2018年12月/ 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

傲慢で執念深い燕山君(ヨンサングン)

2018’12.10・Mon

傲慢で執念深い燕山君(ヨンサングン)/朝鮮王朝人物実録9

燕山君は、9代王の成宗(ソンジョン)の長男として1476年に生まれた。
彼は母の愛を知らず我がままに育った。
実は、母の斉献(チェホン)王后は、自分以外の側室に目を向ける成宗に嫉妬して、宮中に呪いの言葉を持ちこんで追放されていたのである。

DSC_0720.jpg

少年時代も最悪

自尊心があまりに強かった斉献王后は、やがて精神を病むようになった。
さらには、罪を許そうと訪ねてきた成宗の顔をひっかいて傷つけてしまった。
結局、廃妃になったあとに死罪となった。
成宗は、自分が追放したとはいえ、斉献王后との間に生まれた長男の燕山君を後継ぎに決めた。
反対が多かったのは事実だが、王位継承者は長男が原則、という定めに従ったのだ。
こうして1494年に、燕山君は10代王となった。
後の世で燕山君の評価は最悪なので、彼にまつわる逸話もひどいものばかりである。
たとえば、一つは鹿、もう一つは恩師をめぐる話だ。
ある日、成宗は少年時代の燕山君を庭に呼んだ。
そのとき、成宗がかわいがっていた鹿が、燕山君になついて手の甲や衣類をなめた。
しかし、燕山君は急になつかれたことに腹を立て、その鹿を思いっきり蹴飛ばした。
成宗が大事に飼っていた鹿であるにもかかわらず……。

また、少年時代の燕山君の教育係を仰せつかった優秀な側近も悲惨な目にあった。
彼は、将来の王に帝王学を授けたくてかなり厳しく指導したのだが、これを燕山君は根に持っていた。
即位するとすぐに、その側近を処刑してしまった。
こうした例を見ても、燕山君が傲慢で執念深い人物であることがわかる。

燕山君は、学問が好きではなかったので、儒教的な教養主義の高級官僚たちが大嫌いだった。
そこに目を付けた奸臣は、「王の実務を記録する係の者たちが7代王の世祖(セジョ)大王を侮辱した文を書いています」と告げ口をした。
その言葉を真に受けた燕山君は、多くの罪なき人たちから官職を剥奪したうえで斬首の刑に処した。
生活も荒れる一方で、王朝の最高学府である成均館(ソンギュングァン)までも酒宴場にして、酒池肉林の宴を連日催した。

こんな王の下では庶民の反感も大きくなる。
人々は、いたるところにハングルで「王は女と酒しか頭にない最低な人物だ」「無能の暴君」というような張り紙を貼っていった。
その話を聞いた燕山君は、庶民がハングルを使うことも禁止した。
王宮が混乱する中、さらに事態を悪化させる出来事が起こった。出世欲にかられた者が、宮中でタブーとされていた燕山君の母の追放劇をばらしたのだ。
それまで、燕山君は何も知らされていなかったのに……。

残虐な処刑

事実を知った燕山君は、あまりの怒りと悲しみで一晩中泣き続けた。
その涙をぬぐった彼が一番最初にしたことは、母を復位させることだった。
それは父である成宗の判断を否定する行為であった。
宮中では反対する声が多くあがった。
しかし、燕山君は耳をかさなかった。

それだけではなく、母の死に関わった者、傍観した者、母の復位に反対する者の官職を剥奪し、片っ端から斬首にした。
この命令は死者も例外ではなく、墓をあばき、その首をはねている。
燕山君が即位してから11年が過ぎた。
王の乱行がますますひどくなった。
国を憂えた重臣たちが反乱を起こし、燕山君は王位を奪われた。
代わって、燕山君の異母弟が後継者となった。
これが11代王の中宗(チュンジョン)である。
王位を追われた燕山君は、島流しにされ、1506年にわずか30歳で絶命した。

-愛してる韓国ドラマK-POP-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆9月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
イトーヨーカドー
line
 ロフト
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line