FC2ブログ

検証リポート!韓国芸能界の真実 1

2016’09.09・Fri

マネージャーは誰のために働くのか?

HN1IDHPpodidem_1458693930_1.jpg

所属事務所よりマネージャー

『冬のソナタ』の演出で有名なユン・ソクホ監督を取材したときの話である。
ひととおりのインタビューが終わって雑談に移ったとき、彼はこう切り出した。

「韓国の芸能界では、マネージャーが問題ですね。担当する芸能人にメディアから取材依頼が来ても、面倒に思う人が多いのか、断ってしまうんですよ」

この話を聞いて、すぐに合点がいった。

ユン・ソクホ監督が指摘するような事態を多く経験していたからだ。

芸能人のマネージャーというと、日本では付き人に毛が生えた存在、という印象がある。
タレントの仕事は所属事務所が仕切っていて、マネージャーは現場でスケジュールを管理する役割に徹することが多いのでは……。

韓国の場合は事情が変わる。
所属事務所よりマネージャーのほうが実権を握っている例がよくある。

たとえば、ある著名な俳優にインタビューをしたいと希望する。
所属事務所に連絡を取ると、「ウチでは決められないから、直接マネージャーに連絡して」と言われたりする。
しかも、その場でマネージャーの携帯電話の番号を教えてくれる。

すかさずマネージャーに電話をする。
ここからが難儀する。

一応は話を聞いてくれるけれど、答えをすぐに出さない。
「また電話をしてくれ」と言われる。
そうやって何度も電話をするのだが、はぐらかされた上に最後は「難しい」の一言で断られる。
そんなことがよくあった。

早い段階で断ってくれれば、他の俳優に人選を変えることができたのに、ギリギリまで待たされて最後に結局はダメを出される。
泣くに泣けない、という気持ちだ。

芸能界は人間関係が命

still1-1-33.jpg
『冬のソナタ』を撮影中のユン・ソクホ監督

ユン・ソクホ監督が指摘した「マネージャーの問題」。
これは、濃密な人間関係を重視する韓国社会とも大きく関連している。

つまり、所属事務所の組織的な管理・運営より、芸能人とマネージャーの密接な関係が優先されるのが韓国芸能界の通例なのである。

その結果、どういうことが起きるのか。

マネージャーは芸能人の成功よりも自分の利益を先に考えるようになる。
わかりやすく言えば、マネージャーは取材依頼を値踏みしたうえで、面倒くさいものは切り捨ててしまうのである。
たとえ、自分が担当する芸能人の広報・宣伝に効果があると思えるものまでも……。

その点でメディア側は割りを食う。
そうなると、他の方法を考えるようになる。
芸能界の様々なツテを頼り、マネージャーに影響力を行使できるような人物を探して、そのルートから改めて依頼するのである。
このほうが、お目当ての芸能人を取材できる確率がずっと高かった。

情実が仕事の成否を分ける、というのは、序列意識に基づく儒教的な人間関係を重視する韓国社会ではよくあることだが、とりわけ芸能界はその傾向が強い。
その立場をうまく使っているのが、芸能人のマネージャーというわけだ。

しかし、弊害も多い。
マネージャーの効果的な支援を受けられずに消えていった芸能人も数多いことだろう。

マネージャーは担当する芸能人の成功のために最善を尽くすべきだ。
それが、自分の仕事の本分なのである。

(文=「ロコレ」編集部)





ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆12月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
イトーヨーカドー
line
 ロフト
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line