FC2ブログ

日韓が知るべき歴史 2

2017’06.27・Tue

康熙奉(カン・ヒボン)の
「日韓が知るべき歴史2/日韓国交回復編」


1960年4月、大統領選挙で李承晩(イ・スンマン)が不正を働いたことに怒った学生が決起。
反政府デモが激化した。
李承晩は亡命を余儀なくされ、建国以来の政権が倒れた。
韓国の政治状況は混迷の度合いを深めたが、1961年5月に陸軍がクーデターを起こし、少将だった朴正熙(パク・チョンヒ)が政権を取った。

KIMG0121.jpg

難航した国交回復交渉

朴正熙が特に力を入れたのが日本との国交正常化の交渉である。
日本から賠償金を得て経済成長の糧にしようとしたのだ。
そもそも、日韓国交樹立のための予備会談が始まったのは、1951年10月20日のことだった。
仲介したのはアメリカだ。

当時は朝鮮戦争の最中であり、戦いを有利に進めるためにアメリカは、日韓が政治・経済・軍事で協力関係を結ぶことを強く求めた。
この予備会談は11月20日まで開かれたが、日韓の間ではまだ信頼関係が醸成されておらず、議題を統一することすら難航した。
以後も交渉が断続的に行なわれたが、日本の全権大使が「植民地時代に日本はいいこともした」というような発言をして紛糾し、両国の間で溝が深まるばかりだった。
しかし、新しく政権を掌握した朴正熙は、早期の成立を望んだ。
そうした姿勢が交渉を進展させたが、1910年の日韓併合に関する立場の違いが足かせになった。

玉虫色の決着

日本側は「当時としては合法的に行なわれた」という見解を持っていた。
反発したのが韓国側で「強制的に結ばさせられて非合法だった」という主張を繰り返した。
こうなると、妥協点をさぐらなければならない。
最終的には、日韓併合とそれ以前に結んだ条約や協定は「もはや無効であることが確認される」という表現で決着した。
この「もはや」という表現が妥協の産物だ。
日本側は「今は無効だが、1910年当時の日韓併合の条約は有効だった」と受け取ることができるし、韓国側は「今も1910年当時も日韓併合は無効だった」と解釈することが可能だった。

まさに、玉虫色の決着だった。
1965年6月22日、長い交渉の末に日韓基本条約が結ばれた。
日本は無償3億ドル、有償2億ドルの合計5億ドルを植民地支配の賠償金として韓国に支払った。
1ドル360円の時代なので、本当に巨額だった。
この日韓基本条約では「植民地時代のすべての問題が清算された」とされており、日本は、今後韓国からの請求権はいっさい生じないという立場を今も守っている。
一方、朴正熙は日本からの賠償金をインフラ整備の建設資金に当てた。
今の韓国で経済成長の立役者と讃えられている朴正熙は、日本からの賠償金を有効に使って経済成長を促したのである。
彼は、民主勢力を弾圧して多くの若い活動家を死刑に処した独裁者でもあったのだが……。

-愛してる韓国ドラマK-POP-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆12月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
イトーヨーカドー
line
 ロフト
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line