FC2ブログ

日本と違う韓国のビックリ 1・2

2016’03.21・Mon

日本と違う韓国のビックリ 1・2

第1回「韓国には老舗がほとんどない」

847f79b95e3b42a8e6b75a5ab45.jpg
様々な店が並ぶソウルの明洞(ミョンドン)だが、老舗はほとんどない



韓国から親しい友人が来たので、浅草を案内したことがある。
彼は大変な博学で、私もいろいろと彼の意見を参考にさせてもらっていた。

その彼が浅草を歩いていて、「韓国では考えられない」と首をかしげた。

何かというと、あるソバ屋が創業百年を誇示する看板を掲げていたのである。
「うちは古くから営業している老舗ですよ」とアピールしているわけで、日本ではどこでも見られる光景だろう。

しかし、彼の受け取り方は違った。

「韓国では食堂で成功したら、子供たちに最高の教育を受けさせてエリートにさせようとするだろう。『ウチの店は継がないでいいから、医者や大学教授をめざせ』と子供たちにハッパをかけるのが当たり前。それなのに、あの店は代々の子孫がずっと継いでソバ屋を開いているという。韓国の人があの看板を見れば、『あの店は百年も頭がいい子供が出なかったのか』と思ってしまうだろう」

彼の話を聞いていて、韓国の食堂で何人かのアジュンマ(おばさん)が自慢げに言っていた言葉を思い出した。

「私はこの商売をやっていて、息子(あるいは娘)を外国に留学させたよ」

学歴偏重の韓国では、親はこぞって子供たちがいい大学を出てエリートになることを心から願う。

お店を経営している人や職人さんにしても、「跡を継がなくていい。それより必死に勉強しろ」と口がすっぱくなるまで子供に言うのである。

そういう風潮が「韓国には老舗がほとんどない」という現状を生んでいるのかもしれない。
日本では、「子供が家業を継ぐ」というと喜ぶ親が多いが、韓国はまったく違うのである。



第2回「食べ残す韓国、残さない日本」

3888c371bb1f93cddfa82de20e1.jpg
韓国西南部の地方都市で昼の定食を頼んだら、1人前(約500円)でこれだけの量が出てきた。食べきれない!

少し残すにはワケがある

済州島(チェジュド)出身の母に言われたことがある。

「韓国の家庭に食事を招待されたら、ご飯を少し残さなければ駄目だよ。全部食べると、この人はもっと食べたいんだと思われて、またご飯を盛られるよ。お腹がいっぱいのときは、ご飯を少し残すのが『もう食べられません』という合図になるんだよ」

日本で生まれ育った私は、「韓国は日本と違うんだ」と感心するしかなかった。
日本で食事に招待されたら、料理を残しては申し訳ないと思って、必死になって食べきるだろう。
けれど、韓国では残していいという。

むしろ、招待された側が料理を残すことによって、招待した側は「食べきれないほどのご馳走でもてなした」と満足するのである。

実際、韓国の家庭に招待されたときは、母のアドバイスを忠実に守った。
というより、テーブルいっぱいにご馳走が並ぶので、とうてい食べきれない。
現実的に残さざるをえないのだ。

そういう韓国から日本に来て、日本の家庭に食事に招待されたとする。
このときに少しガッカリする韓国人が少なくない。

「軽食でもてなされるとは、自分はその程度にしか思われていないのか」

そう考えてしまうのである。

日本の家庭でも精一杯のもてなしをしてくれているのだが、招待客にご馳走をズラリと並べる韓国から見れば、「軽食」に見えてしまう場合がある。
これはもう習慣の違いとしか言いようがない。

韓国の地方をまわる楽しみはやはり郷土料理の美味しさだが、たまに困惑するのは、1人で定食を頼んだときでも、テーブルから皿がこぼれるばかりに料理が並ぶこと。
メインの料理以外は無料のサービスなので甘んじて受けるが、食べきれるわけがない。

ふと、となりの席を見る。
4人が座っているが、その4人分の料理と、私1人の量がほとんど変わらない。

こちらは1人なので、それに見合った量だけでいいのに、食堂側はそういう計算をしないで、大盤振る舞いに徹する。
その結果、食べ残される料理の量は韓国全土ですさまじい規模に達するだろう。

日本的にいえば「無駄」の最たるものだろう。

もちろん、「無駄」は極力なくすほうがいいのは確かだが、見栄を重んじる韓国の習慣がガラリと変わるともなかなか思えない。

(文=康 熙奉〔カン・ヒボン〕)

-ロコレ-

*まだまだシリーズは続きます。




ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆11月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
イトーヨーカドー
line
 ロフト
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line