FC2ブログ
2019年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

ペ・ヨンジュン 2009年記者会見

2019’06.26・Wed

ペ・ヨンジュンは2009年の記者会見で自著について何を語ったか

ペ・ヨンジュンがソウルの国立中央博物館で記者会見を開いたのは、2009年9月22日のことだった。
この記者会見は、彼の著書『韓国の美をたどる旅』の出版を記念して行なわれた。
その5日前にペ・ヨンジュンは体調を崩して入院していたが、この日は元気な姿を見せた。

gWfbyRPhynfGcx01561507097_1.jpg

本を書こうと思った理由

ソウルでペ・ヨンジュンが記者会見に臨むのは久しぶりのことだった。
なにしろ、『太王四神記』の放送時にさえ制作発表会を行なっていない。
ペ・ヨンジュンがソウルで公式に記者会見に臨むのは、2005年9月の『四月の雪』公開時以来のことだ。
それだけに、韓国の国内及び国外から400名以上の取材陣とファンが殺到する騒ぎとなった。
そんな中で、ペ・ヨンジュンは記者たちの質問にていねいに答えた。

――本を執筆して、やつれたのでしょうか。
「文章を書くということがとても辛くて、10キロほど痩せてしまいました。そんなこともあって体力が落ちて体調を崩し、病院のお世話になりました。今は回復していますので、すぐに良くなることでしょう」

――俳優なのに、なぜ本を書こうと思ったのですか。
「日本での記者会見のときに韓国の名所を紹介してほしいと言われましたが、その質問に答えられなくて、恥ずかしい思いをしました」
「韓国のロケ地だけに来て帰られる海外の家族に対して、本当に惜しいという気持ちがありました」
「この方たちが韓国の文化や情緒について理解してくれれば、韓国はさらに新しい意味を持つのではないかと思いました」

2_20190626151832cf2.jpg

農夫になりたい

――最初から最後まで1人で書いたのでしょうか。
「直接書きました。文章を書くことがとても大変でした。原稿の締め切りを守ることもとても辛かったです」
「今後のことですが、再び本を出すときには、写真が多くて文章が少ない本にしたいと思います(笑)」

――次の本にも期待していいんでしょうか。
「今は、本よりも俳優として次の作品について悩んでいるところです。とても空白が長くて家族に対して申し訳ないと思います」

――今回、出版された本に満足していますか。
「実際のところ満足する水準とは言いがたいですね。まだ残念な気持ちもありますし、次にはもっといい作業ができるでしょう」

――韓国文化の中で、一番やりたいことや、よくできることは何でしょうか。
「農作業だったら一番よくできるような気がします。農夫になりたいですよ。土地を耕して何かを植えて実が成れば、健全な食事を誰かに差し上げることができます。それは幸福なことのような気がします」

ユーモアたっぷり

――本当に農夫に?
「もしかしたら今日の記事のタイトルは、『ペ・ヨンジュンが農夫になった』となるんじゃないですか(笑)」

――俳優ペ・ヨンジュンをいつ見ることができますか。あるいは、歌手ペ・ヨンジュンに会うことはできますか。
「歌はダメですから、歌手になることはありません。あとで農夫になったときに訪ねてくれば、歌を歌って差し上げましょう(笑)」

ときにはユーモアを交えて答えるペ・ヨンジュン。
彼は、記者との応答を楽しんでいる様子だった。

なお、質疑応答の中で、ペ・ヨンジュンは「次の作品について悩んでいる」と語っていたのだが……。
特別出演した作品を除けば、その後に主演作はまだない。
果たして、それを見られる日が来るのかどうか。

記者会見日時=2009年9月22日

-愛してる韓国ドラマK-POP-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆12月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
イトーヨーカドー
line
 ロフト
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line