FC2ブログ

中宗(チュンジョン)は不本意な王だった

2018’11.24・Sat

中宗(チュンジョン)は不本意な王だった/朝鮮王朝人物実録2

[中宗(チュンジョン)の人物データ]
中宗の生没年/1488~1544年
中宗の在位期間/1506~1544年
中宗の父/9代王・成宗(ソンジョン)
中宗の母/貞顕(チョンヒョン)王后

2-1_20181124142416d3b.jpg

政変が起こった

中宗(チュンジョン)は、王子の時代に晋城大君(チンソンデグン)と呼ばれていた。
暴君として有名な燕山君(ヨンサングン)の異母弟であり、本人は「とうてい王になれるわけがない」と思い込んでいた。
それだけに、王子としてのんびりした生活を送っていた。
ただし、燕山君によくいじめられていたので、その点では苦しい思いをしていたのは間違いない。
彼の人生が劇的に変わったのは1506年だ。
あまりにひどい政治を続けていた燕山君が、家臣たちによってクーデターで王宮を追われることになった。
クーデター軍は大義名分として「燕山君の統治があまりにもひどいので、正しい政治に戻したい」ということを強調したが、代わりの王を擁立(ようりつ)する必要があった。

白羽の矢が立ったのが晋城大君である。
クーデター軍は晋城大君の屋敷に行って、「次の王になってください」と願い出たのだが、晋城大君はすぐに断った。

国王らしくなかった

「兄を差し置いて王になってしまったら、後で何を言われるかわからない。絶対に王にはなりたくない」
強硬に拒んだ晋城大君。
しかし、クーデター軍としては、せっかく燕山君を王宮から追い出しても、晋城大君に即位してもらわない限りはクーデターが成功とはならなかった。
そこで、ひたすら頭を下げて晋城大君のご機嫌を取り、「王になってください」と懇願し続けた。

ここまで状況が切羽詰まってくると、晋城大君としても断り続けることはできなかった。
こうして、彼は11代王・中宗として即位することになった。
しかし、嫌々ながら王になってしまったので、中宗は、どのように政治を仕切っていけばいいのかがわからなかった。
なおかつ、クーデターを成功させた家臣たちの力が強くて、彼らに頭が上がらなかった。
そういう意味では本当に影の薄い国王であり、自らの主体性を発揮することはできなかった。
『宮廷女官 チャングムの誓い』では、堂々たる立派な王として描かれていたが、実際の彼の存在感はかなり違っていた。
そんな彼が心からすがったのが、趙光祖(チョ・グァンジョ)という儒学に優れた高官であった。
趙光祖は、儒教に基づいた正統的な政治を理想としていた。
中宗も趙光祖を頼って自分なりの王道政治を築こうとした。

王妃は悪妻だった

あまりにも趙光祖の理想が高すぎて、中宗にはついていけなかった。
その末に、中宗は趙光祖を死罪にせざるを得なかった。
このあたりの成り行きを見ても、中宗が王としての役目をなかなか果たせなかったことがよくわかる。
さらに、中宗は三番目の正室として文定(ムンジョン)王后を迎えたが、彼女が中宗に代わって裏で権力を持つようになった。

しまいには、文定王后は自分が産んだ息子を王にするために、中宗の長男をしきりに排除する動きを見せた。
その際に、手先になったのが「朝鮮王朝三大悪女」の1人でもある鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)である。
結局、中宗は毅然とした態度を取れず、文定王后の悪行を許してしまった。
そんな不本意な日々の中で、彼は1544年に世を去った。
当然ながら、長男が仁宗(インジョン)として即位したのだが、わずか8カ月で命を落としている。
これは、文定王后が自分が産んだ息子を王にするために毒殺したのではないか、と言われている。
こうした結果を見ても、中宗が王朝をしっかりと統治できなかったことが、後に様々な禍(わざわい)になったと言わざるを得ない。

-愛してる韓国ドラマK-POP-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆12月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
イトーヨーカドー
line
 ロフト
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line