FC2ブログ

『イニョプの道』に登場する太宗は誰?

2017’05.19・Fri

『イニョプの道』に登場する太宗(テジョン)とは誰か?

朝鮮王朝の3代王・太宗は、初代王・太祖(テジョ/李成桂〔イ・ソンゲ〕)の五男だった。
兄弟同士の骨肉の争いを制して、彼は1400年に朝鮮王朝の3代王として即位し、王朝の基盤を整備した。

IaHH_pXQLlOSw_Q1493947902_1.jpg

異母弟との確執

太祖には8人の息子がいた。
第一夫人の神懿(シンイ)王后から6人の息子、第二夫人の神徳(シンドク)王后から2人の息子が生まれた。
この8人の息子の中で、朝鮮王朝の建国に一番貢献したのが五男の芳遠(パンウォン/後の太宗)であった。

彼は策謀が巧みな武闘派だった。
しかし、太祖は神徳王后との間にできた八男の芳碩(パンソク)を溺愛して、まだ10歳だったのに世子(セジャ/正式な後継者)に指名した。
芳遠は怒った。
実の兄たちならば許せるが、まだ幼い異母弟が世子になることは絶対に容認できなかった。

兄を王に据えた

芳遠が警戒したのが、太祖の側近だった儒学者の鄭道伝(チョン・ドジョン)である。
彼が芳碩の後見人だった。
1398年、芳遠は奇襲攻撃を仕掛けて鄭道伝の命を奪い、続けて芳碩を殺してしまった。
太祖は逆上したが、病床にあったので五男の暴走を止められなかった。

こうして芳遠は朝鮮王朝の最高実力者となり、太祖に譲位をうながして、兄(太祖の二男)の芳果(パングァ)を2代王・定宗(チョンジョン)として即位させた。
しかし、実権は芳遠が握っていた。
つまり、定宗は芳遠の操り人形にすぎなかったのである。
そうした状況の中で、太祖の四男の芳幹(パンガン)が王位に執着して挙兵した。
しかし、彼も芳遠の力に対抗することができず、結局は挙兵に失敗した。
それが1400年のことだった。
乱を平定した芳遠は、定宗を退位させて、満を持して3代王の太宗となった。

一番の強権を持った王

王になった太宗だったが、悩みの種は父である太祖との不和だった。
太祖は息子の即位を認めず、王の証である玉璽(ぎょくじ)を持って故郷の咸興(ハムン)に引きこもってしまった。
太宗は、重ねて太祖に使者を送った。
しかし、使者たちはことごとく殺されて都に戻ってこなかった。

こうして親子の不和は続いたが、最後は太祖が信頼する無学(ムハク)大師に説得されて、玉璽を太宗に渡した。
このように父の許しを得た太宗は、名実ともに朝鮮王朝の国王となり、創設まもない王朝の基盤づくりに実力を発揮した。
朝鮮王朝が518年間も続いた長寿王朝になったのは、3代王の太宗の功績がとても大きい。
そういう意味でも、朝鮮王朝の27人の王の中で、太宗は一番の権力を持った強大な王であった。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

-愛してる韓国ドラマK-POP-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆11月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
イトーヨーカドー
line
 ロフト
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line