FC2ブログ

韓流ドラマのキーワードは「中国」?

2016’05.25・Wed

2016年、韓流ドラマのキーワードは「中国」!?

冬ソナから13年、どえらいブームがきたかと思えば、政治情勢の影響を受けて沈み込まされたり…そんな紆余曲折を経ても、サブカルチャーとして脈々と存在し続ける韓国ドラマ。
気になる2016年の現状を韓国エンターテインメント・ナビゲーターの田代親世さんに分析してもらいました。

「今の韓国ドラマのキーワードは『中国』です。以前は日本のドラマのリメークオンリーだったのが、最近は中国ドラマのリメーク、合作、俳優や制作者、コメディアンの中国進出もあるほどです。

 中国では吹き替えでやってくれるので、わざわざ中国語をしゃべらなくていいし、台本も作品も事前に検閲を受けなければいけないので、事前制作(放送前にすべて撮影が終わっていること)は俳優にとっての負担が少ないのも大きなメリットです」

 また、長年の韓流ファンにはたまらないこんな魅力もあるという。

「かつて私たちが好きになった韓流スターたちが、ここにきて悪役、汚れ役で確実に演技の幅を広げています。たとえば『ヨンパリ』のチョ・ヒョンジェ、『華政』のキム・ジェウォン、キム・レウォンは『パンチ』やイ・ミンホと共演した映画『江南ブルース』でも卑劣な役を好演しました。

 皇太子役で日本女性をメロメロにしたチュ・ジフンも、18禁の映画『背徳の王宮』で王の側近を体当たりで演じ、30代の半ばに差し掛かり、役者としての新しい面を出してきています」

 とはいえ韓国人には兵役問題があり、特に人気商売の芸能人にとって、それを乗り越えるのは至難の業だ。

「昔ほど芸能人が兵役に行くことを恐れなくなったと感じています。『日本のファンは義理固くて一途に長く応援してくれる』とみなさん一様に言うように、日本人の一途な愛こそが、その理由だと思うんです。ファンとしては応援のしがいがありますよね。

 たとえスキャンダルがあっても、日本人ファンの一途さは変わらない。日本人ファンは俳優が何をしようとわりと柔軟に受け入れます。反省して許してくれって言われたら許しちゃう。その愛と寛容さで長いおつきあいができるのだと思います」

※女性セブン2016年6月2日号

-NEWS ポストセブン-




ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆11月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
イトーヨーカドー
line
 ロフト
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line