FC2ブログ

韓国ドラマの悪女はなぜ冷酷なのか

2016’12.20・Tue

韓国ドラマに出てくる悪女はなぜあんなに冷酷なのか

日本のドラマを見ると、あまりにいい人が出すぎるようだ。
ほのぼのとしたドラマにはなるが、インパクトに欠けるきらいがある。
その点、韓国のドラマにはワルがたくさん出てくる。
しかも、悪女の冷酷さは身震いがするほどだ。

NtkoiMXZCFa7wLC1481852969_1.jpg

序列を崩すのが悪女

韓国は典型的な序列社会で、みんなが自分の序列を確認しながら対人関係を保っている。
それは窮屈なことであり、息が詰まることなのだ。
しかし、韓国で住む以上は、序列の遵守が必要不可欠となる。
そこが、ドラマの付け目である。
つまり、序列を覆すことが意外性につながり、ドラマをグッと面白くする。
現実社会では序列に苦しみながら、ドラマを見るときは、序列の崩壊を視聴者は楽しむ……この落差が快感なのである。
しかも、序列を覆す典型的な存在が悪女だ。
彼女たちは嘘をつき、人を陥れ、自分の利益に固執する。
そこには、序列の遵守という気持ちなどカケラもない。

「怖いもの見たさ」を増幅

韓国ドラマに登場する悪女が一番冷酷になるのが、血がつながっていない身内への仕打ちである。
たとえば、夫が死んだときに夫の連れ子を文無しにして追い出す、なんて当たり前。
自分がお腹を痛めて産んだ子供を守るためなら、「義」がつく親、兄弟、子供を徹底的に排除する。
そんな場面を描いた韓国ドラマを今まで数多く見てきた。
「こんなひどい女がいるか」
ドラマの話なのに、視聴者はあまりに感情移入しすぎて、架空の悪女を現実の存在のように錯覚してしまう。
そうなると、ドラマの人気はグッと上がってくる。
韓国ドラマが執拗に悪女を登場させるのは、情にもろい韓国の視聴者たちの感情を逆撫でにして、「怖いもの見たさ」を増幅させるからである。

歴史で言えば文定王后の実例

血がつながっていない身内に冷酷、と言えば、歴史的に文定(ムンジョン)王后を思い出す。
彼女は11代王・中宗(チュンジョン)の三番目の正室だった女性だ。
二番目の正室は中宗の長男を産んだ直後に亡くなったが、後に王妃となった文定王后は、自分が産んだ中宗の二男を王にするために、血がつながっていない長男の殺害を執拗に狙った。
それは成功せず、中宗が1544年に世を去ったあとに長男が12代王・仁宗(インジョン)となった。
それでも文定王后は諦めなかった。
仁宗は即位して8カ月目に急死したが、文定王后によって毒殺されたと言われている。
げに恐ろしき文定王后。
たとえ国王であろうと、血がつながっていない息子を冷酷に毒殺する……彼女のような悪女がどんどん出てくるのが、現代の韓国ドラマのツボと言えるかもしれない。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

-愛してる韓国ドラマK-POP-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆12月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
イトーヨーカドー
line
 ロフト
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line