FC2ブログ

韓国人が考える本当の「謝罪」

2017’08.18・Fri

韓国人が考える本当の「謝罪」について

隣国同士で共通の生活習慣があるとはいえ、歴史的に培ってきた価値観には違いがある。
「謝罪」の受け取り方も、その一つではないだろうか。
日本と韓国の謝罪の概念はどのように違うのだろうか。

KIMG0453.jpg

日常生活での違い

地下鉄を何度も乗り継いで目的地に向かうと仮定する。
ソウルと東京の両方で経験したことを言うと、「人が謝っている光景」というのは、東京のほうがずっと多いと実感する。
すれ違って人に触れたとき、車内が揺れて隣人の足を少し踏んだとき、誰かから道を尋ねられてもわからなかったとき……いくつかの場面では、間違いなくソウルより東京のほうが人に謝っている。
これは、あくまでも経験上の話だ。
普遍的に言っているわけではない。
韓国から来た友人が言う。

「日本人はいつも謝っている。なぜ、そこまで……」
私は根拠もなく答える。
「人に呼びかけるときの言葉が『スミマセン』だからね。いつも謝っている印象をもたれてしまうんだ」
友人は「韓国とは違うね」と苦笑いしていた。

「形」を見せなければならない

国家レベルになると、話が違ってくる。
2015年の年末に実現した「従軍慰安婦問題の日韓合意」。
韓国世論では「日本が正式に謝罪していない」という意見が大勢を占めている。
その結果、日韓合意の見直し論が韓国で勢いを得てきた。
ただし、日韓合意では日本の総理大臣の謝罪の意思も入っている。
しかし、韓国ではその謝罪は受け入れられていない。
「口先だけ」と思われているのだ。
日本では歴代の総理大臣が何度も植民地支配の謝罪を表明している。
だが、その謝罪が韓国では実に印象が薄い。
それは、なぜなのか。
謝罪と同時に「形」を見せていないからではないだろうか。
韓国の新聞の社説を読んでいると、よく引き合いに出される出来事がある。
1970年12月に西ドイツ(当時)のブラント首相がポーランドを訪問し、首都のワルシャワでユダヤ人犠牲者追悼碑の前でひざまずいて献花したことだ。

確かに、「ひざまずく」という行為は、何を語らなくても謝罪という行為を明らかにしていたが、特に被害者意識が強かった韓国人にとっては鮮明だった。
なぜなら、形をともなう謝罪こそが、本当の謝罪だと韓国では見なされるからだ。
そうなのである。
韓国では謝罪を受け入れてもらおうとすれば、かならず形をともなわなくてはならない。
思い出すのは、大統領を務めた全斗煥(チョン・ドゥファン)が、退任後の1988年に、在任中の様々な不正疑惑が露呈したときのことだ。
彼は国民の前で謝罪し、そのうえで、地方の寺で謹慎生活を送った。
この謹慎こそが、全斗煥が見せた「形」だった。
彼にとっては屈辱だっただろうが、ここまでやらないと、謝罪の言葉を真に受けてもらえない。
それでも、国民に許してもらえるかどうかは別問題なのだが……。

ドラマが伝える韓国の心情

最近の韓国で特に人気を集めているホームドラマの『お父さんが変』。
視聴率が30%を超える人気ぶりだ。
このドラマに印象的な場面があった。
主人公の一家の二女であるミヨンには、高校時代に自分を徹底的にいじめた憎き同級生がいた。
こともあろうに、その同級生が兄(長男)の嫁として同居人になるという事態になった。
しかし、ミヨンには絶対に容赦できないことだった。
そこで、ミヨンは同級生に強く謝罪を要求するのだが、相手は気楽に「ごめんね」と言うだけだった。
そんな軽い謝罪の言葉をミヨンが受け入れるはずもなく、彼女はさらに同級生を呼び出して徹底的に糾弾していく。

その様子をドラマは延々と描くのだが、ミヨンの言葉の一つ一つが、韓国人の謝罪に対する概念を端的に表していた。
ミヨンが繰り返し言い続けたのは、「軽い言葉だけではなく真摯な態度で見せろ」ということだった。
外交的に言えば、日本は何度も謝罪している。
それなのに「いつまで謝罪しなければならないのか」という国民感情があるのも事実だ。
しかし、その謝罪が韓国の人の心に届いていない。
「形」がともなっていないからだ。
それが見えないかぎりは、韓国の世論が納得するのは難しいと思えるのだが……。

-愛してる韓国ドラマK-POP-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆12月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
イトーヨーカドー
line
 ロフト
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line