FC2ブログ

英祖(ヨンジョ)の人生

2018’03.20・Tue

英祖(ヨンジョ)の人生がよくわかるエピソード集!

朝鮮王朝の21代王の英祖(ヨンジョ)は、1694年に生まれた。
父は19代王の粛宗(スクチョン)、母は側室の淑嬪(スクピン)・崔(チェ)氏だ(ドラマ「トンイ」の主人公)。
異母兄は、粛宗と張禧嬪(チャン・ヒビン)の間に生まれた6歳上の景宗(キョンジョン)だった。

cJ_7xebf9jiB_AA1521508076_1.jpg

兄を毒殺した首謀者?

◆1704年、英祖は10歳のときに結婚した。
妻は後の貞聖(チョンソン)王后である。

◆1718年、英祖の母の淑嬪・崔氏が世を去った。続いて、1720年に父の粛宗が亡くなった。
父に代わって、異母兄の景宗(キョンジョン)が20代王として即位した。

◆1719年、英祖の側室が長男の孝章(ヒョジャン)を産んだ。しかし、1728年に9歳で病死した。

◆1724年、景宗が在位わずか4年2カ月で亡くなった。彼には子供がいなかったので、英祖が21代王として即位した。30歳だった。
彼は各派閥から公平に人材を登用する政治を進めた。これは蕩平策(タンピョンチェク)と呼ばれ、英祖の治世を代表する政策の一つになった。

◆英祖を悩ませたのが、「景宗毒殺の首謀者」という噂だった。実は、景宗の具合が悪くなったとき、侍医が「食べ合わせが悪いので差し上げてはいけません」と制止するのも聞かず、英祖は景宗にケジャン(蟹を醤油漬けにした料理)と柿を食べさせた。
さらに、侍医が「いけません」と言ったのに英祖は景宗に人参の煎じ薬を処方した。その後に景宗は息を引き取った。英祖は、疑われても仕方がないような状況を自らつくってしまったのだ。
彼はなぜ、侍医の制止を振り切って逆効果を生んだ処方をしたのか。
その真相は謎に包まれている。

生涯の悔恨

◆英祖の二男の思悼世子(サドセジャ)が1735年に生まれた。幼い頃から頭脳明晰で天才的な学力を備えていた。すでに長男をなくしていた英祖は二男に大いに期待したのだが……。

◆英祖の正室だった貞聖王后が、1757年に65歳で亡くなった。英祖との間に子供はいなかった。

◆1759年、英祖は二番目の正室として貞純(チョンスン)王后を迎えた。彼女は14歳だった。
65歳だった英祖とは、なんと51歳の年齢差があった。

◆1762年、刀をふりかざして怒りまくった英祖は息子の思悼世子を米びつに閉じ込めて餓死させてしまった。
思悼世子の素行の悪さを周囲から吹聴され、後継者にふさわしくないと判断して厳罰に処したのだ。実際、英祖の頑固でかんしゃくもちの一面が悲劇につながってしまった。
しかし、思悼世子が餓死したあと、英祖は自分の行ないを悔やんだ。
「なぜ、息子が生きている間に許せなかったのか」
それが英祖の生涯の悔恨となった。

在位期間のナンバーワン

◆1775年、英祖は思悼世子の息子の正祖(チョンジョ)に代理聴政(摂政)をさせようとした。
重臣たちを集めてこう言った。
「気力が衰えてきて一つの政務をやりとげることも難しくなってきた。こんな状態で最後までやり抜けるだろうか。国を治めることを考え始めたら、夜もまったく眠れないほどなのだ」
80歳を過ぎて、英祖はここまで弱気になっていた。
しかし、重臣たちの中には強く反対する者もいた。
すると、英祖は王を守る軍隊を正祖に付けることを断言して代理聴政を強行した。
この強攻策が功を奏し、もはや反対する者はいなかった。

◆英祖は1776年に82歳で世を去った。
在位は実に52年に及んだ。朝鮮王朝の27人の王の中で、他に類がないほどの圧倒的な長さであった。

-愛してる韓国ドラマK-POP-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆12月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
イトーヨーカドー
line
 ロフト
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line