FC2ブログ
2020年04月/ 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

“特大スキャンダル”から1年…

2020’01.15・Wed

“特大スキャンダル”から1年…元BIGBANGのV.Iは「中心人物」ではなかったのか

韓国芸能界を揺るがした「バーニングサン事件」から1年が過ぎた。

しかし事件の中心人物とされるBIGBANGの元メンバー、V.I(本名イ・スンヒョン)は再び身柄拘束を免れ、捜査は五里霧中となっている。

拘束令状の棄却が犯罪容疑の無実を意味するわけではないものの、検察がV.Iの身柄確保に失敗したことで、今後の捜査にも支障が避けられない見通しだ。

性売買斡旋など行為の処罰に関する法律違反、外国為替取引法違反などの容疑を受けているV.Iの拘束令状は1月13日午後、裁判所で棄却された。

V.Iが拘束されなかった理由

ソウル中央地裁ソン・ギョンホ令状担当部長判事は、「疏明されている犯罪容疑の内容、いくつかの犯罪容疑に関する被疑者の役割、関与の程度および争いの余地、捜査の進行経過と証拠収集の程度、被疑者が捜査に臨む態度を総合すると、拘束する理由と必要性、相当性を認めにくい」と、棄却理由を明らかにした。

1b518_1682_746f5c143e10973f.jpg
1月13日、拘束前被疑者尋問(令状実質審査)のため、ソウル中央地方裁判所に姿を現したV.I

裁判所の今回の決定について、キム・セラ弁護士は「拘束の理由は、犯罪の重大性、逃走の恐れ、証拠隠滅の懸念の大きく3種類だ。今回のV.Iの令状棄却は、逃走や証拠隠滅をする恐れがないというのが主な理由だった。すでに捜査がほとんど進行しているが、確保する証拠がないため隠滅する懸念も低く、V.Iがこの間、捜査に臨んだ姿勢を照らしてみても逃走する可能性も低いと見た」と解釈した。

またユ・ヨンジン弁護士は、「V.Iが今のところ認めた容疑は常習賭博しかないが、それだけを持って拘束するのは事実上難しい」とし、「性売買斡旋容疑も犯罪が成立したとしても、V.Iが主導的な立場だったのか、単純に加担した程度なのかが不明瞭で、犯罪事実の疎明が少ないと見られ、棄却されたと思われる」と伝えた。

一方で、裁判所の今回の判断に対して大衆の非難の声は大きい。

検察も証拠や弁論を用意できない
うやむやに捜査を終えてしまったバーニングサン事件の中心人物とされたV.Iが、なぜ拘束されないのかという疑問だ。

前出のキム弁護士は、「令状実質審査は1日で決定しなければならず、判事たちもすべての内容を繊細に見ることは難しい。拘束理由についての判断も、完全に客観的だと見ることができない」とした。

さらに「令状実質審査の際、大物弁護士たちを選任して数時間ずつ“マラソン論争”をする理由も、多分そんな現実から生じる不条理だ」と述べた。

結局、検察側の論理と弁護側の論理が衝突する地点で、1日という短い時間にどれだけ令状担当判事の心中を揺らすかがカギになるということだ。

2_20200115170458b32.jpg
詰め寄る記者の質問に沈黙を貫いたV.I

初めて事件を捜査していた2019年5月、警察が性売買斡旋などの容疑でV.Iに対する拘束令状を申請したが、「主要な容疑に争いの余地がある」との理由で、裁判所に棄却された。

争いの余地があるかどうかは対外的な名分であり、実際は検察が裁判官の心を動かすほどの資料や弁論を用意できなかったと見るべきとの話だ。

1年で事件関係者は次々と拘束、裁判に

バーニングサン事件は、2019年1月に情報提供者キム・サンギョ氏が、クラブ「バーニングサン」でレイプ薬とされる「ムルポン(GHB)」を利用した性暴行が蔓延していると暴露したことで発覚した。

これによって昨年3月、最初の裁判となった元バーニングサン従業員のチョ氏は、薬物乱用の容疑で懲役4年6カ月を宣告された。
同じ容疑で起訴されたバーニングサン共同代表のイム・ムンホには、二審で懲役1年の実刑が宣告されている。

バーニングサンの不正を隠してきた容疑で起訴された元警察官のカン氏も、一審で懲役1年を宣告され、いわゆる「V.Iトークルーム」で「警察総長」と呼ばれたユン・ギュグン総警も起訴され、裁判が進行中だ。

しかし過去1年間、バーニングサン事件の主要関係者の拘束と起訴が続くなかでも、中心人物とされてきたV.Iに対する捜査だけは、進んでいないという評価を受けている。

去る1月8日、検察がV.Iの拘束令状を申請する際に主張した容疑は、性売買斡旋など計7つで、これまでとの最大の違いは、常習賭博疑惑と外国為替取引法違反容疑など2つの容疑を追加したという点だった。

しかし事件が警察に送致され、7カ月間もの捜査が行われたにもかかわらず、検察はV.Iの身柄確保に失敗しており、今後のバーニングサン捜査にも支障が避けられないと見られる。

さらにV.Iが元芸能人であるだけに、検察が捜査の過程で世論の支持を得られないという点も影響を与えうるとの見方も出ている。

「拘束されないからといって無罪ではない」
キム弁護士は「拘束捜査は捜査機関には非常に便利で、有利な手段だ。いったん拘束されると、被告人の心理状態は極めて萎縮するからで、V.Iのような芸能人はその傾向がさらに強い」と強調する。

3_202001151704598cf.jpg
拘束起訴された歌手チョン・ジュニョン(左)と元FTISLANDチェ・ジョンフン

そして「同じような問題があった歌手チョン・ジュニョンや元FTISLANDチェ・ジョンフンは拘束起訴され、一審裁判も行われた。だからこそV.Iやヤン・ヒョンソク元YGエンタ代表PDが自由を享受している姿は、世論の非難を避けることができない部分」と話した。

法曹界は、検察が今後、追加捜査を経てV.Iの拘束令状を再請求するのではなく、V.Iを非拘束状態で起訴する方針に重点を置くと見ている。

ユ弁護士は「拘束、非拘束で捜査することと、有罪・無罪は別の問題として見る必要がある。拘束捜査の必要性がないと裁判所が判断しただけで、無罪であるからV.Iを拘束しなかったという意味ではない」と強調しながらも、「検察が再び拘束令状を請求することはしないだろう」と見通した。

-スポーツソウル-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆4月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
イトーヨーカドー
line
 ロフト
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line