FC2ブログ

2009年 ペ・ヨンジュン

2016’12.15・Thu

ペ・ヨンジュン‘韓美旅’書評殺到
배용준 ‘한아여’ 서평 쇄도
2009-11-02 ニュースエン

ペ・ヨンジュン‘韓美旅’書評殺到‘あまりにもありふれていて大切さを知らなかった私たちの文化再発見’

200911020832121001_1.jpg

韓流スターペ・ヨンジュンの旅行エッセイ'韓国の美をたどる旅-ペ・ヨンジュン'(以下韓美旅)に対する読者の反応が熱い。

9月末に'韓美旅'が出版されて1ヶ月が過ぎた現在書店街のレビュー欄とブログには本を読んだ読者の高い評価があふれているなかで、書評の内容が単純な称賛でなく本についての綿密な分析と作家ペ・ヨンジュンに対する賛評が主になっていて目を引く。

特に読者は自分たちがそこまで関心を持てなかった韓国の文化と伝統を本を通じて知ることになったと作家ペ・ヨンジュンに感謝を表わしている。
長い間ペ・ヨンジュンが韓国の伝統を学び体験した努力が本を通じて余すところなく伝えられているという評価だ。

'自分が持ったタレントを実に珍しいが使ったようだ。あまりにもありふれていてその大切さをそこまで知らなかった、あるいは古くさくて詳しく知ろうとさえしなかった私たちの文化を自然に分かるようにしてくれてありがたさを感じさせた彼に感謝したい。'

'本を3回読んだ。大部分の本がそうであるように読めば読むほど著者が何の話をしたいのか、なぜこの本を書いたのか明確に迫ってくる。本を出したきっかけはある記者の質問に明快に答えられなかった恥ずかしさだったが、すでにペ・ヨンジュンは多様な私たちの文化を楽しんでいた。' - 教保文庫書評中

'著者の経験を通じて伝える韓屋の全ては私が幼い頃感じたことを体系的に整理してくれるような雰囲気だ(だから私が韓屋を懐かしく思うのか - という気さえする)。著者は'この本が韓国文化を代表する本では決してない、むしろ間違って伝えられるかもしれないという恐れもある'と書いているがテーマ別に構成された様々なものを読み続けてみたら我が国の美しい伝統を教え、誤らないように著者が如何に多くの時間をかけて努力したかを感じるには充分だ。'

'本を読んでみたら作家ペ・ヨンジュンという人が相当な知識家ということを知ることになるだろう。この本を書こうと相当量の[韓国文化に関する本]を読んだことがありありと目に浮かぶ。私たちが知らなかった語源と事実など実用的な内容もたくさん収められている。韓国文化に対するとてつもない自負心も持っているということを知ることになるだろう。' -イエス24書評中

'この本、思ったより私の心をどきどきさせる。'ただどこどこへ行ってみたらどんなものが本当に良かった。'という話でなく、私たちの姿にこんなものもあったんだなと気づくことができた、この本に登場した匠の姿を見て私も学びたいという情熱が感じられたりもした。ひとまず一番韓国的なものを理解して学んで視野を広めていきたい。'

'韓国人なら一回ぐらいは必ず読んでおけば良い本。私たちの文化を知らせるのに本当にやせるほど熱心に本を出版したペ・ヨンジュンに尊敬心を感じるほどだ。政治家がしなければならなかったことをこのようにヨン様の力でやり遂げた彼に拍手を送りたい。本当に完ぺきな本だった。' -インターパーク書評中

一方出版社側は"'韓美旅'と関連して'良い本を発刊してくれてありがとう'という内容のメールと電話が連日殺到している"と伝えた。
関係者は"'家族全員が一緒に見るのに良い本だ'、'外国の友人のために良いプレゼントになるようでうれしい'と空港から電話をくれる読者もいる、'秋の旅行を控えて良い本を発見したみたいでうれしい'という内容のメールと電話もほとんど毎日かかってきている"と伝えた。

- BYJ's History -



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆11月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
イトーヨーカドー
line
 ロフト
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line