FC2ブログ

日本国内の韓流の栄光再びない

2017’06.21・Wed

日放送PD」「鬼」が来ても、日本国内の韓流の栄光再びない」
l_2017061802000804100179422.jpg
vNドラマ「鬼」

中国との関係悪化で韓流コンテンツの輸出に危機が迫って久しい。
現地「嫌韓」感情が日増しに激しくなっており、コンテンツの輸出活路も停滞し国内ドラマ製作者たちの息の根も詰まった。
スッキリした解決もない。
頭を回して、日本を見ても韓流熱風は冷たい境遇を強いられている。

文化輸出の旗を掲げて得られた熱風と、政治的危機を口実に冷めてしまった低迷を経験し、冷・温湯を行き来した、日本での「韓流の危機」はターニングポイントが可能だろうか。
日本の放送局TBS社長室国際部の韓流担当部長長尾彰(AKIRA NAGAO)氏との一問一答を通じて、その実体に少しでも近づいてみようと思う。
長尾彰氏は、2008〜2014年までに韓国ドラマを購入し、日韓共同制作などの業務を担当した日本国内の韓流コンテンツの専門家だ。
私たちの立場で聞き苦るしい毒舌があるが、彼の意見なので返事を加減なしに援用した。

■以下は、彼との一問一答である。

①最近、韓国の放送コンテンツと関連した日本の放送市場の雰囲気は?(契約推進や編成が沈滞なのかまたは、沈滞だったが生き返っているのか)

=日本の韓国コンテンツ市場は、2012年以来、ずっと縮小の道を歩いていて、今は一部のファンのためのものになってしまった。
少ないけれど一定の熱情的なファンたちがおり衛星放送、DVDなどのビジネスが小さい規模で続いている状態だ。
これ以上落ちることはないようだが、2012年以前のように韓流コンテンツが日本で復活する兆しは見えない。

②昨年韓流で人気を得た韓国ドラマ「太陽の末裔> <むやみに切なく> <鬼>などは、中国市場の反応が主に伝えられた。
これらの作品の日本市場の反応は?

=質問①で述べたように、現在の日本で韓国ドラマを見る人は、一部のファンだけである。
したがって例に挙げた3作品にも、一般の人々はよく分からない。
ファンの間では、優れた作品がその時その時話題になりますが、韓国ドラマのファンの人数が少なくなったため、日本では一般的には3作品は大きな話題にはならなかった。

③今、日本で最も脚光を浴びているドラマコンテンツは?俳優は?歌手は?

=現在の日本では、例えば地上波芸能ニュースなどの一般的な日本の人々がたくさん見た情報の中から韓国コンテンツが挙げられていることはほとんどない。
ビッグバン、防弾少年団が日本で公演すると、数万枚のチケットが完売しますが、一部の熱狂的なファンと、一般的な日本の人々の間の認識の差が大きいようだ。

④一時日本は韓国の放送や歌謡韓流の最前線にあった。
今もその熱気は残っているが大衆的な関心は、多くは消えた。
これに対する原因はどこにあると思うか。

=韓日関係の悪化が大きいようだ。
韓国に対して非好感を持つ日本人が確実に増えていることを感じる。
以前は韓国を良くないと言っている人は、いくつかのの右翼性向を持っている人だけだったが、この頃は、一般的な日本の人々の嫌韓発言をよく聞く。
また、韓国メディアの日本批判が多いという点にも原因があると考えている。
韓国で報道された内容の大部分がそのまま日本語に翻訳されて、日本人の目に見えるようになる。
記者は韓国国内を考えて、日本を厳しく書くのだろうが、それをそのまま読んだ日本人が反感を持つようになる場合が多い。
報道機関は、自分たちの報道が「韓国を嫌う日本人が増加してないか?」ということをよく考えてほしい。

⑤韓流に対する日本の考えは、最近どのように変化しますか?(例えば、サブカルチャー化された。マニア的文化になった等)

=質問①で述べたように、日本で今韓国ドラマは「サブカルチャー、マニア的文化」だ。
少数の熱狂的なファンの姿が韓国で時々報道されるため、韓国人は今でも、日本で「一般に受け入れている」と勘違いしているかもしれない。
どの国でも、自分たちには嬉しいニュースは、多く報道されて、自分たちには良くないニュースは、無理に無視する傾向があるかもしれないが、韓流が日本で大変な状況にあるという事実を、より正確に報道してほしい。

⑥中国に依存していた韓流の輸出がサード摩擦で逆風を迎えた。
萎縮した状況を打開するには、第3者の立場で見た時、何が必要だろうか。

=韓中に申し上げる立場ではないが、中国は、自由主義国家ではないので、政治と文化を別々に考えていることはない国だと思う。
この点はいくら韓日関係が悪くなっても、政府が韓流を禁止していない自由主義国の日本とは違う。

⑦中国との関係が良かった時は、資本主義の論理で中国に人材が漏れるのが問題だった。
また、著作権侵害とコンテンツ無断複製の問題も大きかった。
中国とサド摩擦が解決されると、再びこのような状況になることがありどのような取り組みを準備しなければだろうか。

=同様に韓中に申し上げる立場にはないが、人材の流出は、自国内の産業規模が大きければ起こらないことである。
著作権侵害の問題は、権利意識の成熟度に起因する問題に過ぎない。
現在、韓国は著作権侵害に関して、中国の持つ感情を日本は韓国に対して長い間持っていた。

⑧日本で韓流危機に対してはどんな意見があるか。
日本もやはり1980~90年代文化輸出が活発だったがある瞬間底を打って打開の動きがあったはずだが、韓流が参考にするほどの改善事項があるだろうか。

=これについては誤解がある。
1980 - 90年代の日本のドラマブームは、日本が輸出に力を入れていないにも関わらず、アジア各国(特に台湾)で自発的に起こったブームであったが、その後、90年代以降、国が積極的に始めた韓流ブームと過程が違う。
したがって、当時の日本ではドラマブームが落ちてもあまり問題には考えていなかったし、「打開しようとする動き」も全くなかった。
その後、アジア全域で韓流ブームが起こり、その時初めて危機感を感じた日本は文化輸出に力を使うようになった。
安倍政権成立後、最近の話だ。

⑨韓国では政権交代があり、文化政策にも変化が予想される。
個人的に韓国政府に望む韓流関連政策があるならば?

=韓流関連というよりも、まぁ、韓日関係を改善する方針を期待する。
個人的には、平和の少女上の合意が破棄されたりすると、日本国民の韓国に対する感情の悪化は決定的なものになってしまう。
韓国の人々は、現在、日本で一般的なレベルで韓国に非好感を持つ人の増加を甘く見ているようだ。
韓国国内での反日感情を静め、未来志向的に変わらない以上、一般的な日本の人々の間で韓国のコンテンツが流行していることは再度起こらないことだと思う。
「私たちは、あなたが嫌い。それでも、私たちが作ったドラマは買ってください」というのは、今通用しない。

⑩望ましい韓日文化交流のビジョンは、どれか?

=交流というものは双方的なものでなければならない。
韓国は自分たちのコンテンツを日本に送りだすことに対しては熱情的だが、日本のコンテンツを韓国で紹介することについては情熱的ではない。
メディアがさらに、日本の優れたコンテンツを韓国で積極的に紹介してくれたら良い。
相手の文化を尊重せず、自分たちの文化だけ強要する関係はいつか反感を呼び長く持続されない。

-スポーツ京郷-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆12月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
イトーヨーカドー
line
 ロフト
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line