FC2ブログ

光海君が王になった特殊な理由

2017’12.22・Fri

光海君(クァンヘグン)が王になった特殊な理由!

朝鮮王朝の14代王・宣祖(ソンジョ)には14人も息子がいた。
しかし、当初は側室が産んだ王子たちばかりだった。
その中で、長男が臨海君(イメグン)で、二男が光海君(クァンヘグン)である。

sf52aBLwqq0JYQh1513904783_1.jpg

捕虜になった臨海君

臨海君と光海君は、宣祖の側室だった恭嬪(コンビン)・金氏(キムシ)の息子であった。
2人は嫡子ではなかったので、本来なら王位継承者から除外されるところだが、宣祖の正室から王子が生まれなかったので、結局は王位を継げる立場になった。
朝鮮王朝は、原則的に長男が王家を継ぐことになっている。
順番で言うと臨海君が世子(セジャ)の筆頭候補だった。
しかし、高官たちの間で、さまざまな駆け引きがあった。

特に、臨海君は性格が粗暴だということで、評価が高くなかった。
さらに、臨海君は王位継承の資格を失う決定的なことが起こしてしまう。
その背景を見てみよう。
1592年に朝鮮出兵が始まると、宣祖の息子たちも国の危機を救うために、自ら積極的に戦地に行く覚悟を持っていた。
臨海君と光海君も朝鮮半島の地方に出かけて、義兵を募ってゲリラ戦を展開する任務を帯びた。
しかし、臨海君は加藤清正の軍勢の捕虜になってしまった。
その結果、臨海君は加藤清正軍が転戦する度に引っ張りまわされ、さらには、和睦交渉の材料にまでされてしまった。
これは臨海君にとって最大の屈辱だった。

15年間の統治

臨海君と違って光海君は、義兵を集めて戦功をあげた。
貢献度という面では、兄の臨海君とは雲泥の差であった。
それを恥じたのか、臨海君は釈放されたあとも生活が荒れてしまって、さらに評判を悪くした。
結局、戦乱の中で後継者を早く決めなければならない立場に追い込まれた宣祖は、世子として光海君を指名した。
しかし、あくまでも臨時の決定であった。
朝鮮出兵が終わり、ひとときの安定を取り戻すと、朝鮮王朝でも再び後継者問題が重要になってきた。
やがて大きな変化があった。
宣祖が二番目の王妃として迎えた仁穆(インモク)王后が1606年に嫡子の永昌大君(ヨンチャンデグン)を産んだのだ。

宣祖としても、側室が産んだ王子よりも正室が産んだ王子を後継者に指名したいという欲があった。
実際、彼はその意向を側近に伝えている。
宣祖がもっと長生きしていれば、次の王には永昌大君が選ばれていたはずだ。
しかし、宣祖は1608年に亡くなってしまった。
そのとき、永昌大君はわずか2歳。
いくら嫡子とはいえ、満足に言葉もしゃべれない2歳で王になるのは無理だ。
そんな事情があって、光海君が宣祖の後を継いで15代王になった。
彼の統治は1623年までだった。
仁祖(インジョ)が起こしたクーデターで王宮を追放されてしまったからだ。
1608年から1623年までの15年間、政治だけに焦点を当てると、光海君は名君にも匹敵する手腕を発揮している。

-愛してる韓国ドラマK-POP-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆12月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
イトーヨーカドー
line
 ロフト
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line