FC2ブログ
2019年01月/ 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

日韓の二千年の歴史5

2019’01.23・Wed

日韓の二千年の歴史5/蘇我氏の天

DSCF6704.jpg

推古天皇の即位

物部氏が滅び、蘇我馬子(そがのうまこ)には、もう誰も逆らえなくなった。
たとえ、天皇でさえも……。
ただし、用明天皇の後を継いだ崇峻天皇は少なからず蘇我馬子に反感を持っていた。
たまたま、猪を献上した者がいた。
その猪を見ながら、崇峻天皇は、
「猪の頸を斬るように、憎い人間を斬ってみたいものだ」
と口走った。
この発言を人づてに聞いた蘇我馬子は、天皇に嫌われていると悟った。
さらには、天皇の周囲で武器を集めているという情報を得た。
「先に動かなければ、こちらがつぶされる」
危機感を持った蘇我馬子は、592年11月に崇峻天皇の命を奪った。
空いた皇位に上がったのが推古天皇である。

この即位にともなって推古天皇の甥にあたる聖徳太子(厩戸皇子)が抜擢されて、摂政を担うことになった。
この聖徳太子と推古天皇は蘇我氏の血を受け継いでおり、最高執政官となる大臣(おおおみ)は蘇我馬子だった。

渡来人の技術

政権の首脳はみな蘇我氏の系統となり、この一族は栄華を誇った。
蘇我氏は百済(ペクチェ)からの渡来人たちによって支えられていた。
百済が日本に仏教を伝えたときも、その恩恵を一番受けたのが蘇我氏だった。
仏教が広がるということは、仏像を作る技術や寺を作る技術などがともなってくる。
当時の日本からすれば、それはまだ経験したことのない大変な事業であった。
同時に利権も関わってくるのだが、それを利用しようと考えたのが蘇我氏だった。
蘇我氏が物部氏を駆逐したあと、馬子、蝦夷(えみし)、入鹿(いるか)と代が引き継がれ、蘇我氏の統治は続いた。

彼らの基盤を支えたのが渡来人の存在だった。
政治制度の確立から土木技術の活用まで、渡来人は土地と住民を統治する技術をもっていた。
特に、文字に関わる作業は渡来人が特殊な力を発揮した分野であった。
また、百済との外交関係に積極的だったことから、蘇我氏そのものが百済の出身ではないかという説もある。

飛鳥寺と王興寺

物部氏が滅んだ翌年の588年には、飛鳥の真神原(まかみのはら/現在の奈良県明日香村)で飛鳥寺の造営が始まっていた。
ここで注目すべきはその11年前の577年に百済の都だった扶余(プヨ)で王興寺(ワンフンサ)が建てられていることだ。
飛鳥寺では日本で最初に瓦が作られたとされているが、王興寺から出土した瓦と比べてみると、蓮の花をかたどった形がよく似ている。
このことからも、飛鳥寺が王興寺の影響を受けていることは間違いない。
『元興寺縁起』によると、593年にまだ工事途中だった飛鳥寺で、塔の心礎に仏舎利を納める儀式が行なわれている。

幟や旗を立てて100人以上が盛大に祝った。
注目すべきはその時の服装と髪形だ。
完全に百済式であったという。
蘇我氏はそこまで百済に近かったのである。
飛鳥寺の建立には推古天皇や聖徳太子も関わっている。
1つの寺ができるということは、そこにあらゆる技術が注ぎこまれるが、蘇我氏はヤマト政権の中枢と親密な関係を築きながら、仏教の布教を利用して自らの勢力を拡大していった。
(次回に続く)

-愛してる韓国ドラマK-POP-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆12月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
イトーヨーカドー
line
 ロフト
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line