FC2ブログ

なぜ王の子供が減ったのか

2017’02.06・Mon

朝鮮王朝の後期になぜ王の子供が減ったのか

朝鮮王朝時代の27人の王の平均寿命は、46歳である。
贅沢な食事をとって栄養がたっぷりだった割には、平均寿命がそれほど長くない。
やはり激務が応えたとしか言いようがない。

kj9B1rHx_vhirIk1486021602_1.jpg王の子供の数の比較

朝鮮王朝時代には、前期より後期になると、王の子供がどんどん少なくなる傾向があった。
27人の王を比較してみると、前半の14代王・宣祖(ソンジョ)までは王の子供が178人いたのに対し、15代王の光海君(クァンヘグン)以降は全部で57人と激減している。
王の子供が少なくなったあおりで、王の遠縁の者まで後継者候補に名を連ねるようになり、跡継ぎ問題は何度も混迷した。
それが不安定な治世に結びついてしまったことも否めない。

名君は子だくさん

なぜ朝鮮王朝時代の後期に王の子供が減ったのか。
直接的な理由は、側室が減ったことが影響したと思われる。
実際、朝鮮王朝の前期には王が10人ほどの側室を持つのが当たり前とされた。
王家の後継者を増やすために、王が多くの側室を抱えることが奨励されたのである。
その結果、政治的な業績にすぐれた王にかぎって子供の数がとても多いという現象が起きた。
たとえば、3代王・太宗(テジョン)は29人、4代王・世宗(セジョン)は22人、9代王・成宗(ソンジョン)は28人という子供をもうけていた。
名君の一家は、どこも大変な子だくさんだったのである。

側室が産んだ子供の数

17世紀以降になると、徐々に様子が変わってくる。
特に、儒教の礼論がきびしくなり、王も道徳的な倫理を守ることが求められるようになったのである。
そうした風潮の中で、王が抱える側室はどんどん減っていき、平均して3人ほどになった。
当然ながら、王家に誕生する子供の数も減った。
その事実を数字が裏付ける。
14代王・宣祖までの時代に王の側室は合計で125人の子供を産んでいるが、15代王以降は29人にすぎない。
これほど極端に減ると、「昔のように側室の数を増やせ」という声が起こりそうなものだが、実際はそういうことにならなかった。
一度確立された倫理感は、そう簡単に崩せるものではないのだ。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

-愛してる韓国ドラマK-POP-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆12月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
イトーヨーカドー
line
 ロフト
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line