FC2ブログ

「冬ソナ」ユン監督の純真

2016’12.21・Wed

「冬ソナ」初恋の純真を描いたユン監督の純真

空前の大ヒットを生んだ、駆け出し脚本家とナミソムの雪

fb.jpg

p2_201612211818048d0.jpg
日本中の女性を虜にした韓国ドラマ『冬のソナタ』。それは日本と韓国の関係をも変えた

 2002年、サッカーW杯は日韓共催となった。
結果は、韓国が4位、日本はベスト16だったが、日韓の間の目には見えないカベが埋まったとは言いがたい。
日本側は、自国のチームが激しくブーイングされることに驚き、傷ついた。
そんな2国間のカベを軽々と飛び越えたのが、冬ソナこと『冬のソナタ』だった。

 冬ソナとは、チュンサン(ペ・ヨンジュン)とユジン(チェ・ジウ)による、純愛物語だ。

 チュンサンとユジンの出会いは高校時代。
通学バスのなかでのことだった。
交際を始めるが、クリスマスの夜にチュンサンは交通事故に遭ってしまう。
ユジンは初恋の人に、永遠の別れを告げることになる。
それから10年ほどが過ぎ、傷心が癒え始めたユジンは幼なじみと婚約。
ところがユジンの前に、チュンサンそっくりの男・ミニョンが現れる。心揺れるユジン。
実は、ミニョンは高校時代の記憶を失ったチュンサンその人だった――。

 そのドラマが2003年4月に日本でも放送されると、あれよあれよという間に大ヒット。
ヨン様ブームが燃え上がり、ふたりの恋が始まった、ナミソムという島にあるメタセコイアの並木道には、日本からも多くの冬ソナファンが殺到した。

「純粋さ、美しさ、温かさ」を追い求めて

 このメタセコイアの並木道で恋を芽生えさせることにこだわったのは、ユン・ソクホ監督だ。
この島は、高校時代にデートをした思い出の地。そこを重要な舞台とし「誰もが共感できる初恋の物語をつくるため、ゆずれないものとして、純粋さ、美しさ、温かさ、その3つだけを求めていた」という。

p1_20161221181803320.jpg
冬ソナ誕生の舞台裏には、監督による3つの決断があったという

 しかし、人間の記憶は日々、上書きされていく。
大人になった誰もが初恋のその、純粋さ・美しさ・温かさをみずみずしく表現できるわけではないだろう。

そこで起用されたのが二人の駆け出し脚本家、キム・ウンヒとユン・ウンギョンだった。
彼女たちは2人でひとつの作品を書くユニット脚本家。
彼女たちは当時、大学生だった。
脚本の勉強をしていたとはいえ、本格的な作品作りに関わったことはなかった。

p3_20161221182401fb1.jpg
突如選ばれた新人脚本家コンビは、いかにして名言の数々を生んだのか

荒れた思い出の地を白く染めて

 しかし、ユン監督は彼女たちに白羽の矢を立てる。
彼女たちが企画書の冒頭にある詩の一節を引用していたからだ。

「私の初恋が、また私を呼んだらどうすればいいですか?」

 それを見て、自分と似た感性を持っていると直感した。
そして、彼女たちの「死んだと思った初恋の人に似た人が、実は本人だったりして」という、アイデアが、そのまま採用されることになる。

 ユン監督の直感は的中。
彼女たちの書くセリフは細部にまで美しさが宿っていた。
冬ソナのおかげで「サランヘヨ(愛しています)」という言葉を覚えた人もいるだろうが、実際のセリフは「サランハムニダ」。
文語的表現を選び、美しさを際立たせた。
そのセリフが発せられたとき、インターネットのサーバーが落ちたという逸話もある。

 ユン監督の思い出の地ナミソムでは、ドラマを見ていた人にはおなじみの「雪だるまを前にしたファーストキスのシーン」も撮影されている。
実は当時のナミソムは、ユン監督の高校時代とは一変し、人が寄りつかないほど荒れていた。

 ところがその荒廃を覆い隠すような雪が降った。
急遽、ユン監督は、夜だった予定を朝に変更。
そしてキスシーンを撮影する。

 「僕にとって雪の白さこそが、初恋の純粋さを表現する色だったんです」

 そう話すユン監督は、当時独身。
結婚していてもおかしくない年齢だったが、冬ソナで大学教授役を演じた俳優チョン・ドンファンによると彼は「心配だから」、結婚せずにいた。
何が心配かというと、「結婚に至るまでの恋愛の過程を経験してしまい、その前の純粋な感情がなくなってしまうこと」だ。

p4_20161221182402ec0.jpg
出演者が語る、冬ソナに人生をかけた監督の大決断とは
 
ただ、ユン監督は今から5年前に結婚している。
それまで独身だった理由を尋ねてみると「そうじゃありませんよ」という。
続いて明かされる本当の理由は、“純粋な感情を失わずにいること”よりも難易度が高いようにも感じられるものだった。

 冬ソナブームを取り上げた『アナザーストーリーズ』は12月21日水曜21時から、NHKBSプレミアムで。
冬ソナに救われた人々のエピソードや、ブームへの扉を開けた金大中大統領の決断など、マルチアングルでその“実像”に迫る。


p5.jpg
冬ソナブームをいちばん喜んだのは、実は当時の韓国大統領 金大中だった。文化改革を背負った冬ソナの知られざるドラマとは

(一部敬称略)

-日経ビジネス-




ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆11月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
イトーヨーカドー
line
 ロフト
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line