FC2ブログ

2009年 ペ・ヨンジュン

2017’06.28・Wed

ペ・ヨンジュン[韓美旅]出版記念会-東京
배용준[한아여]출판기념회-도쿄
2009.11.21

舞台デザイン ペ・ヨンジュン[韓美旅]出版記念会-東京/ Stage ArtWorks

2009年9月29日と30日。
日本 東京ドームではペ・ヨンジュンの特別なファンミーティングが続いた。
29日は冬のソナタのアニメーション試演会とペ・ヨンジュン、チェ・ジウ氏のファンミーティングイベント。
30日はペ・ヨンジュン氏の本[韓国の美をたどる旅]の日本出版記念ファンミーティングイベントだった。
我々のチームは30日の公演のために設けられた。
私は美術監督として参加したが舞台のデザインと小道具の選別とデザインまでも担当しなければならなかった。
大きな行事だからといって予算までたっぷりではなかった。

基本舞台構造は日本最高の舞台製作社であるシミズで設計と施工を担当した。
舞台構造は作られているのだから別の見方をしたら私はデコレーションを担当したのだと見ても...いいのだろうか...

舞台-----------------------------------------------
全体舞台のイメージはこのように決めた。

1_20170628161258063.jpg

中央舞台の円形ターンテーブル、四方の舞台装飾幕、側面舞台の背景幕のデザインが全体イメージを作り出すが...
誰がペ・ヨンジュンの顔からそれてアングルの外の舞台を見るだろうか...という自嘲混じりの意見もあった。
それでもヨン様が舞台にいない時一度や二度視線を向けてくれるだろう。

中央舞台四面の絵は朝鮮と高麗の木の模様を盗用した。
色感を変え四季を表現するのが意図であり各方向から舞台を眺める人々を考慮した。

2_201706281613000aa.jpg

3_20170628161301a72.jpg

4_20170628161303358.jpg

側面舞台には韓国の五方色と寺の障子の桟のイメージを選んで作った。

5_20170628161304f59.jpg

五方色の意味を入れて順に置こうと思ったが舞台全体が白色なので真ん中の通路舞台とつながる感じで白色を中央に置いた。
そもそもの意味では黄色が中央の象徴色だ。

小道具------------------------------------------
小道具と大道具は製作と選ばれた既成品に分けられる。

製作に一番気を遣ったのはヨン様が直接乗る朝鮮通信使の車だった。
もともとは貸りることになっていたのをあらゆる方面で失敗に終わり、急いでデザインし製作してスタッフの手荷物として運送しなければならなかった。どうして~...

6_20170628161316413.jpg

ペ・ヨンジュン氏は文化体育観光部長官よりももっと大きな役割をしていると思った。
彼があの椅子に座ることが単なるショーではないという催眠にかかった。
あの椅子はとても丈夫に注文しなければならなかったし車も安全を保障する強度で作られた。

そして重要な役を担った益山弥勒寺址の八角石塔。
図面の資料は本当に貧弱な状況だった。
国会図書館まで入ったが新羅のこの八角石塔は簡単に寸法や重量を公開しなかった。
インターネットの助けで作られたのと等しい。

7_20170628161318643.jpg

公演が終わってこの石塔はシミズへ持って行ったと思う。
持って帰れなくて残念だがどこかでその役を果たしているだろう...

挽章と言う行列の旗。
考証よりは格好がいい方向でデザインした。

8_20170628161319b44.jpg

公演会場でこのように縦に担ぐという旗の形態について行列を指導する先生が指摘をしてくれた。
上部を持つというのは日帝時代に作られた日本をまねた形態だと。
旗は走りながら振ってはためかさなければならないのだが静かに持ってそよぐように歩かなければならないこの旗は私たちの旗ではないと仰る。
資料を見て研究したけれど、これは本当に...無知とはその人の知っていることの限界を見ることだ。

そして重要なことはむしろささいなことだ。
出演されるヒョジェ先生の記念はがきを小道具として選択したのだが
ペ・ヨンジュン側は使うペンとはがきのテストが必要なようだった。
持っていたラミー万年筆で準備したヒョジェはがきにテストをして'こんなによく合います'と証明写真を送ってやっと通過した。

9_20170628161321604.jpg

グリップ感、品格、はがきの材質がうまく合わなければならないのがぴったり合う。
イベント中に滲んだりうまく出てこなくても問題。

美術監督としての公演準備はこのように仕上げられた。
東京現場。
その現場はまたどんな心変わりとずれがあるかもしれない。
それは心の準備を必要とする。

----現場の話は次に続く......

同苦同楽----------------------------------------------

演出 ホ・スンミン
助演出 オ・チウン
構成作家 チェ・ウンイ
技術監督 チョン・ソンジェ
音楽監督 シン・ギョンミ
映像監督 パク・ジョンヒョク
扮装 コン・ヘギョン、イ・ジョンミン
音響監督 イ・ユジン
舞台クルー チョン・キヒョン氏とパク・ジュンソン君

- BYJ's History -


*残念ながらこの続きはありません



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆11月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
イトーヨーカドー
line
 ロフト
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line