FC2ブログ

韓国のお墓の事情

2017’12.21・Thu

韓国のお墓の事情はどうなっているのか?

日本では火葬が原則になっていて、遺骨はお墓におさめられる。
一方、韓国ではどのようになっているのだろうか。
隣国のお墓の事情を見てみよう。

DSCF1628.jpg

土葬用に広い土地が必要

韓国は、本来は土葬の国である。
「人間は死ねば、肉体は土に還り、魂は空に飛んで行く」
そういう考え方が根強い。
その結果、世を去った人は火葬されずに、そのまま土に埋められて、その上にお椀のような形をした土を盛られる。
死者は小さな古墳にまつられるのだ。
しかし、この方式だと土葬用の土地がかなり必要だ。
時が経てば、狭い韓国が墓地だらけになってしまう。
現に、そうなっている。

ソウルでは、墓地用の土地がないことを理由に、火葬が奨励されるようになった。
数年前にソウルの火葬の割合は60%を超え、さらに増えている。
大都市では、急速に火葬が当たり前になってきた。
しかし、地方は違う。
土地もあるし、伝統的な土葬が当たり前である。
ただし、墓守が大変。
何かと重労働をともなうからだ。

大都市の事情

韓国では墓参りをするのは秋夕(チュソク)のときと決まっている。
秋夕は旧盆のことで、旧暦の8月15日がその日にあたる。
新暦では9月下旬になることが多い。
この時期になると、夏の間に成長した雑草で墳墓は覆われてしまう。
そんな状態で墓参りをしたら先祖に失礼なので、秋夕の前に一族総出で草刈りをする。
これを「ポルチョ」と言う。
今でも地方に行くと、秋夕の1週間か2週間前の週末、家族総出で「ポルチョ」をする光景があちこちで見られる。
まさに、それは韓国の初秋の風物詩なのだ。

しかし、大都市になると、すでに墓地が不足してしまい、土葬が難しくなってきた。
そこで、ソウルでは火葬が奨励されるようになったのだ。
火葬にしてしまうと、韓国で伝統的だった「人が死ぬと肉体は土に還り……」という死生観を実現できないのだが、土葬用の土地がないので現実的に考えなくてはならない。
なお、火葬されると遺骨は納骨堂におさめられることが多い。
そうした納骨堂の様子はテレビドラマにもよく出てくるので、イメージできる人も多いことだろう。
見た目が、ロッカー式のようになっているのだが……。
結局、「本来は土葬だが、都市で火葬が増えている」というのが最近の韓国のお墓事情である。

-愛してる韓国ドラマK-POP-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆12月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
イトーヨーカドー
line
 ロフト
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line