FC2ブログ
2019年12月/ 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

20110607強心臓(カンシムジャン)の会話

2011’06.10・Fri

やさいさんが分かりやすく日本語にしてくださいました。
この会話には思わず笑っちゃいました
やさいさんいつもありがとうございます。

20110607強心臓(カンシムジャン)の会話
キムヒョンジュンの話題は『ヨン様の後頭部を殴った』
k01.jpg
k02.jpg

リダ:本当に殴ったんじゃなくて、あの ボクが第二のヨンサマとか、そういうことを良く言われてまして、
スンギ:実際にとても親しいんですか、お二人は?
リダ:ええ
スンギ&ホドン:あ、所属社の社長さんだし・・

ホドン:最近、いつ逢ったんですか?
リダ:少し前に釜山へ行って・・一人で釜山にいらっしゃってるんです。電話して、あ、兄さん、明日行きますっと云って遊びに行って・・
ホドン:釜山に一人でいて、何、なさってるんです?
リダ:孤独。(笑)
ホドン:孤独

リダ:海辺で 自分の コントロールマインド・・?お茶を召し上がりながら・・
ホドン:マ・・マインドコントロール!(笑) 

リダ:ご飯食べて、それから、釜山まで来たんだからビール奢ってくださいって・・。そしたら、ヨンジュン兄さんは、お、いいよって。生ビールを海を見ながら呑もうと、そしたら、風が凄く冷たかったんですよ。それで、2分ほど座っていたら、「おい入ろう 寒い!」って (笑)

k03.jpg

ホドン:孤独を味わおうとしたのに、寒いから・・
リダ:ええ、寒いのが苦手なようです(笑)

ホドン:そうでしょう、ヨン様のこと、本当に皆、知らないんです。さあ、それでは、ヨンサマの後頭部をどうして殴ることになったのか、話してもらいましょ。

リダ:あ~ボクが、広州アジア競技大会の主題歌を歌ったんです。それで、中国へ行ったんです。空港で中国の人にサインを頼まれたんです。中国語で。ヨンジュン兄さんの写真を出して・・。日本なら、日本語は上手くなくても、これくらいは云えるじゃないですか。「ヨン様じゃありません」くらいは。でも、中国語でペヨン・・とか云うので、何て返事していいか判らなくて、ボクはずっと「ノーノー、ペヨンジュン、ノー」しか云えないから、その人は「どうして嘘を云うのか」と云ったんです。

スンギ:ペヨンジュンだと思って?
リダ:そうやって30分くらい、ついて来て「サインして」と言うんです。ずっと「違う。ペヨンジュンじゃない」って云うと、そのうち、その人が怒ってしまったんです。
ホドン:面倒くさいから、サインしてくれないと思ったんだ~
リダ:ええ、それで、とうとう、ペヨンジュンはこういう人なんだと・・・
スンギ:ペヨンジュン、悪い人だと!
リダ:ええ、だから、ボクがペヨンジュン兄のファンを一人、減らしました。


スンギ:けれど、ペヨンジュンさんのファンは本当に多いんですね
ホドン:中国語さえ出来たら、自分が韓国で人気のキムヒョンジュンだと説明できたのに
リダ:ええ、習うのに差があったみたいで。。勉強できなくて。兄さんの頭を殴ったようなものです。
ホドン:けれど、その人は、今でもペヨンジュンだと錯覚して、ペヨンジュンがマナーの悪い人間でサインもしてくれなくて、と、云ってるよね。
ユノ:その人が今、強心臓見て「あ、ペヨンジュンが出てる」って云ってるかも・(笑)

スンギ:あ、それで、お二人はボクが思っていたよりも親しい様子なんだけど、今日、強心臓に電話してくださるとか仰ったんです?
リダ:作家さんたちが、もしかして、電話できるのかと
ホドン&スンギ;おっ
リダ:仰ったんです。。それで、生まれて初めて、兄さん、僕、一つだけお願いがあります。って云って、僕が強心臓に出るんだけど、そこで電話出演は出来ますか?と聞いたら、「いいよ、お前が電話するなら、できるよ」と・・

リダ:でも、これってセバクと、
ホドン:セバキ~ (やさい注:セバキではゲストが友に電話で即興クイズする)
リダ:あ、あの、セバキと間違ってらっしゃるようで、緊張するって(爆笑)
それで、「兄さん、気楽になさって良いですよ」って・・・そしたら、「緊張する」って言って涙目の絵文字をつけてメールしてくださって・・(爆笑)

k04.jpg

ホドン:や~ ペヨンジュンさんに強心臓から電話してみませんか?
リダ:してみましょうか?  
スンギ:ええ~ 私達は本当にありがたいんですけど・・
ホドン:電話が繋がって、もしも、ペヨンジュンさんが受けたなら、スピードクイズにしようじゃないか?
   
プルルル・・・・
はい

k05.jpg

リダ:おっ
ヨボセヨ…ヨボセヨ 

k06.jpg

リダ:兄さん、1分しか時間が無いんです。僕が居たグループの名前は?
SS501
リダ:国民MC?
カンホドン 
リダ:え?
カンホドン
リダ:違います!(カンホドン、こける)あ~兄さんは日本で何と呼ばれてますか?
(絶句・・・)ン、僕?
リダ:はい。
・・ヨンサマ・・ 
リダ:スーパージュニアで一番ハンサムなのは誰?
あ~シンドン 
リダ:チョトンリョン!
あ~あのね、ヒョンジュン。これってクイズ番組じゃなかっただろう?

スンギ:ペヨンジュンさん、こんにちわ!強心臓です!
はい、アンニョンハセヨ~ (大喜びの会場)
ホドン:視聴者の皆さんへ、ご挨拶をお願いいたします!
あ~強心臓をご覧の視聴者の皆さん、本当に嬉しいです。ペヨンジュンです。
スンギ:わ、、テレビで聴いてた声だ~ 

ホドン:何なさってたんですか?
私ですか?電話を待っていましたよ。(大うけ~~)
スンギ:勉強しながら・・ここへ出られてクイズ緊張するとおっしゃったって?
あ、はい、私は問題を出されるんだと思っていたんです。それで、調べてみたら違うって分かったんですよ。
ホドン:じゃ、初めはセバキと混同してらしったってことですね?
あ~、はい~~ そうんなです。(笑)

ホドン:それで、ペヨンジュンさんからご覧になって、キムヒョンジュンさんはどんな人ですか?
あ~ 本当に得意なものが沢山あって、けど、得意なものが沢山ある者は努力するのが難しいのに、懸命に努力もするし、いつも悩みながら発展して、そして何よりも礼儀正しくて謙虚ですよ。
だから、沢山の人がそんな姿を好むんでしょう。

ホドン・どうして、釜山旅行に一人でいらしてるんですか?
あ。釜山ね。私が、ソウルに居場所が無くなったからです。
会場:私の家がありますよ~~
どなたですか?
会場:キムジュリです
あ・・アンニョンハセヨ
会場:きゃ~~~~ウチの家がありますよ。一緒に住みましょう(声が震えてる)

k07.jpg

ホドン:凄く寒がりでいらっしゃるそうで~
あ、はい、寒がり・・あ、どうしてご存じなの?
リダ:(汗 汗・・)
ホドン:ヒョンジュンさんがさっき話してくださったんですよ~
オンエアになってごらんになったら、とても驚かれると思います(笑)

スンギ:それで、さっき、国民MCは誰かと聞かれたとき、カンホドンだと・・
ホドン:(照れる)
ええ 今、そこにいらっしゃるから~
会場:ハッピトゥゲザーなら、ジェソクが最高ってことになるんだな、それなら~
ホドン:こんな答えが返って来るとは!

スンギ:実は、今、1対1のトークバトルをやってたんです。王の王というので1ラウンドでキムヒョンジュンさんとユノさんがトークバトルしてらっしゃるんです。
はい
スンギ:予想では誰が勝つと思われます?
あ~ ヒョンジュンが勝ちそうですけど、負ける姿もいいと思うんですよ。ハハハ
ホドン:どうして 負けるのがいいんですか?
風を受ける姿も、視聴者の皆さんが、面白がってくださるでしょう。(笑)

k08.jpg

ホドン:名残惜しいですが、視聴者の皆さんにお別れの挨拶をお願いします
カンホドンさん、イスンギさん、電話できて光栄でした。楽しかったです。それから、強心臓視聴者の皆さん、強心臓をたくさん愛してください。いつも健康でいらっしゃるように願います。
スンギ:有難うございました。ペヨンジュンさん

会場;ヨンジュンさん、愛してま・・切れた?
ありがとうございました~ (大喜び!)

k09.jpg

ヒョンジュンにプシュー

k10.jpg

ホドン:風を受ける姿を見せたいと、ペヨンジュンさんの頼みですから~


k11.jpg
-やさいさんブログより-

とても楽しい会話でしたね~
こんなヨンジュンさんのお話もっと聞いていたいですね。
ヒョンジュン君に感謝です。





ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆12月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
イトーヨーカドー
line
 ロフト
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line