FC2ブログ

『孤独のグルメ』韓国出張編で…

2018’06.04・Mon

『孤独のグルメ』韓国出張編で五郎が食べた「セルフビビンパ」、一体どんなお店のメニュー?

韓国で全羅北道(チョルラブクト)のとある定食屋が注目を集めている。
日本の人気ドラマ『孤独のグルメ』で、松重豊が扮する井之頭五郎が訪れた食堂だからだ。

その定食屋とは、全州市(チョンジュシ)完山区(ワンサング)平和洞(ピョンファドン)にある「トバン」というお店。
去る5月10日、『孤独のグルメ』の撮影が午後3時から夜11時まで行われたという。

grrrrrrgre.jpg

“五郎”が「トバン」で注文したメニューは、6000ウォン(約600円)の「チョングッチャン定食」だ。
大豆を発酵させた味噌の一種で、日本では「納豆チゲ」と呼ばれることも。
大豆の風味があるスープに野菜が入った家庭的な料理といえる。

なぜ“セルフ”なのか

韓国メディア『全北日報』は、『孤独のグルメ』の撮影があった同店をさっそく取材している。

同紙に「おいしいから、日本から撮影に来るのでしょう」と誇らしげに語るのは、「トバン」の主人。

「5月10日に訪れた五郎さんは、韓国の俳優アン・ソンギさんに雰囲気が似ていました。韓国語もお上手でしたよ。チョングッチャンとご飯2杯を食べていました」

そのチョングッチャン定食を注文した記者は、「母親が作ってくれたご飯を食べている気分」「チョングッチャンは口いっぱいにあっさりとして香ばしい」と味を評価した。

DdzyFMnVQAUzQXn-768x576.jpg

しかし定食屋「トバン」の興味深いところは、注文したメニュー以外にもあるようだ。
というのも「トバン」ではチョングッチャン定食を注文すると、チョングッチャンだけでなく、豚肉炒めやキムチ、豆もやし、ほうれん草、大根青菜、目玉焼きなど数種類のおかずを次々と出してくれるという。

五郎はそれらのおかずとご飯を混ぜて、“セルフビビンパ”を楽しんでいた。

vdsvefrwe.jpg

たしかにテーブルにはステンレス製のどんぶりや海苔、ごま油、コチュジャンまで用意されている。
それらを使って自分でビビンパを作るのが、「トバン」流の食べ方なのだろう。
なんとも魅力的なお店だが、『孤独のグルメ』の撮影が行われたことで人気はさらに上昇しているようだ。

主人は「撮影は非公開だったのですが、どうやって噂が広がったのか。毎日何度も電話がかかってきて、仕事ができないくらいですよ(笑)」と、うれしい悲鳴を上げている。

全州市に行く機会があれば、ぜひとも訪れてみたいお店だ。

-S-KOREA-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆7月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
イトーヨーカドー
line
 ロフト
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line