FC2ブログ
2020年03月/ 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

政治とは別モノ。韓国文化は

2020’03.11・Wed

政治とは別モノ。韓国文化は日本の若者の「必修科目」になりつつある

新型コロナウイルスの猛威でやや下火にはなっているものの、ここ数年、日本と韓国の対立は「過去最悪」ともいわれる。
しかしそんな中でも、多くの若者は韓国のアイドルや音楽、ファッション、食などのカルチャーに親しんでいる。

 「そんなに韓国文化が浸透している実感がない」という大人の読者も多いかもしれない。
今回、首都圏の大学生に集まってもらい、ずばり「韓国のこと、どう思う?」と聞いてみた。
はたして返ってきた答えは……? 
 
2_20200311120433084.jpg
BLACKPINK

日本のアイドルとは全然違う

 原田:今日は韓国について、学生の皆さんの話を聞かせてもらいます。直近では韓国映画の『パラサイト』がアカデミー作品賞を獲得し、日本でもヒットしました。4月には韓国で総選挙が行われる予定ですが、日韓関係が思わしくない中、韓国政治が変わるのかどうかも日本としては気になります。

 いろいろ課題や対立がある中でも、若者たちは韓国に対して、大人にはない新鮮な視点を持っているんじゃないかと思います。まず、韓国のイメージから聞いていこうかな。

 しおり(立教大学4年):わたしは韓国の音楽が好きで、よく聴いています。TWICE、BLACKPINKとか、見た目がかっこいいのに惹かれて。

 原田:日本のアイドル、たとえばAKB48なんかとはどう違うの? 

 しおり:日本のアイドルには「かっこよさ」の要素がないので、憧れないんです。歌詞も恋愛ネタばっかりだし、メイクも「かわいい」に寄せてる感じがする。でも韓国のアイドルは、「周りがどう言おうと、私はこうありつづける」みたいな意志の強さを唄っているのが新鮮でした。

 ファッションも、日本のアイドルは柔らかくてふわふわした感じが多いですけど、韓国にはモード系とかキレイめが多いですよね。K-POPのグループは、日本だとアイドル枠だと思われてるけど、韓国では「アーティスト」という扱いで、個性も幅広いんですよ。最近はかなりマニアックな韓国アーティストの曲も聴くようになりました。

 原田:それはどんなふうに情報収集しているの? 
 
しおり:最近は韓国のラップとかシティポップが好きなんですが、そういう音楽の情報はK-POPみたいにマスメディアにはないので、韓国の音楽に詳しい人のTwitterで「次に来る人」を知ったり、YouTubeのおすすめ動画からたどったり……あとは友だちからhyukoh(ヒョゴ、シティポップバンド)とかOOHYO(ウヒョ、シンガーソングライター)ちゃんとかを教えてもらったりしました。

 シュウヘイ(法政大学4年):僕はずっと、韓国に対していい印象がなかったんです。小学校でサッカーをやってたんですが、韓国代表はプレーがめちゃくちゃ荒くて。ニュースでも、よく韓国の街中で起きている大規模なデモを観て、治安が悪い国なんじゃないかとも思ってた。でも中学生くらいの時に、KARAの曲を聴いて印象が良くなったんです。母親もK-POPが大好きで、だんだん身近に感じるようになっていきました。

 原田:サッカーのマイナスイメージが、K-POPでなくなったの? 
 シュウヘイ:大人になるにつれて、ラフプレーはもちろん良くないけど、代表選手は国を背負っているから、彼らの本気さも理解できるようになった気がします。若者のカルチャーやファッションのトレンドでも韓国が先端を行っていると思うし、今では親近感がありますね。

 原田:韓国ファッションの最先端って、例えばどんなもの? 

 しおり:ベンチコートみたいな大きめのダウンコートとかは、韓国から流行が入ってきたよね。

 シュウヘイ:最近は、韓国で流行ったものが日本に入ってきて流行る、ということが多いですよね。

兵役には違和感があるけど

 原田:2人とも、お母さんの韓国好きが影響していると言っていたよね。今は男の子も女の子も母親と仲がいいからね。

 シュウヘイ:親のK-POP好きは大きいと思います。東方神起のライブも母親と2人で行ったことあるし。あとは、そのへんの話がわかると女の子とも話せるし(笑)。SHINeeのジョンヒョンが亡くなったときも話題になりました。

 ユウト(法政大学4年):うちも母親が韓ドラ好きで。『朱蒙(チュモン)』とか『チャングム』をリビングでつけていたので、いっしょに観るようになって。

 大学に入ってからはK-POPも聴き始めました。ただ、アイドルが活動に集中したい時期に兵役で1、2年活動休止するとか、政治的なところでネガティブな印象はちょっとあるかも。日本のほうがのびのびしてるんだなと。

 アキ(慶応大学3年):僕は中学の時に、東方神起やビッグバンからK-POPに触れました。同級生の間ではももクロとかが流行っていたんですけど、ももクロは応援して共感するような、自分と近い存在って感じだった。でも韓国アイドルは、ダンスも歌も実力がすごい憧れのスターで、自分たちとは違う存在、というイメージ。

 洋服だと、例えばボーイロンドンっていうヨーロッパのブランドがあるんですが、それが先に韓国で流行って、日本に入ってきたとき、かっこいいなと思いました。好きなファッションブランドを韓国経由で知ることも多いですね。今は韓国映画にはまってます。もちろん『パラサイト』は観ました! 

3_2020031112043548c.jpg
東方神起

政治は嫌い、文化は好き

 原田:歴史をたどると、実は韓国では最近まで日本の文化が禁止されていて、1998年にマンガと一部の映画が最初に開放されました。北野武さんの『HANA-BI』とかね。その後1999年、2000年、2004年と少しずつオープンになっていった。

 逆に日本には『冬のソナタ』『シュリ』『サニー』と、韓国の映画やドラマがここ20年くらい脈々と入っているし、韓国映画・ドラマのリメイクや、反対に日本の映画・ドラマが韓国でリメイクされてヒットすることもありました。そういう文化的な交流はあるし、距離感も近い。

 ゆみ(明治大学2年):わたしは東方神起とビッグバンのファンだった母の影響で韓国が好きになりましたね。母のスマホはお父さんからの着信が韓国アイドルの名前で出てくるくらい好き(笑)。お母さんとライブにも行ってましたね。あと食卓にキムチが並ぶことも多いです。大学に入ってからはアイドルは卒業して、今は韓国コスメとかファッションですね。

 かな(慶応大学2年):うちもお母さんが東方神起好きで、私も一緒にライブに行ったりしてました。それがきっかけで自分でも調べるようになって、SHINeeがめちゃくちゃ好きになって、中1から高3までファンクラブに入るくらいハマって……それから他のグループの曲も聞くようになって、韓国語も独学で勉強してました。

 私はダンスもやってるんですけど、韓国の人たちはダンスがとにかくかっこいい。構成もキレもすごい。さっきも話に出ましたけど、アイドルっていうよりアーティストですね。

 ちなみに、母は東方神起は好きだけど、韓国政治については厳しいです。わたしも「好きなのはいいけど、いろいろちゃんと理解した上で応援してね」と言われてます(笑)。

 原田:僕は中国と韓国の若者にも会って研究をしているけれど、中国では女性の方が政治と消費行動を切り分ける傾向が強い、と言われています。たとえば小泉政権下で、中国で反日運動が起きて成都のイトーヨーカドーが壊されたりした時に調査で中国に行ったんですが、日本製品の不買運動を先に止めたのは女性で、日本の化粧品の売り上げはすぐ戻ったんだよね。一方、男性中心の消費財である日本車は、なかなか消費が戻らなかった。

 日本の女性にもかなちゃんのお母さんのように、政治的には韓国に反発しながら、でもK-POPは応援する、という両立が成り立っているのかな。

「男の人がめちゃ優しい」

 みお(東洋大学3年):大学に入ってからオルチャン(韓国語で「超かわいい美少女」)メイクが流行って、私も金髪にしてました。韓国コスメは安いし、発色も質もいい。具体的なブランドだとエチュードハウス、今だったらイニスフリーとか、あとはrom&ndのリップがバズってましたね。最近は韓国人4人と日本人1人のお笑いアイドルグループ「コクーン」もおもしろい。韓国人もガチでお笑いやるんだな、って感心しました。

 原田:知らなかった……これは面白いっていうよりもカッコいい、じゃないのかな(笑)。

 さえ(法政大学1年):私が韓国でいいなと思うところは、韓国の男の人がめちゃ優しいところ。

 原田:韓国は日本より男尊女卑がすごい、なんて話も聞いたりするけど、実際はどうなの? そういえば去年には、日本人の女性観光客が韓国で男性に暴行されたって事件もあったね。

 さえ:そういう人もたまにはいるかもしれないけど、私が韓国に行くと、駅で困ってたりしたらぜったい助けてくれるし、そういう人の優しさ、温かさも好き。メイクやファッションでいうと、韓国のYouTuberでビューティークリエイターのキムスプスプちゃんはフォローしてます。現地の情報をいろいろ紹介してくれているので、旅行の前に参考にして行き先を見つけたりしますね。インスタもおしゃれです。

 ゆみ:日本の韓国系YouTuberもいて、私はきぬちゃんねるを見てます。韓国系の通販サイトで買った服を紹介してる。

 あとはへらへら三銃士っていう三人組のYouTuberも、韓国の美容整形、エステ、クラブの情報とかをアップしてくれてるのでよく見ますね。

自国への批判精神を感じる

 原田:ここまでの話だと、日本の若者の韓国に対するネガティブな印象って、シュウヘイのサッカー韓国代表のラフプレーくらいしか出てないね。でも、日韓関係はここ数年すごく悪いでしょ。慰安婦の問題とかレーダー照射、徴用工の問題もある。日本ではリベラル系のメディアでも韓国に批判的な報道が増えています。そういうのを見たり聞いたりして、印象が悪くなったり、変わったりはしないのかな? 

 しおり:中にはやばい人もいるよね、っていうくらいの印象。

 かな:政府の言動が一貫してないイメージはありますね。すごく反発しているようでいて、「東京オリンピックをいっしょに成功させましょう」と言ったり。

 原田:マンガ『僕のヒーローアカデミア』が中国や韓国で問題になって、版元の集英社はすぐに謝罪を出したみたいだけど、あれはどういう話だったの? 

 アキ:人体実験をする悪役の医者の名前が「丸太」で、それが731部隊を想起させる、ってことでしたよね(戦時中、細菌兵器の開発などを行った日本軍の731部隊は、人体実験の対象となった捕虜のことを「丸太」と称していた)。

 原田:数年前に起きたBTSの「原爆Tシャツ炎上」の逆バージョンなのかな。日本のマンガやアニメのマーケットとして、中国や韓国はますます重要になっているから、素早く対応したんだろうね。政治よりも文化のほうが動きが早い。

 アキ:映画だと、例えば『パラサイト』は韓国国内の格差をテーマにしてますけど、そういう自国の非を認める奥行きが韓国にはあるように思います。対照的に、日本では『万引き家族』を「日本の恥部を描く反日映画」と批判する人がネットでは目立っていましたよね。

 原田:日韓関係がこれだけゴタゴタしても、日本の若者たちの間で韓国文化の影響力が高まっているのは、そもそも若者の「政治離れ」が大きいのかもしれないね。若い子たちが唯一といっていいくらい見てるニュースサイトはLINEニュースだけど、あそこは政治ネタは少ないし、あっても若い子たちは見ないし。

 かな:韓国人のTwitterを見てると、「日本が好きな韓国人もいます!」という人がいたりして、もちろん韓国人の全員が反日なわけじゃないのはわかります。日本も同じで、向こうから見ると日本人みんなが嫌韓に見えるのかもしれないけど、私たちはそんなことはないし。韓国側も日本側も、報道されてるような嫌韓嫌中がすべてだとは思わないですね。

 (後編に続く)

-現代ビジネス-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆7月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
イトーヨーカドー
line
 ロフト
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line