2018年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

mo.jpg

韓国のビックリ/追記編「老舗」

2018’05.31・Thu

韓国のビックリ/追記編1 「老舗」

韓国から親しい友人が来たので、浅草を案内したことがある。
彼は大変な博学で、私もいろいろと彼の意見を参考にさせてもらっていた。
その彼が浅草を歩いていて、ソバ屋の前で「韓国では考えられない」と首をかしげた。
それはなぜなのか?

DSCF7672_20180531111711ee9.jpg

看板の意味

韓国から来た友人が見たのは、ソバ屋が創業百年を誇示する看板だった。
「うちは古くから営業している老舗ですよ」とアピールしているわけで、日本ではどこでも見られる光景だろう。
しかし、彼の受け取り方は違った。

「韓国では食堂で成功したら、子供たちに最高の教育を受けさせてエリートにさせようとするだろう。『ウチの店は継がないでいいから、医者や大学教授をめざせ』と子供たちにハッパをかけるのが当たり前。それなのに、あの店は代々の子孫がずっと継いでソバ屋を開いているという。韓国の人があの看板を見れば、『あの店は百年も頭がいい子供が出なかったのか』と思ってしまうだろう」
友人の話を聞いていて、韓国の食堂で何人かのアジュンマ(おばさん)が自慢げに言っていた言葉を思い出した。

親の意識の違い

アジュンマたちはこう言った。
「私はこの商売をやっていて、息子(あるいは娘)を外国に留学させたよ」
学歴偏重の韓国では、親はこぞって子供たちがいい大学を出てエリートになることを心から願う。
店を経営している人や職人にしても、「後を継がなくていい。それより必死に勉強していい大学に入ってエリートをめざせ」と口がすっぱくなるまで子供に言う。

そういう風潮があまりに強くて、韓国には創業が古い老舗がほとんどないし、職人の技術がなかなか子供に伝承されていかない。
日本では、「子供が家業を継ぐ」というと喜ぶ親が多いが、韓国は違うのである。
かつて私が韓国大使館の人と夕食をともにしたとき、日本語の達者な人が「老舗」の意味をわからなかったことに驚いた。
それほど韓国の人には「老舗」に対して馴染みがないのかも。
かくして、韓国から来た友人は創業が古い老舗の看板を見てビックリしてしまったのである。

-愛してる韓国ドラマK-POP-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

FC2Ad

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆08月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
 ペ ヨンジュン見るならDATV
bofi.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line