FC2ブログ

韓国をよく知るためのQ&A (生活編)

2016’08.21・Sun

韓国をよく知るためのQ&A (生活編)

DSCF7666.jpg

Q/韓国では食器を洗うときにゴム手袋をする人が多いのはなぜですか。

A/ゴム手袋は韓国の家庭に欠かせない台所用品です。
なぜ欠かせないのか。
それはキムチと深い関係があります。

韓国には、冬が始まる前にキムチを貯蔵用の甕(かめ)に漬け込む「キムジャン」という風習があります。
野菜の栽培が難しい冬になる前に、白菜をキムチとして大量に漬け込み保存食にして、その年の冬はもちろん、来年の「キムジャン」の季節まで家族で食べるのです。

この「キムジャン」は、各家庭で味付けが違いますが、粉唐辛子、おろしにんにく、おろし生姜、いかの塩辛など、多くの刺激物を味付けに含みます。
そこで韓国のアジュンマ(おばさん)たちは、自分たちの手を守るためにゴム手袋をするのです。
このゴム手袋はなかなかのすぐれもので、そで口のところがギャザーになっていて、ずり落ちたり中に水が入らないようになっています。
せっかく家にゴム手袋があるのだから、洗い物をするときも使っているのでしょう。

ちなみに韓国の家庭で料理をする際は、ソンマッ(「手の味」という意味)が重視されるので、アジュンマたちはゴム手袋をせずに、今までの味がしみこんだ素手で料理をします。

Q/ドラマで主人公がよくペントハウスに住んでいます。実際も多いのですか。

A/日本ではあまり見かけませんが、韓国では建物の屋上に位置する「屋根部屋」と呼ばれる部屋が存在します。

これは建物を建てるときからあるのではなく、増築のような形であとから作られることがほとんどです。

日本の場合、子どもが大きくなったときに勉強部屋として家の屋上にプレハブを建てることがありますが、韓国で屋根部屋が作られる理由は家賃収入を得るためです。

そして、建物の住人と屋根部屋に住む人のお互いのプライバシーを守るため、屋根部屋へ向かう階段は外に付けられることが多く、夏の暑い日、冬の寒い日、雨の日にはとても不便です。
そのために、他の賃貸部屋に比べ家賃は安く、学生や収入の少ない人たちに人気があります。

高台にあり見晴らしの良い屋根部屋は、家賃が高くても良さそうなものです。
しかし、韓国はソウルのように大都市でも坂が多く、「低い位置には飲食店などの繁華街、高い位置には閑静な住宅街」という形で街が広がっているため、見晴らしのいい位置に住むことはそれほど難しくありません。

さらに、韓国では高層マンションが林立していて、一般的な収入レベルの人でも見晴らしの良い眺めを得ることができるのです。

以上の理由からも、韓国では「屋根部屋=家賃の安い部屋」というイメージが定着していて、「屋根部屋のネコ」や「美しき日々」など、若くて貧しい登場人物が住む場所としてドラマでもよく使われているのです。

Q/韓国の家にはあまり押し入れがないようなのですが……。

A/韓国の家に行くとよくわかりますが、家には押し入れはほとんどありません。
そのために、畳んだ布団はだいたいタンスの上に置いたり部屋の隅に並べて置いておいたりします。
韓国の家に押し入れがないのは、オンドルと大いに関係があります。
このオンドルは床暖房のことですが、韓国ではどの部屋もオンドルでまんべんなく暖かくしますから、押し入れがあると効率が悪いのです。
それだったら押し入れを潰して、そこも部屋にしたほうが広く暖かく使えるというわけです。
布団などは部屋の隅に置いておけばいいわけで、そのほうが布団も温まります。

韓国はやっぱり寒いので、冬をどう暖かく過ごすかということに家の設計の重点が置かれています。
そのあたりは、夏に涼しく過ごすことに重点が置かれた日本家屋との違いです。
ちなみに、韓国の平均的な家の間取りを紹介しますと、まず玄関を開けて入ったらそこが広い居間になっています。
韓国では法事が多く大勢の人が集まる機会が増えるので、居間は非常に広く取ってあります。
その居間に隣接する形で家族それぞれの部屋が直接くっついていて、廊下でつなげるようなことはあまりしません。
それぞれの部屋からすぐ居間に入れるようになっているのが大きな特徴です。
これも、人が集まりやすいように配慮された結果でしょう。

Q/韓国ドラマでは、お風呂のシーンが少ないように思いますがなぜ?

A/たしかにお風呂のシーンは少ないですね。
それには、いくつかの理由があります。

昔から韓国では、日本のようにお風呂にひんぱんに入る習慣がありませんでした。
日本の場合は湿気が多くお風呂で汗を流すことが必要でしたが、韓国は大陸性気候でむしろ乾燥していて汗もそれほど出ません。
そんなこともあって、一週間のうちに何回か軽く水を浴びる程度で、湯船にじっくりつかるということもしません。

それは今も同じで、シャワーを浴びることはあっても、わざわざ湯にはつかりません。
もしそうしたいときは、サウナに行って温まります。
また、儒教的な道徳観が徹底している韓国では、人にむやみに肌を見せるというのはよくありません。
しかも、テレビドラマ自体が肌の露出を制限する傾向があるので、お風呂のシーンがほとんどないのです。

ただし、日本と違って韓国にはアカスリの伝統があります。
どの家庭でも家族同士でアカスリをやりあうことが1カ月に何回もあります。
アカスリはからだのアカを落とすとともに、血液の流れをよくする効果があり、韓国人なら小さい頃からなじみがあります。

ちなみに、アカスリをするときに使うタオルを特に「イタリアタオル」と呼んでいました。
なぜイタリアなのか。
別にそのタオルをイタリアから輸入していたわけではありません。
古代ローマは共同浴場があったことでも有名ですが、そんなイメージから「イタリアタオル」という名前が生まれたようです。
どこか舶来品のような雰囲気を味わいたかったのかもしれません。

Q/寒い冬でも薄い布団で寝ている人が多いようです。寒くはないんですか。

A/日本で和室といえば畳の部屋ですが、韓国で伝統的なのはオンドル部屋です。
これは、完全な床暖房になっています。
韓国の冬は寒いので、生活の知恵で床暖房が普及したのです。
ポカポカして暖かく、フトンは薄くても寒くはありません。
日本のように、フトンを何枚も重ねたりしないのです。
オンドル部屋の床は固いのですが、生まれたときからそこで寝ているので韓国の人はみんな慣れています。

けれど、日本人ならオンドル部屋は床が固く感じて慣れないかもしれません。
また、最近の韓国ではオンドル部屋にベッドを置いて寝るケースも増えてきました。
そんなベッドに電気マットを敷いたりしていますから、本当にポカポカです。

(文=「ロコレ」編集部)

-愛してる韓国ドラマK-POP-




ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆12月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
イトーヨーカドー
line
 ロフト
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line