種などが拘束起訴された2010年当時、この事件は「韓流スターの会社との契約を背負っ株価操作を行った事件」として知られた。
株価操作のために個人投資家が大きな被害を見たが、この過程で、ペ·ヨンジュン側かなりのイメージ毀損などの被害を受けた。

1411298538826012-(1).jpg
(株)ゴジェがペ・ヨンジュンを詐欺疑惑で告訴した。

ゴジェとゴリラ、そしてペ·ヨンジュンの悪縁は、当時の投資をしたが損害を被った会社を新たに買収した経営陣側で知られている「株式会社ゴジェ被害者連合」がペ·ヨンジュンに民事訴訟を進めて再び始まった。
現ゴジェ経営陣は、ペ·ヨンジュンが大株主であるゴリラを相手に損害賠償を請求する民事訴訟を提起したが、1審で敗訴した。
この件は現在二審が進行中である。
民事訴訟1審で敗訴した後、ゴジェ被害者連合は100億ウォン台の被害を補償しろ、数ヶ月目にペ·ヨンジュンオフィスと最高裁判所の前でデモを行っている。
ゴジェ被害者側は「韓流スターのペ·ヨンジュンが大株主であるゴリラを信じて73億円ほどの「ゴシレ紅参美容」9万6000セットを製作したが、ゴリラ側の2年は間にたった1セットも販売しておらず、日本で保管のみをされた後、廃棄処分するしかなかった」とし、いわゆる「ペ·ヨンジュン責任論」を主張している。
ただしハン氏などを拘束した当時、検察は当時と私459億ウォン相当(60万セット)の販売契約をしたと公示したが、発送10万セットのうち、約3万セットが、日本に行っただけで7万セットは通関費用を出さない輸出通関をないと述べた。
さらに検察によると、残りの50万セットはメーカーも選定していなかったという。

今回の刑事告訴でゴジェ側はゴリラ側に23億ウォンを支給したが、この過程に問題があると主張している。
たとえば、日本の市場調査や製品の種類とデザインの開発などに10億ウォンを支給したが、この金額が、その目的のために使用されていなかったと主張している。
また、2010年4月13日ゴジェとゴリラの委託販売契約の解除が行われる時点で、双方は、契約の解除と関連して合意書を作成した。
合意書に基づいて、ペ·ヨンジュン側は、当時の契約が正式に終了されたと主張しているのに対し、現ゴジェ経営陣は、欺罔行為によって締結された契約であると主張している。
一方、被告訴人は、契約当事者である事業体のゴリラではなく、ペ·ヨンジュンの個人なのにはゴジェ側"はペ·ヨンジュンがこの会社の株のほとんどを所有しているうえ、直接代表取締役を引き受けたりもした」とし「契約当時の代表は、チョン某氏だったが、何の力もない者であったことが把握されて実質的な経営者であるペ·ヨンジュンの個人を相手に刑事告訴を進行した"と主張した。
これに対してペ·ヨンジュンの所属事務所側は「民事訴訟で支給された金額を日本に送って関連費用として活用した証拠を既に提出しており、これをもとに勝訴した。
解約時の合意書も当時の経営陣と定期的に締結されたもの」とし「契約当事者でもないペ·ヨンジュンの個人を相手に刑事訴訟を提起したのも理解が容易ではない。
すでに現ゴジェ代表取締役を名誉毀損で告訴した状態であり、今回の刑事訴訟に対して虚偽申告などで強力に対応する」と明らかにした。

-日曜新聞-




ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆7月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
イトーヨーカドー
line
 ロフト
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line