2018年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

mo.jpg

物を落としたがる子どもたちを…

2018’07.16・Mon

物を落としたがる子どもたちを叱れない韓国マンション事情

2018071301768_0.jpg

7月2日、京畿道竜仁市のAマンションの住民に「キャットマム事件」について聞くと「どうして古い話を掘り返すのか」といった反応が返ってきた。
2015年に同マンションの屋上から小学生3人がれんがを投げ落とし、マンションの前で猫に餌を与えていた50代の女性が死亡。
パクさん(当時29歳)が大けがをした。
加害者と被害者は全て同マンションの住民だった。
れんがを投げ落とした子どものうち1人(当時11歳)は少年犯で保護処分とされたものの、2人(当時9歳)は処分を免れた。
10歳未満は刑事責任を問われないためだ。

 子どもの父兄が被害者との合意に至ったことで、この事件は「なかったこと」になった。
警備員が屋上のドアに鍵を掛けただけで、住民たちが集まって再発防止のための対策について論議したわけでもないという。
ある住民は「れんがを投げ落とした小学生の親の一人が子どもの誕生日パーティーを事件後に開いたことで、話題になったことはある。被害者と子どもたちのほとんどが引っ越していったほか、その後は『不動産の値段が下がる』ことを懸念し、事件をもみ消す雰囲気」と話す。
当時負傷したパクさんは、6カ月後に引っ越した。
パクさんは「今でも空から何か落ちてくるのではないかと不安で仕方がない。親が子どもの教育を徹底する以外にこれといった案が見つからないことから、何だかもどかしい」と胸中を語った。

 高層マンションから子どもたちが投げ落とした物品で、通行人がけがをするケースが増えている。
ここ2カ月間で子どもが高層マンションから鉄亜鈴やれんがを投げ落とし、通行人がけがをした。
親やマンション住民による自治会が事件解明に乗り出さないことから、結局警察が重い腰を上げた。

 韓国警察庁は3日、「高層マンションで発生する物品の投下事故を未然に防ぐため、広報活動を展開する」と明らかにした。
警察はマンションの管理事務所を対象に放送や掲示板での案内を通じて投下事故の防止案内を行うことにした。
「廊下や屋上に物を置かないようにし、子どもたちが好奇心で物を投げ落とさないように予防教育」を施すよう呼び掛ける内容だ。
警察庁の関係者は「ここ2カ月間で発生した高層マンションからの物品の投下・落下事故7件のうち、2件が小学校の低学年によるものだった」とした上で「親やマンションの住民は関心を持つことが重要だ」と訴える。

児童心理学の専門家たちは「高い所から物を投げようとするのは子どもたちの本能」と説明する。キャットマム事件に似た投下事故が再発する恐れがあるといった意味だ。
仁荷大学のイ・ワンジョン教授(児童心理学)は「2-6歳の子どもたちが経験するごく自然な発達過程」という。

 しかし、いくら小さな物でも高層マンションから落とされる場合、加速度が付いて「凶器」と化す恐れがある。
心理相談機関「マウム・トルボム相談センター」のチン・ヘリョン所長は「親の役目が重要だ」と強調する。
チン所長は「何でもかんでも怒るというよりは、物を投げようとする好奇心を満たすことができる他の方法を探したり、押さえ付けられていた感情をむき出しにできるよう誘導したりすると、事故を予防することができる」と説明する。
遊び場などの安全な場所に連れていって、落下実験を行うのも方法だというわけだ。

 最近投下事故が発生したあるマンションの管理事務所の関係者は「親たちが家庭で責任感を持って子どもを教育する以外に、これといった手立てがない」と言う。
ところが、親に子どもたちへの教育を強制することはできないというのだ。
しかし、住民の安全と「マンションのモラル」(共同住宅生活規範)を守る次元から、マンション住民による自治会が投下事故に関心を持たなければならない、とする声もある。

 海外でも子どもたちに関する共同住宅の安全が問題となっている。
昨年12月、米国ニューヨークの5階建てのアパートで3歳の子どもが火遊びをしていたところ、あっという間に建物が全焼してしまった。
建物1階の暖炉で子どもがいたずらしていたことが原因で、入居者12人が死亡し、6人が重傷を負った。
こうした「子どもによる放火事故」が増えたことで、米国ニューヨーク、ニュージャージー、カリフォルニアでは「子どもの放火予防プログラム」を提供している。
子どもだけではなく、親を対象に教育や相談を実施している点が大きな特徴だ。

-朝鮮日報-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆10月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
 ペ ヨンジュン見るならDATV
bofi.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line