FC2ブログ
2018年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

同じ俳優があちこちに出てくる理由

2018’09.24・Mon

韓国ドラマで同じ俳優があちこちに出てくる理由とは?

いろいろな韓国ドラマを見ていると、主人公の両親が同じ俳優の場合が多いと思いませんか。
そうした事例を含めて、韓国ドラマには同じ俳優があちこちに出てきます。
なぜ、韓国ドラマには同一俳優の重複が多いのでしょうか。

0415-2.jpg
「重複出演の女王」とも言えるキム・ヘスク

中堅俳優の生活

キム・ヘスクといえば、『冬のソナタ』でユジンのお母さんを演じた女優です。
彼女は、「重複出演の女王」と言えるかもしれません。
日本で有名になった作品でことごとく母親役を演じています。
『冬のソナタ』だけでなく、『秋の童話』『夏の香り』『春のワルツ』で母親の役を演じていました。
それだけでなく、『噂のチル姫』での母親の役もとても印象的でした。
これはほんの一例で、ドラマや映画にひっぱりだこの彼女は、実は出演作が日本で最も放送されている女優の1人だと言えるでしょう。
なぜ、このように母親の役が特定の俳優に集中してしまうのでしょうか。
これには、韓国芸能界の事情があります。
一番大きな理由は、中年世代の俳優の層が薄いということ。
数が少ないのでどうしても特定の俳優に偏ってしまうのです。
それでは、なぜ層が薄いのでしょうか。
そこには、切実な事情があります。

実は韓国では、テレビドラマの出演料は主役以外は低く抑えられていて、中堅俳優の生活がままならないことも大いに関係しています。
その結果、親を演じられる俳優の数が少なく、特定の俳優に集中してしまうのです。
その代表がキム・ヘスクなのです。

芸能人の社会的な地位

キム・ヘスクの場合は俳優だけで生活が成り立ちますが、どうしても難しい中堅俳優が多く、自分なりに事業を兼ねている人も多いようです。
さらに、中年の俳優の場合は、むしろ事業に専念して俳優業をやめてしまう例がとても多くなっています。
これは男女を問わずそうであって、韓国ではまだ俳優業は一生の仕事とは思われておらず、若いときだけ通用するという雰囲気が強いのです。

信じられないかもしれませんが、韓国ではいまだに芸能人の社会的な地位はそれほど高くありません。
それは、朝鮮王朝時代に芸人が最下層の身分であったことも関係しており、現在の芸能人も「タンタラ」という蔑称で呼ばれることもあります。
いずれにしても、脇役俳優の層が薄いことが、同じ俳優があちこちの作品に出てくる理由になっています。

-愛してる韓国ドラマK-POP-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆11月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
イトーヨーカドー
line
 ロフト
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line