2018年12月/ 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

衣食・メイク…「韓国をまねしたい」

2018’12.12・Wed

衣食・メイク…「韓国をまねしたい」という日本の若者たち

1_20181212152631482.jpg
東京・新大久保で、防弾少年団(BTS)関連グッズ=写真上=やEXO・TWICEといった韓国アイドルの写真を売っている店=同下=。「元祖コリアンタウン」と呼ばれていたこの一帯は、このところ韓国の「チーズホットドッグ」を手に写真を撮ったり、韓国アイドルのダンスをしたりする10代の街に変わりつつある。
2018121180070_0.jpg

「メッチャかわいい!」「インスタに載せよう」

 店の看板にはハングルで「ヨルム」(夏)と書かれている。
東京・原宿の竹下通りの入り口にあるカフェの名前だ。
赤い口紅とチークを塗った10代の女子学生2人がスマートフォンで写真を撮り続けていた。
男性アイドルグループ・防弾少年団(BTS)の東京ドームコンサートが終わった翌日の15日、このカフェには同グループのヒット曲『FAKE LOVE』が鳴り響いていた。
カフェの壁には「絶望の先には扉があり、あなたがいる」とハングルで書かれたネオンサインが輝いている。
店員のオオハシユキナさん(20)は不慣れな韓国語で「韓国の雰囲気を感じたいという若い人たちが来ます」と説明してくれた。

 「日本の若者の街」原宿が10-20代の韓流ファンの「インスタ映えスポット」として注目されている。
看板にハングルが書かれているカフェをはじめ、韓国のコスメ・ブランド「ETUDE HOUSE」(エチュードハウス)、「STYLENANDA」(スタイルナンダ)、「innisfree」(イニスフリー)の原宿店、キャラクターグッズ店「LINE FRIENDS STORE」(ライン・フレンズ・ストア)の原宿店などで撮った写真を多数投稿する。
ソーシャル・メディア上で、「#原宿」と日本語のハッシュタグを付けて検索すると、ハングルの看板を背景に撮った写真が次々とヒットする。
「オルチャン・メイク」(韓国の女の子風のメイク)で有名なエチュードハウスは原宿付近だけで3店舗を抱えている。
この日も防弾少年団のコンサート・グッズが入ったバッグとスーツケースを両手に持った若い女性たちが竹下通りを行き来していた。
北海道から来た16歳の少女は「日本と韓国の間にはいろいろ問題があるけど、K-POPとは関係ない。BTSを応援し続ける」と語った。

■東京のど真ん中で「韓流ブーム」

 20年前に日本の大衆文化に門戸を開いた結果、玄海灘を渡ったのは、日本の大衆文化よりも韓国の大衆文化コンテンツの方だった。
韓流の「のろし」はこの時、上がったという見方もある。
韓国コンテンツ振興院の黄仙恵(ファン・ソンヘ)日本ビジネスセンター長は「2002年のサッカー・ワールドカップ(W杯)大会韓日共催前、日本のメディアがW杯ムードを盛り上げ、NHKがドラマ『冬のソナタ』を放送したことで韓流ブームが始まった」と話す。

 日本のメディアは、韓流ブームを3つの段階に分けて考えている。
第1次ブームはヨン様(ペ・ヨンジュン)をはじめとする「韓国ドラマブーム」で、第2次ブームは2011年の少女時代・KARA・東方神起など「K-POPアイドルブーム」だ。
しかし、12年8月に李明博(イ・ミョンバク)大統領が独島に上陸して以降、日本のテレビ局からは韓国ドラマやK-POPアイドルがほとんど見られなくなった。
そして今は「第3次韓流ブーム」と呼ばれている。
ソーシャル・メディアを通じて10-20代を中心に、15年から広がり始めた。
動画投稿・共有サイト「ユーチューブ」を通じて日本でファン層を広げた女性アイドルグループTWICEはテレビ出演も果たした。
昨年に引き続き今年も1年を締めくくるNHKの音楽番組『紅白歌合戦』に出演する。

■日本の10代にとって韓国は「パステルピンク」

 第3次韓流ブームは、韓国のスタイルを「オシャレだからまねしたい」と受け入れるところまで進んでいる。
ローティーン向けファッション誌「nicola」(ニコラ)は今年11月号と12月号の表紙で「韓国スタイル」を打ち出した。
付録は「韓国の人気ブランド化粧品」。
韓国コスメの日本輸出額は2017年に2億2600万ドル(約255億円)で、前年より23%増えた。

 元祖コリアンタウンの新大久保から始まった「チーズタッカルビ」や「チーズホットドッグ」は今や日本全国で最も人気のある韓国料理となった。
「チーズタッカルビ」は日本最大のレシピサイト「クックパット」が選定した「2017年食品トレンド大賞」に選ばれた。
新大久保では最近、ホットドッグを手に写真を撮ったり、韓国アイドルのダンスをしたりする10代の若者たちで込み合っている。
「STYLENANDA」のピンクのインテリアを模した店やカフェもあちこちにできた。
10代の若者たちのソーシャル・メディア・アカウントには「韓国人になりたい」というハッシュタグを付けたインスタグラムだけで約1万7000件に達する。
毎日新聞は「国籍を変えるということではなく、韓国のスタイルをまねたいという心理だ」と報じた。
黄仙恵センター長は「日本の10代にとって、韓国は『ヨン様』ではなく『パステルピンク』のイメージ。
子どものころに韓国文化が好きだったという記憶は一生、影響を与える」と語った。

 防弾少年団の「Tシャツ問題」の渦中でも、第3次韓流ブームは消えることがなさそうだ。
韓国大衆文化評論家の古家正亨氏は「お互いの国の文化を楽しむ韓日の若者は、両国の建設的な関係にも大きく貢献するだろう」と言った。
駐日韓国文化院の黄星雲(ファン・ソンウン)院長は「韓国は年800万人も日本を訪れる重要な顧客なので、政治的な確執に関係なく、文化交流は引き続き発展していくと思われる」と語った。

-朝鮮日報-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆9月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
イトーヨーカドー
line
 ロフト
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line