FC2ブログ
2019年12月/ 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

"純愛"だけではないペ・ヨンジュンの大胆さ

2019’12.05・Thu

オトナの女性を夢中にさせた!?"純愛"だけではないペ・ヨンジュンの大胆さ

1_20191205154415d54.jpg

3年連続でNHK紅白歌合戦への出演が決定したK-POPガールズグループ・TWICEを筆頭に、幅広い年代層に人気が波及している昨今のK-POPブーム。
今や食文化やメイク、ファッションにまで及ぶこの"韓流"人気はまだまだ続きそうだ。

そのきっかけは2003年に日本で初放送された純愛ドラマ「冬のソナタ」であり、主演のペ・ヨンジュンの存在がブームの火付け役だったことは言わずもがな。
なぜヨンジュンが長きにわたって愛されているのか?
それは彼の出演してきた作品を見るとよく分かる。

2_20191205154416277.jpg
History of ペ・ヨンジュン シーズン2

例えば、「冬のソナタ」がNHK総合で放送を開始した直後の2004年、まさに"ヨン様フィーバー"が吹き荒れていた真っただ中に公開された映画『スキャンダル』(2004年)。
純愛を貫く「冬ソナ」での誠実な"微笑みの貴公子"から一転、色事に長けたプレイボーイを演じた本作でのギャップは相当なもの。
これが映画初主演となるヨンジュンは、数多くの映画オファーの中から、パブリックイメージを覆すこの役柄をあえて選んだというから、プロデュース力は当時から優れていた...といえるかもしれない。

公開当時はヨンジュンの濃密なラブシーンが注目を集めたが、脚色・演出・演技・衣装・美術、いずれも第一級であるという作品的価値が高く評価され、2018年にはデジタルリマスター版が日本で再公開された。
製作から15年が経っても、ファンの記憶に刻まれた魅力が色褪せることのない作品など、ひと握りしかいないだろう。

3_20191205154417fa8.jpg
History of ペ・ヨンジュン シーズン3

4_20191205154419b86.jpg
History of ペ・ヨンジュン シーズン3

その後に主演したのが、人気女優ソン・イェジンと共演した映画『四月の雪』(2015年)だ。
互いの配偶者が不倫旅行中に事故を起こし、病院に駆けつけたインス(ヨンジュン)とソヨン(イェジン)。
彼らは、裏切られたことに苦悩しつつも、同じ悲しみを共有するうちに惹かれ合っていく...というショッキングな内容だった。

人気絶頂期に"W不倫"というタブーのテーマに挑み、激しいラブシーンまでこなしたヨンジュン。
日本でも映画ファンに広く支持されている『八月のクリスマス』『春の日は過ぎゆく』のホ・ジノ監督がメガホンを取った作品ということもあり、映画でしか表現できない叙情的な世界観も相まって、当時はアジア7ヶ国で同時公開され日本でも大ヒットを記録。
劇中で描かれたインスの"愛に苦悩する誠実さ"や"知的で品のある人柄"に感情移入し、憧れる女性が続出したのだ。

「冬ソナ」で描かれた"純愛"とはかけ離れた"W不倫"というテーマながら、それぞれの作品の根底にある、
誠実なヨンジュンの人柄が垣間見え、ファンたちはより一層彼に夢中になったのかもしれない。

5_20191205154420c1a.jpg
History of ペ・ヨンジュン シーズン2

そんな『四月の雪』の裏側を秘蔵映像で綴る「History of ペ・ヨンジュン シーズン2」が、DATVにて12月21日(土)から放送される。
世の女性が虜となったインスというキャラクターが作り上げられていく過程や、セリフのないシーンで心情を伝えるために仕草や表情を模索するヨンジュンの姿など貴重な映像が満載となっている。

2020年1月11(土)には同番組のシーズン3として、ヨンジュンが執筆した書籍「韓国の美をたどる旅」のメイキング映像を放送予定。
長年、愛され続けているヨンジュンの素顔をぜひ番組を通じて再発見してほしい。


6_2019120515442115a.jpg
History of ペ・ヨンジュン シーズン3
-HOMINIS-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line

日本と韓国、なぜ争いが続く?

2019’12.05・Thu

日本と韓国、なぜ争いが続く? 癒えない古傷

_108300094_tv055475871.jpg
日本と韓国で続く論争は双方の国民をいら立たせている

韓国と日本の間で続く、貿易と政治をめぐる争いは、100年以上前からある古傷が原因になっている。

この2国は世界最大級の経済大国および技術大国だけに、その報復合戦は世界に影響を及ぼしている。

争いの中心は、韓国が適切とする賠償金の支払いを日本に要求していることだ。
日本が1910~1945年に朝鮮半島を占領した間の、強制労働などの残虐行為に対するものとしている。

一方、日本は賠償問題について解決済みとしている。

いったい何が起きているのか?

争いの背景は?

両国は複雑な歴史を共有している。
遅くとも7世紀から断続的に戦闘を続け、日本は繰り返し、朝鮮半島の侵略を試みてきた。

1910年には日本が韓国を併合し、植民地化した。

1930年代後半には、日本は動員を開始。
工場や炭鉱で強制労働させたり、日本軍兵士として徴兵したりした。

日本はさらに、アジア各地の何万人もの女性を日本軍兵士に奉仕させる目的で、軍の売春施設に送り込んだ。
それらの犠牲者は「慰安婦」として知られるようになった。

日本の韓国支配は、1945年の敗戦で終わった。
だが、韓国の朴正煕(パクチョンヒ)大統領が、何億ドルもの融資や援助と引き換えに日本と国交を正常化させたのは、その20年後だった。

日本は、外交関係の回復と8億ドル以上の経済協力を定めた1965年の日韓基本条約で、問題は解決されたと主張している。

しかし、解決とはほど遠い状態のままだ。

なぜ解決されない?

韓国の外交官で「対日外交の名分と実利」(Diplomatic Propriety & Our Interests With Japan)の著書がある劉義相(ユ・ウィサン)氏は香港の英字紙サウスチャイナ・モーニングポストに、両国で争いが続く理由として2つの点を挙げた。
1つは、1965年の条約は「植民地時代に関するすべての問題を解決」していないこと。
もう1つは、同条約が「個人の賠償請求権を市民から奪った」ことだ。

「慰安婦」の問題は、特に論争が絶えない。
2015年に日本は謝罪を表明し、被害者支援の基金に10億円の拠出を約束した。
この額は韓国が求めたものだった。

安倍晋三首相は当時、「今後、日韓は新しい時代を迎える」、「子や孫、その先の世代の子どもたちに謝罪し続ける宿命を負わせるわけにはいかない」と記者団に語った。

だが、韓国側の活動家たちは相談を受けていなかったとし、この合意を拒んだ。
2017年に就任した文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、合意内容の変更を示唆した。

歴史をめぐる論争は、どちらの国にも折れる姿勢がうかがえないまま続いている。

なぜいま噴出?

この問題が再燃したのは、2018年に韓国の大法院(最高裁)が日本の企業に対し、強制労働をさせた韓国人に賠償を命じたのがきっかけだった。

関連企業の1社、三菱重工業は、この裁判所命令に応じるのを拒んでいるとされる。
他の2社は、韓国にある資産を差し押さえられている。

この問題は、多くの韓国国民の怒りを買い、日本製品の不買運動が起きている。
所有する日本車を叩き壊す男性も現れた。

互いに領有権を主張する島々をめぐる、両国の緊張も高まっている。

そうしたなか日本政府は、すべての賠償問題は1965年の日韓基本条約で解決されたとの見解を堅持した。

そして2019年8月、日本は韓国を、貿易管理上の優遇措置を受けられる「ホワイト国」のリストから除外すると発表。
さらに、サムスン電子などの韓国企業にとって重要な、半導体の原材料などの輸出管理を強化した。

これを受け韓国は、日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄すると発表。
両国間の安全保障上の協力関係に「深刻な」変化をもたらすと述べた。

河野太郎外相(当時)は「現下の地域の安全保障環境を完全に見誤った対応」とし、韓国に強く抗議した。
北朝鮮のミサイル開発の動きを捉えることなどを目的に、3年前にGSOMIAを推進したアメリカは、これまでのところ反応を示していない。

日韓の貿易紛争が世界の電子産業に悪影響を及ぼすことを懸念し、株式市場は下落した。

しかし11月に入って、韓国はGSOMIAの継続決定を発表。
両国間の緊張が和らぐ兆しもみえている。

-BBC News-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line

韓国人のソウルフード「キムチ」

2019’12.03・Tue

韓国人のソウルフード「キムチ」…2世帯の中で1世帯はキムチを漬けずに包装キムチの購入が増加

R-13.jpg

韓国人のソウルフードと呼ばれる「キムチ」、質問と統計資料を通じて韓国人のキムチ選好度と「キムジャン」(冬季用キムチを漬け込むこと)の有無、最近拡大している包装キムチ市場について調べた。

まず、アンケート調査会社のドゥイットサーベイが実施した「キムチ選好度」の質問結果、韓国人は多様なキムチの種類の中で「ハクサイキムチ」(65.5%・複数回答)を最も好むということが明らかになった。
引き続き、カクテキ(33.2%)、浅漬けキムチ(29.2%)、チョンガッキムチ(かぶら大根のキムチ、20.6%)の順だった。
また、キムチを食べる方法に対する質問に「本人や周りの人が漬けてくれたキムチを食べる」(71.7%・複数回答)が最も多かったが、「キムチを買って食べる」(60.5%=誰かが直接漬けたキムチを買ってくる30.3%+包装キムチを買ってくる30.2%)も多かった。

以上の質問結果のようにキムチを買って食べる世帯が大きく増加しているという事実は統計と他の質問を通じても確認することができる。
韓国農水産食品流通公社(aT)食品産業統計情報システム(FIS)によると、全体世帯の中で包装キムチの購入率は2014年8.0%から2019年2.4倍以上成長した19.3%に大きく増加した。
10世帯の中で2世帯が包装キムチを食べていた。
また、キムチ会社「宗家」が主婦3115人を対象に「今年のキムチの漬け込み計画」を聞いた結果、主婦の中で54.9%が今年はキムジャンをしないと答えたことが分かった。
2世帯の中で1世帯以上がキムジャンをしないということだ。

競争が激しい包装キムチ市場で1位は韓国最初の包装キムチブランド大賞に選ばれた「宗家」だ。
宗家は発売以来シェア50%以上を維持して不動の1位だったが、CJ第一製糖の「ビビゴキムチ」の発売以降「両強構図」に変わっている。
今年6月を基準に宗家が42.8%、ヒヒゴが40.2%のシェアを占めていることが明らかになった。
ビビゴは発売の初期には20%にも及ばなかったが、2017年28.0%、2018年34.5%から今年6月40.2%〔ハソンジョン(イワシエキス)を含む〕までシェアが急上昇した。

-中央日報-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line

【あの人は今】豪遊と…シン・ウンギョン

2019’12.02・Mon

【韓流スターあの人は今】豪遊と税金滞納で消えた人気女優、「悪魔の才能」が復活

人気の浮き沈みが激しい芸能界。
それは韓国も例外ではなく、トップスターの位置を維持するのは大変だ。
ちょっとした慢心や驕り、スキャンダルでその地位は一瞬できえさられてしまう。

それだけに気になるのは、かつて人気だった“あの人”たちのその後だ。

シリーズでお届けしている「韓流スターあの人は今」。
今回はセレブ暮らしから抜け切れず、一時期、芸能界から消えてしまった人気女優のその後を紹介する。

愛憎ドラマの女王シン・ウンギョンの墜落と復活

シン・ウンギョンという名の人気女優をご存じだろうか。

日本のホラー映画『リング』の韓国版リメイク作に主演し、2001年には映画『花嫁はギャングスター』が大ヒット。
飾らないナチュラルな魅力と高い演技力で、男女を問わずに人気を集めていた実力派だ。

『欲望の炎』(2010年)、『欲望の仮面』(2012年)、『隣人の妻』(2013年)など、テレビドラマにも多数主演しており、『家族の秘密』(2014年)などは日本でもそれなりの知名度を誇った。
“愛憎ドラマの女王”といっても過言ではないだろう。

351ca_1682_d49609345235ea96.jpg
シン・ウンギョン

そんな彼女のイメージを地に落としたトラブルが2015年にあった。

事件の発端は、彼女の前所属事務所ランエンターテイメントの告訴から始まる。
告訴内容は「作品への出演辞退をチラつかせて、毎月、数百万ウォン(数十万円)の豪遊代を事務所に負担させた。
事務所への数億ウォン(数千万円)の借金を返済していない」という信じられない内容だ。

これだけでも大問題なのだが、前々所属事務所が前事務所のいい分が正しく、自社でも同様の事態があったことを告発。
さらに、離婚した夫の母が「シン・ウンギョンは離婚後、障害を持つ息子と会ったのは2回」などと、薄情な人物であると告発したのだ。

暴露合戦になれば、無傷で済むことはない。
彼女のイメージは完全に失墜し、当時所属していた事務所ジダムを解雇され、2016年末には7億9600万ウォン(約7960万円)の税金滞納まで発覚した。

事務所との不和、障害を持つ息子への冷たい対応、税金滞納という3重トラブルでもはや、復帰は絶望的と言われ、実際2015年後半からは芸能界から姿を消した。

ようやく芸能界復帰ができたのはスキャンダル発覚から2年後の2017年。
ドラマスペシャル『悪い家族』で女優復帰し、翌2018年にはドラマ『皇后の風格』の熱演から「トラブル多くても演技の天才。悪魔の才能だ」と評価された。

一時は女優生命が絶たれる寸前だったシン・ウンギョン。
好感度の高い女優にとって、スキャンダルは命取りになりかねないだけに、今ではきっと浪費生活に終止符を打ち、地に足ついた生活を送っているに違いない。

-スポーツソウル-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line

芸能人という過酷な職業

2019’12.02・Mon

【コラム】芸能人という過酷な職業

10代半ばから練習ばかりでスポットライト・喝采浴びステージに立つも非難浴びればパニック…社会が彼らを死に追いやる

 お笑いタレント4人が人気料理店を訪れてものすごい量の料理を食べるテレビ番組がある。
まさに「フード・ポルノ」とはこのことだろう。
4人で豚カルビ肉24人前を食べたり、トッポッキ(もちのトウガラシみそいため)が1人前2000ウォン(約190円)という店で軽食ばかり5万6500ウォン(約5200円)分を食べたりする。
彼らはたくさん食べるが、じつにおいしそうにも食べる。
あらゆるグルメ番組の洪水の中で生き残る秘訣(ひけつ)だろう。

 だが、彼らにも嫌いな食べ物があるから、泣く泣く食べている姿もときどき見かける。
何でもよく食べる人と組まされていて、避けられないようだ。
この番組を見ながら、いつか「食べられないものを食べる人たち」のような番組も登場するのではと思った。

 視聴者たちはお笑いタレントたちの撮影後の姿を知らない。
たとえ腹痛を訴えて病院の救急室に搬送されたとしても、その姿がバレてはならないのが芸能人だ。
しかし、一般の人々は彼らのカメラに写っていない時の姿も知りたがる。
その職業的な宿命をどのようにうまく扱うかが芸能人という職業を続ける最大のカギかもしれない。
どんな職業よりも哲学的な悩みが避けられないのが芸能人だ。

 韓国のアイドルはたいてい20歳前後でデビューするが、ほとんどが中高生のころから学業そっちのけで練習生として訓練される。
毎日練習室に出てきて基礎体力・振り付け・歌などの時間割に基づいて夜遅くまで週6日間練習する。
こうした過程を経て、2-3年後にデビューできれば運がいい方だ。
計画通りにデビューできなければ、それだけ時間や費用がさらにかかる。
デビューするのに6-7年がかかり、コストが1グループ当たり10億ウォン(約9300万円)かかるケースもある。

 このように苦労してデビューしたとしても、1年以内に「秀」か「不可」かどちらかしかない成績表をもらう。
その成績は練習をもっとしたからと言って上がることはない。
通常、ほかのグループのメンバーとして再デビューし、あらためて成績表を受け取る方法を選択することになる。
こうした過程を2回ぐらいしてもスターになれなかった時、20代前半のアイドル志望者が抱える挫折感はとてつもないものとなる。

デビューに成功して人気を得たアイドルには「芸能人ストレス」が待っている。
まず、いろいろなテレビ番組に呼ばれて出なければならないが、これが並大抵の悩みの種ではない。
習ったのはダンスや歌だけなのに、トークで笑わせたり珍しい芸を見せたりしなければならない。
そのような番組に出て顔が売れないと、出演料の高いイベントやCM出演のオファーが来ない。
視聴率の低い番組でもデビューさせてくれたテレビ局の顔色を見なければならないので断ることもできない。
そんなテレビに出てもトークのネタがないから、練習生時代のエピソードや毎日一緒にいるマネージャーの話をするしかない。

 ダンス・歌・トーク番組まで何とかクリアすれば、「マルチタレント」という称号が得られる。
これくらいになると、自身をデビューさせてくれた芸能事務所との契約が満了する時期が来る。
このころには好きな人もできるし、前の所属事務所が厳しく禁止していたプライベートについても欲が強くなる。
そんなこんなで大小のスキャンダルが降ってわく。
やってしまったことに対して耐えられないほどの非難や冷笑、悪意のあるデマがインターネット上に広まる。
10代半ばから芸能事務所に所属して練習だけしてきて、ある日、スポットライトや拍手喝采(かっさい)を浴びてステージに立つようになった彼らの人生は突然、激しく揺れる。
「どうやって生きていけばいいのか」を教えてくれる大人には1人も会えないまま、スマートフォンを手に夜を明かす。

 才能(タレント)を商品としてだけ考えて人格教育に一銭も投資しない芸能事務所、彼らの商品性を視聴率という道具としてだけ使うテレビ局、そうした商品を何の批判もなく消費する視聴者は固く結ばれて輪になっている。
この輪を何とか変えなければ、芸能人という過酷な職業に耐えきれず、最悪の選択をするケースが後を断たないだろう。

-朝鮮日報-



ブログ村に参加しています。
拍手にポチッ!ブログ村にポチッ!としてくださるととても嬉しいです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2
line
line

line

うさまま

Author:うさまま



新旧織り交ぜたヨンジュンssi

のフォトやニュースを楽しみながら、毎日を頑張りましょう!

遠くても心はいつも

ヨンジュンssiと一緒に…

line
line
 今月のカレンダー☆12月
line
 にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
line
日本公式
bofi.jpg
line
韓国公式
mo.jpg
line
公式モバイル・スマホサイト
mo.jpg
line
おすすめリンク 
line
最新記事
line
イトーヨーカドー
line
 ロフト
line
 楽天市場
line
 Amazon
line
月別
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
お気軽に 
line
お便りフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QR
line
sub_line