FC2ブログ

韓国の今を考える 3

2017’07.25・Tue

特権階級の癒着問題/韓国の今を考える3

朴槿恵(パク・クネ)と崔順実(チェ・スンシル)の事件によって、韓国の国民は「特権層がいかに腐敗しているか」をよく知るようになりました。
ある意味で、この2人が不正を知る切っ掛けを作ったのです。
しかし、まだ直さなければならないことが多いと言えます。
その1つが大手メディアの問題です。

2_201707251800219be.jpg特権層の利益を代弁

いまだ韓国では、大手メディアが特権層と癒着している問題について、明確な意識を持っていない人がかなりいます。
しかし、韓国の3大新聞社(「朝鮮日報」「東亜日報」「中央日報」)はこぞって財閥や政治家たちと緊密に繋がっています。
彼らは特権層の利益を代弁し、守ってきました。
また、地上波の5チャンネル(KBS1とKBS2、EBS、MBC、SBS)の中の4つは直接・間接に政府の支援を受けているため、政府の意図が反映されやすいのです。
このように韓国の重要なマスコミは権力から自由ではないと言えます。

正確に言うと、彼らもまた特権層の一部です。
たとえば、財界と政界が関わる事件やスキャンダルで、韓国最大の新聞「朝鮮日報」のオーナー家の名前を見つけるのは難しいことではありません。
公共放送のKBSの理事長は、韓国でも大きな影響力をもっている保守主義集団の立場を代弁する発言を多くして物議をかもしました。
実際、今のKBSは特権層の影響の下にあると言えるでしょう。

社会正義としての機能は?

言論としてあるべき姿勢を捨てて、一部の特権層と癒着する構造を抱えているのが、韓国の大手メディアの現状です。
2015年に公開されて大ヒットした映画『インサイダーズ/内部者たち』では、政治家と財閥と大手メディアがグルになっていました。
彼らはお互いの利益を守るために不正を働きます。
最初、映画は「アレンジだ。誇張しすぎ」などと言われましたが、朴槿恵と崔順実の事件が起こったあとは、むしろ描写が弱いとまで言われています。

この映画で有名になったセリフが「どうせ大衆は犬や豚です。犬や豚を気にすることはないです。適当に吠えたら自ずと静かになるでしょう」というものです。
ただの映画のセリフだと思いましたが、実際このような表現を言った高位官僚がいました。
その官僚は2016年に新聞記者たちとの食事の席で身分制度を擁護し、99%の階層を犬や豚だと卑下する発言をしました。
当然、官僚は罷免されましたが、そのような考えを持っているのが果たして1人だけだと言えるでしょうか。
韓国の特権層には傲慢なやり方が多いのですが、それを正すべき大手メディアが、むしろ特権層と癒着しているところに韓国の根深い問題があります。

-愛してる韓国ドラマK-POP-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆12月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
イトーヨーカドー
line
 ロフト
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line