FC2ブログ

異色の経歴をもつ韓国の俳優(下)

2018’02.13・Tue

異色の経歴をもつ韓国の俳優を教えてください(下)



俳優たちの前職を見てみると意外に運動選手出身が多いです。
先の記事にもユン・ヒョンミンがプロ野球選手としてプレーし、ソン・ジュンギが負傷してやめるまでショートトラック選手として活動していた話はお伝えしましたよね。
ソ・ジソプが水泳選手出身という事実もお伝えしましたでしょう。

この他にもスポーツ選手出身の俳優を挙げなら、まずソ・ジソク(徐芝釋。本名ソ・ジョンウク)を挙げられます。
ソ・ジソクは膝を痛めてやめるまで陸上に専念しました。
今もバスケットボール、野球、サッカーをみんなで楽しむ運動狂でもあります。
『ホドンの芸・体・能』に出演して、マイケル・ジョーダンのダブルクラッチを再演するほど運動センスが逸品ですね。

1_201802131638150f0.jpg
< (左上から時計回り)ソ・ジソプ、ソ・ジソク、チョ・ハンソン、ソン・ジュンギ >

俳優チョ・ハンソンは小学校に通う時からサッカーをしていた有望株でした。
ポジションはゴールキーパー、2000年にプロチーム富川SKに指名されるほどの実力を持っていたでしょう。

しかし、彼には話せない事情がありました。
高校に通う時から患うようになった慢性的な腰ディスク(ヘルニア)でした。
休むべきでしょうが、簡単に交代することが困難なポジションを務めていたうえに、先生も怖く話もできずサッカーを続けたそうです。
病院では手術を勧めましたが、手術を受ければ1年、受けなければ2年休まなければならないため仕方なく運動をあきらめざるを得ない状況でした。

その頃、亜洲大に行った同期がOBビールでサッカー選手をモデルに広告を企画すると彼を紹介してくれ、OBビールの広告モデルとして芸能界に足を踏み入れました。

モデルとして交渉されたという話を聞いた母親は、「運動しかできない子が険しい芸能界でどうしようと」と心配して反対したといいます。

2_20180213163817d97.jpg
< (左上から時計回り)シン・ミナ、ハン・チェヨン、イ・テソン >

女優シン・ミナ(新慜娥。本名:梁慜娥)も子どもの頃に少し陸上をしたことがあるといいますね。
シン・ミナは中2の頃にファッション雑誌『kiki』の専属モデル選抜大会で大賞を受賞し、若い年齢で芸能界に入門しました。
当時ははにかむことなくかろうじて自分の名前を言った後、ぺこっとお辞儀だけして舞台から降りてきたのに、審査員たちの目にぱっと入ったようです。
その後、キム・ヒョジン、キム・ミニと一緒にティーンエイジモデルを代表する顔で、テレビ広告も数え切れないくらい撮りました。
イ・スンファンの『頼み』のミュージックビデオに出演して大衆に顔を広く知らせました。
アイドルグループを抜いて大賞を受けたこのミュージックビデオは、シン・ミナを本格的に放送に導いてくれました。

本格的な演技生活に突入しながら自分の意思が半分、他人の意志が半分で改名をしました。
改名がおかしくありませんか?名前ではなく、姓だけを変えたのですから。
事情は当時「バーガー少女」で人気絶頂のヤン・ミラと名前が似ていたためだといいますね。

映画『親知らず』でキム・ジョンウンと抜群の相性を見せてくれた俳優イ・テソンも高校時代まで野球選手として活動しました。
時速143キロまで投げるほど有望な投手でしたが、肩の筋肉が裂ける怪我を負いながらプロ選手の夢をあきらめることはできなかったといいますね。

韓国芸能界の代表的なグラマーであるハン・チェヨン(韓彩英。本名:金志英)は幼い頃から胸が大きく悩みだったようです。
仁川で生まれ幼い頃に米国に移民しましたが、そこでフィギュアスケートをしたといいます。

ダブルアクセルまで消化するほどの実力を持っていましたが、成長期に入りながら辞めざるを得なかったそうです。
大けがに遭ったのかって?そうではなく、自分もどうしようもない胸のためでしょう。
親の国である韓国に遊びに来て偶然チョン・ユソンのお店に行き、芸能界に足を踏み入れることになりました。
ひょっとしたらチョン・ユソンが大きい胸に感嘆したのかもしれないですね。

韓国映画界で拳の代名詞で認められるマ・ドンソク(本名Don Lee)は、本人が選手として活躍したことはないが、総合格闘技選手のウェイトトレーナーとして働いたことがあります。
彼が指導した選手の中でUFCチャンピオンのマーク・コールマンもいます。

3_20180213163818829.jpg
< マーク・コールマンのウエイトトレーニングを指導するマ・ドンソク >

俳優に転向した後、気さくなイメージを維持するために筋肉を減らしましたが、映画『犯罪都市』を撮りながらバルクアップをして出ましたね。

長年無名女優だったソン・ウソン(鮮于善。本名チョン・ユジン)もテコンドーとエアロビクスを渉猟したスポーツウーマンです。
無名時代に金持ちの奥様を対象にエアロビクスを教えていましたが、かなり有名な講師だったそうです。
テコンドー公認4段で「才能発掘団」に出演し、高難易の技術である後ろ回し蹴りを難なくこなす姿を見せてくれました。

このほかに俳優たちの前職を紹介すると

- セクシーアイコンであるガン・イェビン(本名カン・ジョンミ)はかつて幼稚園で補助教師として働いていました。

- MBCドラマ『宮廷女官チャングムの誓い』で男性主人公ミン・ジョンホ役を務めながらスターダムに上がったチ・ジニは明智大で視覚デザインを専攻し、広告会社でデザイナーとして働いたといいます。
写真に接しながらフォトグラファーとして活動していた中、チョン・ドヨンのマネージャーパク・ソンヘさんの勧告で芸能界にデビューしました。

- 歌謡界と演技、バラエティまで網羅した万能エンターテイナーイム・チャンジョン(任昌丁)は、ガソリンスタンドのアルバイトから中国レストランの配達員、ウェイターなどしたことない仕事がないといいます。
それでも20代半ばから頭角を現したため、苦労の道がすごく短かった方でしょう。

- ミス・コリア出身の女優キム・ナムジュ(金南珠)は、1994年にSBS公開採用タレントとして入る前は洞事務所で勤務する公務員だったそうです。

- 個性派俳優リュ・スンボム(柳昇範)は、クラブDJとして働く中で演技人生を生き始めました。
7歳年上の兄リュ・スンワン(柳昇完)が弟が働くナイトクラブに訪れ、厳しく怒ろうとし、弟が楽しく働く姿を見て止めたという逸話があります。
子どもの頃、親が2人とも逝去して祖母の手で育ちましたが、祖母の言葉が「お前らはなぜハンサムな子が監督をして、ぶさいくな子が俳優をするのか」だったそうです。
今も時折DJを務めています。

- 清純美を持った女優ナム・サンミ(南相美)は石串高校3年生在学当時に漢陽大の前のロッテリアでアルバイトをしました。
美貌のおかげでオルチャンアルバイトとして有名になり自然に芸能界に入門しました。

4_201802131638205e4.jpg
< ナム・サンミのアルバイト時代 >

ナム・サンミのおかげで店の売上高が上がったのかって?当然そうだと思うでしょうが、実際は正反対で、男性たちがセット一つだけ注文しコーラをリピートしていき、昼夜彼女を眺めるだけであったため、売上が上がるはずがなかったそうです。

- 今は引退しましたが、1990年代にチェ・ジンシル、キム・ヒソン、チェ・シラと一緒にブラウン管を平定した女優シム・ウナ(沈銀河)は、デビュー前に遊園地で鼓笛隊員として働いたことがあります。

- 俳優パク・サンミョン(朴相勉)とキム・グァンギュ(金光奎)はデビュー前、タクシーの運転経歴がありますね。
特に家の都合が困難だったキム・グァンギュは、高校の時に副士官の奨学生に志願して学費を受けた後、卒業後に職業軍人の道を歩きました。
68カ月の間服務して転役した後、市場回り商人、ナイトクラブのウェイター、営業社員、タクシー運転手など、多くの仕事を転々としながら生計を立てていき、30歳後半の年齢で釜山芸術大学演劇科に入学しました。

- 生活が正しいことで定評がある俳優チャ・インピョ(車仁杓)は、米国で大学を終えた後、韓進米国支社で勤務しMBC公開採用22期で演技者の生活を始めました。
MBC水木ドラマ『息子の女』に出演して株を上げましたが、撮影途中で入営する状況がくると、演技もせずにすぐに入隊して世間に新鮮な衝撃を与えたでしょう。

- 1990年代の号令したトップスターイ・スンヨン(李丞涓)は、KALの機内乗務員から生活戦線に乗り出しました。
美貌に笑い顔でスマイルクイーンにも選ばれました。
1992年のミスコリア大会参加をきっかけに、乗組員生活を清算しましたが、大会で3位格である「ミスコリア美」に選ばれました。
ミスコリアが芸能界に進む扉を大きく開いてくれました。
チェ・スジョン、ペ・ヨンジュン、チェ・ジウと一緒に出演したKBSドラマ『初恋』(1996)を通じて最強のトップスターとして君臨しました。
余談ですが、1994年にMBCドラマ『愛をあなとの胸に』を撮影した当時、イ・スンヨンはチャ・インピョと恋を駆け引きしたという噂が回りましたが、チャ・インピョは妻としてシン・エラを選択したでしょう。

5_20180213163821b66.jpg
< イ・スンヨン >

- 俳優ユン・ダフンはデビュー前に浄水器を売って生計を維持していたといいます。
軍入隊前に付き合っていた女性が突然子どもを連れて現れて押し付けて去ったせいで未婚の父として暮らしてきた境遇でしたから、何を言うべきでしょうか。
MBCシチュエーションコメディ『三人の友達』出演当時、結婚歴が全くない独身なのに娘は中学3年生だったそうです。

- 本当に声が良い俳優ハン・ソッキュ(韓石圭)は歌手と声優生活をしたことがあります。
東国大演劇映画学科在学中に『MBC川辺歌謡祭』に出て奨励賞を受けたことがありますね。
元々俳優が夢でしたが、顔に自信がなく(?)、1990年にKBSの声優として入社しましたが、翌年にMBC公開採用タレントに合格して望んでいた俳優になりました。
声自体が鼻声の混ざった美声であるうえに声優出身なので、きちんとした発音が非常に逸品です。

-もっと!コリア-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆7月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
イトーヨーカドー
line
 ロフト
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line