FC2ブログ

韓国ドラマの制作状況

2017’06.17・Sat

「外注制作はつらいよ」という韓国ドラマの制作状況!

韓国ドラマはテレビ局で放送されているが、実際には外部の制作会社が撮影を行なっているケースが多い。
これは、韓流コンテンツの活性化のために、外注制作を増やすような政策が取られているからだ。
そういう観点からドラマの制作現場を見てみよう。

vII_M7CvfpkA_zA1497328665_1.jpg

テレビ局を退社したPDたち

大衆文化振興策として、外部の制作会社が撮ったドラマの比率を増やしているのが各テレビ局の現状である。
その結果、大小の制作会社がたくさん誕生している。
ただし、外部の制作会社と言っても実態は、テレビ局に所属していたPD(プロデューサーを兼務した監督)が退社して、様々な人脈を生かして制作会社を作るケースがとても多くなっている。

たとえば、『冬のソナタ』の演出をしたユン・ソクホ監督は、もともとKBSの社員だったが、そのKBSを辞めて外部の制作会社で活動するようになり、さらにユンスカラーという制作会社まで作っている。
そのユンスカラーが制作したドラマが『春のワルツ』であった。
また、不朽の名作と言われた『砂時計』で一世を風靡したキム・ジョンハク監督は、自らキム・ジョンハク・プロダクションという制作会社を立ち上げて、ペ・ヨンジュン主演の『太王四神記』を作っている。

安定した経営の難しさ

前記のように、テレビ局に所属しているときに大ヒット作品を演出したPDが、自ら制作会社を立ち上げて活躍する例が多い。
とはいえ、その制作会社が安定した経営をできるかどうかは、ひとえに人気ドラマを量産できるかに掛かっている。
巨匠という名声を得た監督といえども、次々にヒット作を作れるとは限らない。
視聴率が低迷するようなドラマを1本でも作ると、その後の経営に大きな影を落としてしまう。
実際、卓越した演出能力を持った監督でも、制作会社の経営となると、まったく別の能力を要求されるのだ。

そういう経営の難しさに対応できない場合もある。
よく知られているように、キム・ジョンハク・プロダクションを主導していたキム・ジョンハク監督は、俳優のギャラの未払い問題を起こしてしまい、自殺を余儀なくされてしまった。
この出来事は、各制作会社を震撼させるほど大きな衝撃を与えた。
有名な監督とはいえ、制作会社を安定的に運営していくのは並大抵ではないのだ。

視聴率に一喜一憂

中堅の俳優がこう語っている。
「確かに、最近は外部の制作会社が大いに力を発揮しています。しかし、外部の制作会社と言っても、元はテレビ局にいた有名なPDなのです。彼らが退社して制作会社を立ち上げているわけですが、人脈をフルに使って制作しているのが現実です。たとえば、制作のときにはいろんな機材が必要になりますが、最初は資金がないのでそれをツケで使います。『制作費が入ったらツケを払うから』というケースが多いんです。しかし、思ったほど制作費が集まらない場合には、借金を返せないという現実も生まれてしまいます」
こういう言葉を聞いていると、現実はつくづく厳しいと言わざるをえない。

確かに、各テレビ局では外部の制作会社が撮ったドラマを放送する割合が増えているが、そのドラマの人気が出るかどうかは予測不可能である。
制作会社の側からすれば、成功すれば大きな利益を得られるが、失敗した場合には莫大な借金を抱えたり、次に作品を撮る機会に恵まれなかったりする。
つまり、外部の制作会社は、綱渡りのような経営を強いられるのだ。
結局、制作会社の経営者は視聴率に一喜一憂し、常にハラハラドキドキの心境になる。
その切羽詰まった状況の中から、数々の大ヒット作が生まれているのも事実。
人気ドラマの裏には、涙ぐましい努力を続ける制作会社の存在があるのだ。

-愛してる韓国ドラマK-POP-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆12月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
イトーヨーカドー
line
 ロフト
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line