FC2ブログ

ペ・ヨンジュン 過去への旅路 3・4

2016’05.24・Tue

ペ・ヨンジュン 過去への旅路 3・4

20041119020267.jpg

第3回 『愛の挨拶』の主役に決定

大学受験に失敗したあと、「俳優になりたい」という明確な目標を持ったペ・ヨンジュン。
映画会社のスタッフとして映画制作の現場で経験を積んだり、演技学校に入って一から基礎を学んだりして、来るべき日に備えた。

映画の現場を経験

ペ・ヨンジュンの脳裏にいつも残っていたのは、映画会社にいるときに、もっと果敢にチャレンジすべきだったという思いだった。

彼が合同映画社に入ったとき、当初は事務の仕事ばかりさせられた。
撮影現場で経験を積みたかったのに、なかなか機会がなかった。
自分がやりたいことを積極的にアピールできなかったペ・ヨンジュン自身にも問題があったことは確かだ。

しかし、わずかなチャンスはあった。
あるとき、「無線機を持って現場に来い!」という指示を受けた。

待望の撮影現場で働けるという事実に心ときめかせたペ・ヨンジュン。
彼はソン・チャンミンとシム・ヘジンが主演した映画『愛したい女、結婚したい女』の撮影現場に向かった。
そこで、ロケに備えて通行車両を整理するのが与えられた役目だった。

なんでも一生懸命に取り組むペ・ヨンジュンだけに、無我夢中で仕事をこなしていたのだが、やはり撮影のほうが気になる。
しかも、撮影が佳境に入ってくると、つい俳優たちの動きに気を取られてしまった。

結果的に、通行車両の整理に支障をきたし、撮影は何度かNGになった。
当然ながら撮影スタッフからどなられ、こっぴどくおこられた。

それでも、ペ・ヨンジュンはちょっぴり幸せな気分だった。
テレビや映画でしか見たことがない有名な俳優たちに挨拶することができて、なんだか俳優の世界にちょっぴり足を踏み入れた気持ちになれた。

不可能を可能にする職場

同じ映画の地方ロケに同行できたことも幸いだった。

季節は冬だった。
寒さの中での長時間ロケは苦労の連続だった。
裏方に徹していたペ・ヨンジュンは「休憩時のコーヒーを用意しろ」という厳命を受けた。
しかし、人通りのない場所で店も自販機もない。

「どこで温かいコーヒーを調達すればいいのか……」

ペ・ヨンジュンは戸惑った。
いくら走っても店がない。
途方にくれているときに、ポツリと民家が目に入った。
もう手段を選んでいる場合ではなかった。

その民家に駆け込んでペ・ヨンジュンは言った。

「映画の撮影に来ているのですが、みんな寒さでふるえています。申し訳ありませんが、コーヒーを頂戴できませんか」

突然の珍客に家の主婦は驚いたが、そのときのペ・ヨンジュンの姿をあまりに哀れに思ったようで、冷たく断るようなことをしなかった。

ペ・ヨンジュンはヤカンにたくさん入ったコーヒーを持って撮影現場に戻った。
大歓迎を受けたことは言うまでもない。

様々な出来事を通して、ペ・ヨンジュンは撮影現場で逞しさを少しずつ身につけていった。

なにしろ、撮影現場というのは、ある意味では軍隊と似ていた。
「できなくても、できるようにしろ」という鉄則が生きていて、絶対に口にしてはいけないのが「不可能」という言葉だった。

「映画会社の制作部の仕事をしていた経験は、その後も大きな助けになりました」

ペ・ヨンジュンがそう断言するほど、撮影現場での経験は貴重だった。

運命のオーディション

20041119020272.jpg

ペ・ヨンジュンは、早めに映画会社をやめてしまった。
それは、専門の学校で演技を本格的に勉強するためだった。
その目的は正しかったのだが、せっかく入った演技学校がつぶれてしまい、行き場を失ってしまったのも事実だった。

その後は独学で演技を学んだが、それにも限界があった。

そんな切羽詰まったときにたまたま見たのがドラマ『愛の挨拶』のオーディションの告知だった。
ペ・ヨンジュン自身は、「まだまだその段階ではない」と自覚していた。
万事に慎重で、よほど自信がないと前に踏み出せないのである。

今回も時期尚早と判断して受けるのをやめようと思ったのだが、どうしてもあきらめきれない部分があった。

「落ちることも経験だ。一応受けてみよう」

そう思い直して、オーディションの受験を決意した。
それだけでもペ・ヨンジュンにとっては大変な決断だった。

オーディションの当日、ペ・ヨンジュンの心は震えっぱなしだった。
こんなに緊張したことはなかった。
しかも、オーディションは延々8時間もかかり、終わったときは一歩も動けないほど疲れ果てていた。

それなのに、次の瞬間には飛び上がっている自分がいた。
なんと、その場で合格が決定したのである。

それも主役だ。
ペ・ヨンジュンが、自分の人生に起こった奇跡を一つあげろと問われれば、かならず「『愛の挨拶』のオーディションの合格」と答えるのも無理はなかった。
合格した本人が一番驚くほどだった。

歌ったのは『釜山港に帰れ』

ドラマ『愛の挨拶』のPD(プロデューサーを兼ねた監督)は二人いて、その名はユン・ソクホとチョン・ギサン。
二人ともペ・ヨンジュンを育てた恩人である。
そして、ペ・ヨンジュンに直接「合格!」を伝えたのはチョン・ギサンだった。

彼は、まだ半信半疑のペ・ヨンジュンに言った。

「今日、これから合格者たちと祝賀会をやるから、君もかならず参加するように!」

オーディションを受ける前と後でペ・ヨンジュンの人生は一変した。
彼はすでにテレビドラマを作る側の人間に変わっていた。

一旦、家に戻ってペ・ヨンジュンは母に合格を報告した。
母も、このうえなく喜んでくれた。
それから、ペ・ヨンジュンは指定された会場に向かって、派手な酒盛りに加わった。
彼がその宴会で歌った歌は『釜山港へ帰れ』だった。
この選曲には参加者から爆笑が起こった。
20代初めの若者が選ぶ歌とはとうてい思えなかったからだ。

ペ・ヨンジュンは興奮し、我を忘れ、大いにはしゃいだ。

「念願の俳優になれる!」

ペ・ヨンジュンはすっかり有頂天になっていた。

1994年の秋、いよいよ『愛の挨拶』の撮影が始まったが、ペ・ヨンジュンは渡された台本を何度も何度も読みこなし、これ以上は無理と言えるほどセリフを頭の中に覚えこませた。

それでも、心はドキドキするばかりであった。
自分では完璧にセリフを暗記したつもりなのに、言葉の一つずつが頭の中でバラバラになってしまうかのような感覚にとらわれていた。

まさに重圧でからだが押しつぶされてしまうようでもあった。



第4回 『愛の挨拶』で衝撃のデビュー

2041119s2337080.jpg

ペ・ヨンジュンは1994年、ドラマ『愛の挨拶』の初めての撮影に臨んだ。
そのシーンは、降り注ぐ雨の中で傘を持って相手役のソン・ヒョナを待っているという場面設定だった。
このドラマは、チョン・ギサンとユン・ソクホの共同監督体制だったが、このときはユン・ソクホの演出だった。

ユン・ソクホ監督の怒り

撮影が始まった。

消防車2台を使って雨を降らせ、ペ・ヨンジュンの出番となった。

しかし、肝心な場面で彼はセリフをなめらかに言うことができなかった。
一生懸命だったが、あまりに緊張しすぎて、NGを連発してしまった。
時間ばかりが無駄に過ぎ、スタッフのイライラが募った。
しかも、消防車の水にも限りがあった。

ついに、ユン・ソクホの怒りが爆発した。

「お前みたいな奴がなんでこの世界に入ってきて、ドラマをぶち壊すんだ!」

普段は温厚なユン・ソクホが烈火のごとく怒ったので、撮影現場はまるで凍りついたような雰囲気になった。

大切な撮影現場を混乱させてしまい、ペ・ヨンジュンは本当に恥ずかしくて仕方がなかった。

結局、撮影スタッフの冷たい目にさらされながら、ペ・ヨンジュンは初めての出番を終えた。
わずかなシーンに5時間もかかる有様だった。

このときほど、ペ・ヨンジュンは自責の念にかられたことはなかった。
自分一人のせいで大勢の人に迷惑をかけてしまったという思いは決して消えなかった。

演技の成長を認められた

I-1D.jpg
ドラマ『愛の挨拶』で主役を務めたペ・ヨンジュン

ペ・ヨンジュンにしてみれば、「残るも地獄、去るも地獄」という心境だった。
ならば、どんなに嘲笑を浴びても最後まで最善を尽くすしか道はない。

もう、死に物狂いだった。

起きているときは常にペ・ヨンジュンの手に台本があった。
自分ではセリフを完璧に覚えたと思えたが、それはあくまでも「つもり」にすぎなかった。
単に頭の中にセリフを詰め込むのではなく、その場の感情をよく把握したうえでセリフを正確に言うことに専念した。
機械的でなく、理性的にセリフを覚える必要性に気がついたのだ。

成果は着実に現れた。
3回目の撮影のとき、ユン・ソクホが声をかけてくれた。

「どこかで専門的に演技を勉強したのか?」

短い言葉だったが、まるで演技の成長を認めてくれるかのような発言だった。

このときのうれしさといったら格別だった。

「なんでも一生懸命にやればできるんだ」

そう自覚できたのは収穫だった。
以後、ペ・ヨンジュンの座右の銘は「いつでも最善を尽くす」になった。

ペ・ヨンジュンの俳優としての成長はめざましかった。
多少は演技の勉強をしたとはいえズブの素人に近かったペ・ヨンジュンは、『愛の挨拶』の撮影を通して少しずつ安定した演技を見せるようになった。

そんな中で、九死に一生を得る出来事があった。
あやうく溺死しそうになってしまったのだ。

撮影中に溺れる

I-2D.jpg
ドラマ『愛の挨拶』の一場面

ときは真冬だった。
相手役の女優が川に靴を投げ入れたら、それを取りにいくという設定だった。

確かに真冬の川では危険なシーンなのだが、ペ・ヨンジュンは果敢に挑戦しようとした。
しかも、彼は水泳に自信があった。

けれど、女優が投げた靴が意外と遠くまで飛んでしまったことが誤算だった。
ペ・ヨンジュンはすぐに川に飛び込んで取りに行ったが、ジーパンをはいていたこともあって次第に身動きができなくなり、不覚にも溺れてしまった。
けれど、カメラは回っている。
必死に演技もしなくてはならない。
さすがのタフガイも水を大量に飲んで苦しかった。

ようやく助け出されたとき、ペ・ヨンジュンは震えながら言った。

「本当に死ぬところでした」

それを聞いたチョン・ギサンは「確かに、お前は本当に死ぬ思いだったことだろう」と軽く言葉を返してくるだけだった。

監督からすれば、おかげで迫真のシーンを撮れたという思いだったのかも。
ペ・ヨンジュンにしてみれば散々な出来事だったが、同時に現場の厳しさも思い知らされた。

一方、『愛の挨拶』は放送を重ねる度に評判となり、ペ・ヨンジュンの経歴を知りたいという問い合わせがKBSに殺到するようになった。
また、ドラマのロケがひんぱんに行なわれるソウルの弘益(ホンイク)大学の周辺には、ペ・ヨンジュンを一目見ようと大勢のファンが集まり、撮影時はいつも人だかりができた。

「すごく震えます。僕のことを知りたいと思う人がいて、ファンレターまでたくさんいただくのですから……」

ペ・ヨンジュンはそう言って感激を新たにした。

春風のような美男子

マスコミの評判もよく、新しいスターとしてペ・ヨンジュンは好意的に韓国の芸能界に迎えられた。

たとえば、日刊紙のイルガン・スポーツは新人のペ・ヨンジュンを次のように論評している。

「KBSのドラマ『愛の挨拶』に登場するペ・ヨンジュンは、黒ぶちメガネをかけながら爽やかな微笑を見せ、少女たちの心を春風のようにときめかせる美男子だ。

180センチの長身で体重は68キロ。若干やせた体型であるが、弱いイメージはなく、ボディービルディングで鍛えた堂々たる肉体を服の中に隠している。

ドラマの中で大学1年生のヨンミン役として登場するペ・ヨンジュンは、同じ学科の女子大生(ソン・ヒョナ)のことを好きになりながらも、言葉一つ発することができない内向的な演技を見せる。

それがまた、女性たちの母性本能を刺激している。

他の男と言葉を交わす愛する女性の姿を、遠いところからじっと見つめている彼の純粋な眼の動きが印象的だ。
感受性が鋭く純粋な男性であるヨンミンは、ペ・ヨンジュンの実際の姿とも本当に似ている。

もともと内向的な性格のペ・ヨンジュンは、自分が出演するドラマについては直接顔を上げて見ることもできないそうだ」

まさに、ペ・ヨンジュンはデビュー作で一気にスターダムにのぼった。
その登場はあまりに新鮮で衝撃的だった。

-愛してる韓国ドラマK-POP-




ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2

theme : 韓国エンタメ
genre : アイドル・芸能

line
line

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆7月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
イトーヨーカドー
line
 ロフト
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line