FC2ブログ

韓国ではお高くとまっていたら…

2017’11.14・Tue

韓国ではお高くとまっていたらスターになれない!

韓国のスターは、一般の人にとって縁遠い存在ではない。
スターといえども、週末に多い芸能ニュース番組やバラエティに出たときは、すごくサービス精神が旺盛で、イメージとは裏腹に一気にはじけてしまう人も多い。

SAOLN1zt9RCZcnu1510297957_1.jpg
ファンの歓声を浴びるのもスターがお高くとまっていないからだ

秘訣は「謙虚さ」

とにかく、韓国のスターはプライベートなこともバンバン話す。
日本の場合だと、スターの記者会見では主催者側から「プライベートなご質問はお控えください」とよく言われるし、スターはなるべくプライベートを出さないというのが暗黙の了解になっているが、韓国は逆に、スターはテレビに出たときに自分の庶民性を徹底的にアピールする。
「何を食べている」とか、「どんなところへ行っている」とか、「家で普段は何をしている」とか、そういうことを割と明るく語ることが多い。

それは、「視聴者と同じように生活しています」ということを訴えたいからだ。
つまり、お高くとまらないのである。
ここが重要だ。
スターといえども、お高くとまった段階で、人気がガタッと落ちるのが韓国の常である。
たとえ人気者でも、韓国社会では常に謙虚さが求められ、腰が低い自分を見せないと共感を得られない。
逆に、少しでも「自分は特別な人間なんだ」とか「自分はビッグなんだ」と思っていたとしたら、すぐに見抜かれて、ファンは失望して離れていってしまうだろう。
長く人気を保つ秘訣は「謙虚さ」に尽きる。
それは、濃密な儒教精神が残る韓国ならではのことだ。

ファンのそばに近づく

多くの国では、スターというのは夜空に輝く星であり、一般の人が仰ぎ見る存在である。
けれど、韓国では違う。
スターが自らファンのそばに近づいて、ファンと共に生きているという雰囲気を出すことが大事だ。
そういう意味で、今まで韓国のスターが力を入れてきたのがファンミーティングだった。

ファンミーティングというのは、スターが唯一ファンの人たちと交流できる場であり、スターの側も積極的に開いてきた。
そこでは、ファンと親しく話をしながら、スターは「私はいつもファンのそばにいます」ということをアピールする。
そのために、慣れない歌を歌ったり、苦手なダンスを踊ったり、上手く弾けないのにピアノを弾いたりする。
上手くできないのだが、それでも試してみる価値がある。
一生懸命にチャレンジすることで、ファンに認められて好感を持たれるのだ。
ファンミーティング自体も、韓国では入場が無料の場合がある。
そうやってファンにいい印象を持ってもらえれば、その評価はインターネットを通して広く伝わり、人気の維持に役立つ。

重要な座右の銘

韓国のスターはお高くとまらず、ファンミーティングを通して庶民性をアピールする。
そういう下地があるので、日本でもファンミーティングをひんぱんに開いているのである。
いわば、スターの側も慣れているのだ。
とはいえ、ファンミーティングを取材していて感心するのは、スターがとにかくファンサービスに徹しているということ。
スターが自ら1人1人と握手をして頭を下げることもある。

これは、とてつもないことだ。
手が腫れ上がると思われるが、それも気にせず、韓流スターはそこまでファンのことを考える。
結局、いくらスターといえども、その人気がいつまで続くかわからない。
だからこそ、スターはファンを本当に大切にして、いつまでも応援してもらえるように努力しているのだ。
「お高くとまらない」
スターにとって、これほど重要な座右の銘は他にないのではないか。

-愛してる韓国ドラマK-POP-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆12月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
イトーヨーカドー
line
 ロフト
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line