FC2ブログ
2020年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

【あの人は今】日本で大成功したユンソナ

2020’05.05・Tue

【あの人は今】日本で大成功したユンソナはその後どうしているのか

今回は一時期、日本で最も有名だった韓国人タレントといっても過言ではなかったユンソナについて紹介する。

日本で大成功した韓国人タレント、ユンソナとは?

ユンソナのことを覚えているだろうか。
おそらく30代以上の男女なら誰もがその存在を知っていることだろう。
30代以下の男女も、その名に聞き覚えがあったり、顔を覚えているかもしれない。

それほどまでユンソナは有名だった。
おそらく日本で人気タレントとして成功した第1号といっても過言ではないかもしれない。

生まれは1975年。
1994年に韓国の公共放送KBSの公開オーディションを経て、同局の専属タレントとなり、女優として数多くの作品に出演する。

日本での活動を始めたのは、韓国での基盤が固まった2001年になってから。
ホリプロに所属して、NHKドラマ『もう一度キス』でヒロイン役を務め、その後、当時大ブレイクしていた深田恭子と共演して、日本での人気を不動のものにした。

2003年には木村拓哉主演ドラマ『GOOD LUCK!!』、2003年と2006年には『木更津キャッツアイ』劇場版映画にも出演。

女優業だけではなく多数のバラエティ番組でも活躍し、2004年にはSONA名義で歌手デビューも果たした。

韓国での人気も高かった彼女は、両国を往復するハードな芸能生活を送っていたが、2006年には以前から知り合いだった実業家と遠距離恋愛を実らせて結婚。

20170712175109_567.jpg
ユンソナ

2008年には男児、2012年には女児を出産し、育児に専念するためにいつの間にか日本のテレビ番組で見ることがなくなった。
日韓を往復する生活を送っていた彼女は、日本に行くときは、育児を母と夫に任せるしかなかったという。
そうした境遇に申し訳なさを感じて、日本での芸能活動をいったん中断し、韓国での芸能活動に専念するようなった。

2013年には『相続者たち』、2015年には『恍惚な隣人』と『六龍が飛ぶ』、2017年には『最高の一発』などコンスタントにドラマ出演し、バラエティー番組などにも出演して人気を呼んだ。

ユンソナが日本だけでなく韓国でも消えた理由

ところが、2017年6月にスキャンダルに見舞われてしまう。

それも自身ではなく、家族のスキャンダルだ。

2017年6月、私立小学校に在学中の息子が大企業会長の孫らとともに、同級生に暴行を加えたと報道された。

ユンソナは直ちに「事実と異なる」と反論したが、結局は事実で、ユンソナは当時出演していたドラマから降板せねばならないほどのバッシングを浴びた。

その後、ユンソナは謝罪文を公表したが、内容が謝罪文として不適切だという理由でさらに大きな非難を受け、2017年12月から家族とともにカナダに生活拠点を移してしまった。

その後はまったく近況が伝わってこない。
自身がプロデュースする韓国化粧品ブランドを宣伝するために、2018年5月に日本の通販チャンネル『QVC』に出演したこともあるが、それっきりだ。

はたして今、ユンソナはどうしているのだろうか。
ユンソナの所属事務所は「移民ではない」としているが、韓国に戻ってくる日は来るのだろうか。

-スポーツソウル-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆7月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
イトーヨーカドー
line
 ロフト
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line